« 仮想日本縦断鉄道の旅---その31 | トップページ | 1年ぶり水耕栽培チマサンチュ---その5 »

2018年7月 9日 (月)

旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅その13

Dscf0728 2018年4月、京都へ会議で出張した際に挙行した第5次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。4/13正午過ぎには現在の栗東市から草津市へ向かう旧東海道に居ました。東海道新幹線の高架を潜った後、こちらの傍示石に出くわしました。「従是東膳領(これよりひがし ゼ りょう)」とあるようです。側面には平成18年8月15日 岡自治会復元建立とありました。
Dscf0730 付近には帝産バス新屋敷のバス停もありました。時刻表を見てみましょう。
Dscf0731 栗東市役所前方向と、草津駅東口方向へのバスが走っているようです。写真のように意外と(失礼)、本数、便数があります。需要があるのでしょう。
Dscf0732 近くには、「史跡老牛馬養生所跡」とあります。案内には、東海、中山両道を集約する草津宿の近くであることから、老牛馬の余生を静かに過ごせる養生所を設立したとあります。このことが、現在の栗東市にある競馬JRAトレーニングセンターにつながるのでしょうか?
Dscf0733 同様の傍示石もありました。
Dscf0735 付近のお宅には、「東海道 小柿村 天秤棒 棒喜(ぼうき)」なる看板を掲げる家屋もありました。
Dscf0736 その全体像は、こちらとなります。昔は、天秤棒屋さんであったことでしょう。

« 仮想日本縦断鉄道の旅---その31 | トップページ | 1年ぶり水耕栽培チマサンチュ---その5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/66744941

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅その13:

« 仮想日本縦断鉄道の旅---その31 | トップページ | 1年ぶり水耕栽培チマサンチュ---その5 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック