« ペットマト---オクラの生長記録その15 | トップページ | 仮想日本縦断鉄道の旅---その37 »

2019年1月11日 (金)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その21

Dscf2089

2018年5/25から5月恒例の第6次旧東海道徒歩の旅に出発しています。5/26午前8時半過ぎには旧東海道舞阪宿北雁木付近に居ました。北雁木の近くには、「那須田又七顕彰碑」なるものもありました。説明文を読むと、どうも地元に功績のあった名士のようです。名字帯刀も許されたとあります。

Dscf2090

こちらが、その顕彰碑となります。金網で周囲を囲んでありました。

Dscf2092

さて、現在では渡し舟はないので、陸路を新居まで向かうことにします。弁天島へ向かうべく弁天橋を渡ることになります。

Dscf2093

弁天橋は、その名が示すように赤い欄干となっているのでした。

Dscf2094

北側の海側には、鳥居が見えました。

Dscf2095

弁天橋の袂には、こちらの灯台がありました。その足元には、「京まで57里26町」とありました。

Dscf2098

こちらは、弁天橋上から浜名湖方向(北側)を撮影しています。国道1号線と新幹線の橋梁が見えます。その下に、白波が写っています。浜名湖から海へは、なかりの流速で水が流れていました。本当に驚く位の速さだったのを記憶しています。

« ペットマト---オクラの生長記録その15 | トップページ | 仮想日本縦断鉄道の旅---その37 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その21:

« ペットマト---オクラの生長記録その15 | トップページ | 仮想日本縦断鉄道の旅---その37 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック