« 旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅その12 | トップページ | 仮想日本縦断鉄道の旅---その31 »

2018年7月 7日 (土)

稲の定点観測2018---その14

P1080636

毎週末に記録している宮崎平野早期水稲の定点観測地点です。本日午前8時ころにクルマで移動して撮影しています。いつもの山には雲が掛かっています。
P1080634
稲の方は、その頭を下へ垂れています。雨に打たれているから下を向いているのではなく、実りが充実しているからだと思います。先週の台風の影響もさほどないようです。倒れている稲は殆どありません。
さて、南九州も昨日から雨となり、今朝はTVで報道されているように大雨状態です。朝から宮崎県下の鉄道、高速バスの運休が報じられています。辛うじて飛行機は飛んでいるようですが、空港へのアクセスとなる宮崎空港線は本数を減じて運行されているようです。
例によって、日南線、吉都線は運休状態です。

TVでは広島、京都、岡山方面の大雨による被害状況が放映されています。大きな被害がなければ良いのですが。
朝からの雨でjoggingへは出掛けられません。夕方までは晴耕雨読で行きます。本日は七夕ですが、天の川を見ることは到底、無理のようです。

« 旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅その12 | トップページ | 仮想日本縦断鉄道の旅---その31 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/66909587

この記事へのトラックバック一覧です: 稲の定点観測2018---その14:

« 旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅その12 | トップページ | 仮想日本縦断鉄道の旅---その31 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック