« 今日のお弁当---その16 | トップページ | 今日のお弁当---その17 »

2018年12月 3日 (月)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その7

Dscf1924
2018年5/25から5月恒例の第6次旧東海道徒歩の旅に出発しています。5/25午後2時半過ぎには浜松から舞阪に向かって旧東海道を歩いていました。2つ御堂のつづきです。この場所には秀衡の松もありました。秀衡の側室の亡骸を埋めた所に秀衡が松を植えたようです。明治15年頃まで老木となって残っていたようです。すごいですね。
Dscf1925
こちらが、その場所となります。現在は、小さな松が植樹されているのでした。漸く、2つ御堂を離れます。
 
Dscf1926
八幡神社前を通過します。
Dscf1927
八幡神社には近所の子供たちが自転車で乗り付け、遊んでいるようでした。
Dscf1928
この付近の旧東海道には、少々、松並木が残存していました。
Dscf1929
可美小学校跡まで歩いて来ました。明治6年創立の小学校だったようです。
Dscf1931
こちらには、天皇陛下も立ち寄られたようです。昭和天皇でしょうか?

« 今日のお弁当---その16 | トップページ | 今日のお弁当---その17 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/67205274

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その7:

« 今日のお弁当---その16 | トップページ | 今日のお弁当---その17 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック