« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

ペットマトMINIナスの生長記録---その5

Img_2383

職場窓際で水耕栽培をしているペットマトMINIなすの今週の状況です。

チョット、判り難いと思いますが、写真左の株に小さな本葉が1枚のみ出てきたようです。

写真右の株も写真中央部に1枚の本葉があります。双葉の方は未だ種子の皮をかぶっています。本葉が出てきたことから、そろそろ肥料の準備をする必要があるようです。

写真はありませんが、白い根も生長してます。

2019年2月27日 (水)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その41

Dscf2300_2 2018年5/25から5月恒例の第6次旧東海道徒歩の旅に出発しています。5/26正午過ぎには旧東海道白須賀宿潮見坂付近に居ました。潮見坂公園には展望台があるようです。勿論、「何とかと煙は高いことろが好き」に倣って行ってみます。
Dscf2302
こちらが、その展望台から見た太平洋となります。やっぱり靄っていて海は明瞭には見ることは出来ませんでした。
 
Dscf2303
公園内に、「遠江八景潮見晴嵐」とあります。
Dscf2304
赤丸の場所が現在地で、遠江晴嵐のようです。
Dscf2305
案内部分を撮影しています。「---東海道の旧道で、歌川広重の浮世絵をはじめ多くの絵画に、坂を進む大名行列や坂上から見た遠州灘の風景が描かれています---」とあります。
Dscf2306
「遠江八景とは、浜名湖周辺において歴史的、文学的、美術的背景を持つ優れた景観を平成26年に編纂してものです」と案内にあります。近くでは、弁天夕照、浜名暮雪等があるようです。
020001_031
こちらが、東海道五十三次の白須賀・潮見坂の浮世絵となります。

2019年2月26日 (火)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その40

Dscf2288 2018年5/25から5月恒例の第6次旧東海道徒歩の旅に出発しています。5/26午後0時半過ぎには旧東海道白須賀宿潮見付近に居ました。何だか、多数の石碑がある場所がありました。こちらの写真のような石碑です。この時点では何だか分かりませんでした。
Dscf2291
位置的には白須賀中学校前となります。こちらがその正門と校舎となります。
Dscf2293
白須賀中学校の道路対側には、こちらの傍示石もありました。「潮見坂公園」と刻まれています。
Dscf2294
近くにには、例の夢街道東海道の案内もありました。「湖西市 白須賀宿 潮見坂公園跡」とあります。二川宿までは7.6Kmの記載もありました。
Dscf2296
この公園付近にみる太平洋は、こちらの写真のようになります。何だか靄っていて海がハッキリしません。
Dscf2297
公園内には、「明治天皇御遣蹟地記念碑」とあり、その横には「故木戸孝允孫幸一謹誌」ともあります。左横に案内板があります。近づいてみます。
Dscf2298
案内には、「潮見坂上の石碑群」とあります。案内後半には、上に掲載した石碑に関する説明がありました。元白須賀町長、地域の文化振興に尽くした医師の石碑とのことです。

2019年2月25日 (月)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その39

Dscf2277

2018年5/25から5月恒例の第6次旧東海道徒歩の旅に出発しています。5/26正午過ぎには旧東海道白須賀宿から二川宿へ向かっていました。この付近が潮見坂のはずです。再度、進んで来た旧街道を振り返って撮影しています。遠く太平洋が見え、潮見坂の名の通りなのですが、電線がその景観を邪魔しています。まあ、仕方がないですね。

Dscf2280
登坂を続けると、直ぐに潮見坂の案内板がありました。案内後半には、「西国から江戸への道程では、初めて太平洋の大海原や富士山が見ることができる場所として古くから旅人の詩情をくすぐった地であり」とあります。
Dscf2281
この潮見坂の案内板は、このような雑草の前に侘しく佇んでいるのでした。
Dscf2284
潮見坂を登ると、「おんやど白須賀」がありました。どうも観光案内所のようです。でも何故か人気がありません。
Dscf2286
おんやど白須賀の敷地内にこちらの案内板があったので見てみます。
Dscf2287
旧東海道は赤い線で提示されています。現在地の下には、「旧東海道潮見坂」の記載があります。これから、石碑群、白須賀中学、小学校、東町方向へ進むことになります。

大阪歴史博物館

大阪歴史博物館
大阪歴史博物館
飛行機の時間調整目的で大阪歴史博物館へ来ています。大阪城の直ぐ近くです。

格安乗車券

格安乗車券
初めて格安乗車券を購入してみました。普通回数券をバラ売りしているようです。南草津から大阪へ向います。

2019年2月24日 (日)

自宅reform---その3

P1080911

2月上旬から築22年の当家の2回目のリフォームを実施しています。今回のリフォームは当初、予定していたよりも大掛かりなものとなってしまい、こちらのように家全体を包み込むような足場が設置されています。シートも張られ、自宅内にいると外の状況も知ることができません。外壁、屋根の塗装に当たり窓も養生され、窓の開閉も不可となりました。
P108091001
当家の玄関にある門扉、表札付近も高圧洗浄により綺麗になりました。新築当時の門扉の色へ回復しています。妻も高圧洗浄により22年前に回復するともっと、嬉しいのですが、妻も同様に考えていることでしょう。
Imgp2039
自宅内の整理棚の薄い化粧板が剥がれていました。こちらは、自分で両面テープで補修してみました。補修して後も、妻は気づくことはないでしょう。
そうです、こんなことをしても妻から評価されることはないのです。

琵琶湖博物館

琵琶湖博物館
琵琶湖博物館
今日は、朝から琵琶湖博物館へ来ています。対岸の山の頂は雪を被っています。

2019年2月23日 (土)

京都太秦映画村

京都太秦映画村
京都太秦映画村
今日は、京都太秦映画村で遊んでいました。

自宅reform---その2

Imgp2030

2月上旬から自宅を12年ぶりにリフォームしています。
当家にケーブルテレビが導入されてから20年程度が経過したでしょうか。
半年前くらいから、ケーブルテレビを視聴していると、突然、途絶されるようになったようです。地上デジタル波では途絶はないようです。resetボタンを押すと回復するようです(当方はあまりTVを見ないので妻の報告です)。
ということで、reformに際して宮崎ケーブルテレビの方にも来宅して頂き調整して頂きました。こちらが、今回、交換したセットボックスです。

セットボックス交換に当たり、設定も変更して頂きました。画像が非常に綺麗になりました。
どうも、約5年程度前まで使用していた以前のアナログテレビの設定のままだったようです。
ケーブルテレビの方が、「テレビの買い替え時に設定が変更されていなかったようです。設定を変更しておきました」との言葉に対して、当方の妻は、「ケーブルテレビの画質って、こんなもんだと思っていました。字幕の文字も下の方がきれていたし」と思わず、本音を発言してしまったようです。
なんと失礼な発言でしょう。当方は、その際、散髪に行っていて不在だったので、不在で本当に良かったと思っています。
こちらが、交換された新規セットボックスです。

2019年2月22日 (金)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その38

Dscf2267

2018年5/25から5月恒例の第6次旧東海道徒歩の旅に出発しています。5/26正午過ぎには旧東海道白須賀宿付近に居ました。街道を進むと津波避難情報の看板に地図がありました。こちらの地図からも現在の国道1号線と旧国道1号線(現国道42号線)が旧東海道の南に位置することが分かります。近づいて現在地を確認しましょう。

Dscf2268
赤く現在地が記載されています。これから西方向へ進むと本日の見どころ、難所である潮見坂があるはずです。
Dscf2269
旧街道を西方向へ進みます。すると、こちらの写真のように分岐しているのでした。
Dscf2272
近づくと、例の夢舞台東海道の案内がありました。「湖西市 白須賀宿 潮見坂下」の記載があります。二川宿まで8.4Kmともありました。背後の建物も旧街道に似合った日本家屋となっています。
Dscf2273
直ぐ横には、古そうな傍示石もあります。「左旧道 右新道」とあるようです。旧道方向へ進みます。
Dscf2274
分岐点からこれから進むべき旧道方向を撮影しています。
やや右はカーブしながら登りとなっていくようです。
Dscf2276
2分程登坂して、登って来た旧道を振り返って撮影しています。遠く新旧国道1号線が立体交差しているのが見えました。その先は太平洋のはずですが、ハッキリしません。

カップヌードル博物館

カップヌードル博物館
カップヌードル博物館
カップヌードル博物館
大阪池田市にあるカップヌードル博物館へ来ています。午後2時過ぎからチキンラーメンを作ります。

2019年2月21日 (木)

大阪へ

大阪へ
大阪へ
大阪へ
本来、明日から楽しみしていた北海道旅行だったのですが、あえなく中止となりました。今回は、つまらぬ要件で大阪へ飛びます。JAL最終便に搭乗します。ホテルに到着するのは22時を過ぎると思われるので、宮崎空港コスモスでチキン南蛮カレーを夕食として頂きます。本来は久しぶりにチャーハンが食べたかったのですが、メニューから消えていました。宮崎空港はプロ野球キャンプの展示があるます。

ペットマトMINIナスの生長記録---その4

Img_2378

職場窓際で水耕栽培をしているペットマトMINIなすの今週の状況です。

MINIナスは先週に比し、やや生長した印象です。全高は約2cm程度でしょうか。写真撮影のため壁際に移動したため、芽の先端が左方向へ向いています。太陽の方向だと思っていただければ良いと思います。

若い芽で、その緑が綺麗です。

 

2019年2月20日 (水)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その37

Dscf2258

2018年5/25から5月恒例の第6次旧東海道徒歩の旅に出発しています。5/26正午過ぎには旧東海道白須賀宿付近に居ました。恐らく、この付近が白須賀宿と推定します。というのは明らかに宿場を示すものがないのです。民家の前に案内板がありました。

Dscf2259
古そうな傍示石には、一里山旧址と刻まれているようです。
Dscf2260
新しそうな傍示石には高札場跡とあります。
Dscf2261
傾いた一里塚跡の案内板の後半には、以下のような記載があります。「この辺りでであ、一里塚のことを一里山と呼んでおり、石碑にも一里山旧址と彫られています」とあります。
Dscf2262
高札立場跡の案内後半には、以下のようにあります。「白須賀宿にあh、ここ元宿と東長谷に一箇所づつ設置されていたほか、加宿である境宿村にも一箇所、設置されていました」とあります。このように高札立場があることからこの付近が白須賀宿かと思うのでした。
Dscf2265
一里山から街道を進むと、このような立派な長屋門がありました。
Dscf2266
凄いですね。こちらは内藤さんという一般民家のようです。一般民家で長屋門を構えているとは土地の名士、旧家なのでしょう。

2019年2月19日 (火)

椿と桜の生長記録2018-2019---その9

Imgp2051

当家の椿と桜としゃくなげの生長記録です。河津桜は葉が多くなって来ました。若い葉なので緑色もやや薄くって綺麗です。歳は取りたくないものです。

Imgp2052
花を見るべく、いつものように下方がら仰角方向で撮影しています。花と葉の比率は半分程度でしょうか。
Imgp2048
桜の花弁が落下して、地面はピンクの絨毯のようです。
Imgp2054
カメリアファイヤーダンスの蕾は、同一個体の同定が困難でした。恐らくこちらた同一個体だと思っています。蕾が生長し重くなったのか、やや下方を向いています。
Imgp2056
しゃくなげの蕾は先週と比し、あまり変化がないようです。しゃくなげも開花すると、その白い花弁が綺麗です。

2019年2月18日 (月)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その36

Dscf2250

2018年5/25から5月恒例の第6次旧東海道徒歩の旅に出発しています。5/26午前11時半過ぎには旧東海道新居宿から白須賀宿に向かって歩いていました。正午前になって白須賀マップが掲げられている場所に到着しています。白須賀宿に到着したようです。早速、現在地を確認してみましょう。

Dscf2251
現在地は、写真やや右で赤い文字で示されています。火鎮神社近くのようです。5/26の見どころ、難所である潮見坂は、これから30-40分程度歩く必要があるようです。
Dscf2252
直ぐ近くには、火鎮神社の案内もありました。御祭神には徳川家康も入っているようです。
Dscf2253
例の旧東海道の案内もありました。現在地は、「湖西市 白須賀宿 日鎮神社」とあります。二川宿まで10.1Kmの記載もありました。
Dscf2254
こちらが、火鎮神社の参道となります。神社自体は山を登ったことろにあるようです。
Dscf2256
正午を過ぎて元町東公民館まで到着しています。この公民館前にはコミュニティバスでしょうか、コーちゃんバス白須賀新居鷲津線と記載されたバス停がありました。なんだか、長閑な雰囲気があるのでした。

2019年2月17日 (日)

自宅reform---その1

Imgp2028

当家も建築後22年を経過し2回目のリフォームを2月上旬から実施しています。
1階食事室の畳も新しいものに交換しました。当然のように畳が青いのです。
Imgp2033
台所との境界部分にやや段差があります。以前は、こちらの畳裏には新聞紙で段差を調節していました、畳交換時に妻がその意味も知らず掃除機を掛けた後に廃棄しました。
まあ、あまり波風を立てない方が良かろうと思い何も言いませんでした。妻が不在なので、
Imgp2035
アマゾンからの宅配箱のダンボールで段差を補修することにしました。ダンボールをカッターで切って写真のようなものを作成しました。
Imgp2037
畳の裏にダンボールを入れて段差を補修しています。本来であれば畳を入れ替えた業者さんが気がつくべきかとも思います。
そうそう、昔は、畳交換の際には畳裏に古新聞が敷いてあり、交換時にはその昔の新聞を読んだものです。当家の畳裏には古新聞はありませんでした。
さて、今朝は午前6時頃に起床して、妻が昨日から出張中なので一人で朝食を摂り、午前7時頃から約3Kmのjoggingへ出かけています。その後、シャワー、洗濯、灯油の買い出し、自宅内雑用等で時間が経過しています。
昨日からやや気温が低下しているようでやや寒い印象があります。一人で自宅に居る方が色々と、雑務が捗ります。今日は天候も良いようですが、これからも雑務をして過ごします。

2019年2月16日 (土)

仮想日本縦断鉄道の旅---その38

01

2019年1月1日から1月31日までjoggingで128Km走っています。2019年1月は殆ど雨が降らなかったので12月に引き続き100Km越えとなりました。

今回の仮想乗車区間は、
JR根室本線音別駅から同新得駅まで乗車したことと仮定します。この間は丁度128Km、駅数不明で通常各駅停車で4時間17分(乗車時間は188分、他69分)で走行するようです。料金は2490円だそうです。残は28Kmのままです。 前回の条件で仮想乗車したとすると、音別駅11:12分発で帯広駅13:21分着となります。少々、待機時間があり帯広駅14:30分発新得駅15:29分着となります。

この付近で知っている地名は帯広のみです。何だか、畜産で有名な地域とのみ理解しています。
Mylink20190101
さて、万歩計の方です。1月の総歩数は19.2万歩、消化カロリーは4660Cal、脂肪燃焼量は272.4gと計算されています。
勿論、万歩計の装着忘れやカウントされていない歩行もあるようです。万歩計での歩行距離は96.4Kmと算出されています。joggingのみで128Kmは走っているのでカウントされていない歩行も結構、ありそうです。

2019年2月15日 (金)

義理チョコ---その2

Img_2371
こちらも昨日、頂戴した義理チョコです。1階G部署から頂戴しました。神戸Goncharoffのチョコのようです。こちらの包装もピンク系を使用しています。
Img_2376
包装を外すと、MESSE KOBEとの記載があります。
Img_2377
中身はこちらのようになります。箱を開けると甘い香りが漂いました。

2019年2月14日 (木)

ペットマトMINIナスの生長記録---その3

Img_2367

職場窓際で水耕栽培をしているペットマトMINIなすの今週の状況です。発芽してから約1週間が経過しました。MINIナスは順調に生長しているようです。

黒いのがペットボトルのキャップなので、MINIナスの芽の大きさも推察可能かと思います。

窓際の日差しは良好です。また、大きく生長することを期待しています。

義理チョコ---その1

Img_2368
今年もバレンタインーデイがやって来ました。当方にも義理チョコがありました。
こちらは1階K部署から頂戴したものです。ROYCEのチョコのようです。包装がピンク色で女性らしいものです。
Img_2373
チョコの箱には、プチ クルマロ ショコラとの記載があります。
Img_2374
箱を開けてみると、チョコが5つ包まれたものが入っていました。職場の女性陣には気を遣って頂き恐縮しています。

2019年2月13日 (水)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その35

Dscf2244

2018年5/25から5月恒例の第6次旧東海道徒歩の旅に出発しています。5/26午前11時半過ぎには旧東海道新居宿から白須賀宿に向かって歩いていました。立場跡に到着しました。案内板と傍示石があるのえ近づいてみます。

Dscf2245
案内には、こちらの立場が新居宿と白須賀宿の間に位置し、代々稼働家がつとめていたこと、立場では旅人を見ると湯茶をすすめたので、ある殿様が「立場立場と水飲め水飲めと鮒や金魚じゃあるまいに」といる戯歌を詠んだという話が残っているとの記載があります。ちょっと、粋な殿様がいたようです。
Dscf2246
この附近の旧東海道です。あまり道の幅員は広くはありません。
Dscf2247
近くの民家の玄関先には、こちらのように燕が巣を作っているのでした。
Dscf2248
10分程度、白須賀宿方向へ進んでいくと、「明治天皇御野立所址」がありました。1868年9月、岩倉具視を従え東京へ行幸する際に休息されたようです。
Dscf2249
明治天皇御野立所址の全体像は、この写真のようです。

2019年2月12日 (火)

椿と桜の生長記録2018-2019---その8

Imgp2014

当家の椿と桜としゃくなげの生長記録です。こちらは当家の河津桜です。満開の時期を過ぎて葉が出来ています。いつもの株を上から撮影しています。

Imgp2017
いつもの株を下から撮影すると、この写真のようになります。花弁のピンク色に葉の緑が加わり、ピンク一色よりも風情があります。
Imgp2019
こちらはカメリアファイヤーダンスです。いつもの蕾にはあまり変化がありません。
Imgp2023
他のカメリアファイヤーダンスの株です。既に綺麗に開花しているのでした。代り映えしない写真を掲載することが憚れたので掲載しています。
Imgp2025
こちらは、裏庭にあるしゃくなげです。こちらも余り変化がないようです。早く、白い綺麗な花を見たいものです。

2019年2月11日 (月)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その34

Dscf2237

2018年5/25から5月恒例の第6次旧東海道徒歩の旅に出発しています。5/26午前11時過ぎには旧東海道新居宿から白須賀宿に向かって歩いていました。例の旧東海道の案内板がありました。この付近は湖西市紅葉寺跡のようです。白須賀宿まで2.8Kmとの記載もあります。

Dscf2238
他にも、紅葉寺跡の案内があります。非常に優雅な名称ではありますが、風流を理解できない当方は、5月には紅葉は見れないだろうと思ってしまいます。
Dscf2239
こちらの民家の間の細い道路を進むと紅葉寺があるようです。まあ、やっぱり、見学は止めておきます。
Dscf2240
この付近の旧東海道は、こちらの写真のように松並木が残存していはいるのですが、他に見るような名所旧跡はなく、単調な道路を歩くのでした。
Dscf2241
道路脇には、こちらの案内があります。「東海道五十三次コース 旧東海道松並木」の記載があります。でも、このコースを歩くのは、平坦ではありますが、少々、辛いかなと思ってしまいます。
Dscf2242
少々、西方向へ歩くと、こちらの石碑がありました。石碑自体に刻まれている言葉は判読できません。
Dscf2243
手前の案内文です。どうやら、藤原為家とその継室河佛尼の句が刻まれているようです。
当方には、縁がないようです。街道を進みます。

2019年2月10日 (日)

翔ぶが如く---第3巻

3

前回に引き続き、今回も司馬遼太郎氏の「翔ぶが如く---第3巻」を選択しています。本の帯には以下のように紹介されています。

―西郷と大久保の議論は、感情に馳せてややもすれば道理の外に出で、一座、呆然として喙を容るるに由なき光景であった―。明治六年十月の廟議は、征韓論をめぐって激しく火花を散らした。そして…西郷は敗れた。故国へ帰る彼を慕い、薩摩系の士官達は陸続として東京を去ってゆく―内戦への不安は、現実となった。

こちらの本でも付箋を付けた箇所を抜粋してみましょう。

「待つのです。今は熱っぽくなりすぎている。物事が熱っぽくなってしまっているときはどういう冷静な意見も通らぬものです」岩倉具視の言葉,p61。

「元来、戦国以来の薩摩人共通の心がけは弱敵に対してあくまでも心優しく、強敵に対してはあくまでも勇猛であるということであり」記述、P103。

「己を愛することは善からぬことの第一也」西郷の言葉、p157。

「陽気な人格というものは欠点ですら愛嬌になり、失敗でさえ気の毒になるという効用をもっているが」記述、p280。

「大藩のうち、戊辰戦争に参加して新政府を樹立させることに功のあった藩は、その城下の地名をもって県名にしたのである。(中略) これに対し、若松県(会津福島県)、仙台県、金沢県、米沢県、松江県といったよなものは短期間しか成立せず---」記述、p328。

現在の県名は、戊辰戦争と関連があったことを初めて知りました。読書しているとなかなか勉強になります。ハイ。

2019年2月 9日 (土)

電池とフィルムカメラ

Imgp1956

酸化銀電池SR44とリチウム電池CR123AをAmazonから購入しました。電気店を回って探しても良かったのですが、時間の無駄を考慮するとAmazonから購入した方が効率的と考えました。
Imgp1962
SR44電池は、45年前に亡父から購入してもらったミノルタHI-MATIC Eを稼働させるためです。100円ショップで販売していたLR44電池(1.5V)では稼働しませんでした。SR44(1.55V)で実験すると稼働しました。いずれもアダプターを使用しています。
Imgp1960
CR123A電池は、こちらのオリンパスAF-10 TWINを稼働させるために購入しました。こちらも購入してから30年近くは経過していると思います。当時の重い一眼レフカメラを持ち歩くのに苦労したので購入したのです。
上記のいずれのカメラも昔のフィルムカメラです。帰省中の長女が何をとち狂ったのか、フィルムカメラで撮影してみたいと言い出したのです。
デジカメの利便性を再認識するには丁度、良いかもしれないと思い、長女が納得できるように電池の無駄を覚悟で購入しました。いずれのカメラも故障していて正常作動しない可能性がありました。取り敢えず、長女は撮影してみて納得することでしょう。
そうそう、今となってはフィルムを現像、プリントしてくれるカメラ店も減少しています。

2019年2月 8日 (金)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その33

Dscf2228
2018年5/25から5月恒例の第6次旧東海道徒歩の旅に出発しています。5/26午前11時過ぎには旧東海道新居宿を過ぎ、白須賀宿方面へ向かって歩いていました。湖西市橋本付近の旧東海道には、こちらの案内板がありました。「風炉の井」とあります。案内には、「源頼朝が上洛の折、橋本宿に宿泊した時にこの井戸水を茶の湯に用いた」とあります。ちなみに風炉とはこちらを参照で。
Dscf2229
こちらが、風炉の井を示す傍示石となります。
Dscf2230
風炉の井を覗いてみましょう。既に、井戸は埋められているようです。
Dscf2232
風炉の井を過ぎても、旧東海道は直線的に続くのでした。信号には、「橋本西」とあります。
Dscf2233
果てしなく直線道路が続くのかと思っていましたが、直ぐに、旧街道は右へ分岐することになります。
Dscf2235
この付近では、旧東海道を浜名旧街道というようです。
Dscf2236
旧東海道らしく、少々の松並木も存在するのでした。しかし、この付近はあまり見るべきものもなく、ただ単調に歩いていた記憶が残っています。

2019年2月 7日 (木)

ペットマトMINIナスの生長記録---その2

Img_2361
職場窓際で水耕栽培をしているペットマトMINIなすの今週の状況です。
播種してから約10日で、発芽しました。よく見ると、2粒の種を蒔きましたが、2つとも発芽しているようです。
窓際は、冬でも午前中は太陽光が射し込み、気温が27℃程度まで上昇します。写真は少々、focusが甘いようですが、そこはご愛嬌で。
これからの生長が楽しみです。

2019年2月 6日 (水)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その32

Dscf2220 2018年5/25から5月恒例の第6次旧東海道徒歩の旅に出発しています。5/26午前11時過ぎには旧東海道新居宿を過ぎ、白須賀宿方面へ向かって歩いていました。棒鼻跡に来ました。案内板には、「駕籠の棒先の意味であるが、大名行列が宿場へ入るとき、この場所で先頭(棒先)を整えたので、棒鼻と呼ぶようになった」との記載があります。また、この付近は、新居宿の西境で、一度に多数の旅人が通行できないように土塁が突き出て枡形をなしていたとの記載もあります。
Dscf2221
棒鼻跡の説明文と傍示石です。
Dscf2222
棒鼻跡から少々、後ずさりして撮影しています。旧東海道は左方向へやや下っています。写真左に例のサイクリング中の大学生が休憩していました。
Dscf2223
棒鼻跡から進行方向の旧東海道を撮影しています。大学生達が休息している場所は、枡形の名残りでしょうか?
Dscf2224
旧街道を進み、棒鼻跡を振り返って撮影しています。棒鼻跡には、駄菓子屋さんふうのチョットした店舗があり、こちらで飲み物を購入して大学生達は休息しているのです。
Dscf2225
棒鼻跡を過ぎると、例の旧東海道の案内がありました。この付近は、湖西市橋本というようです。新居宿加宿との記載もあります。白須賀まで3.5Kmとなります。
Dscf2226
これから白須賀宿までは、このような直線の道路となっているのでした。

2019年2月 5日 (火)

椿と桜の生長記録2018-2019---その7

Imgp1964

当家の椿と桜としゃくなげの生長記録です。ロゼーフローラは満開を過ぎたので、今回から、割愛します。こちらは、河津桜です。いままで生長記録を観察していた株です。この1週間で生長し蕾から開花に至りました。

Imgp1965

対側となる下から撮影してみました。ほぼ満開となりました。ピンク色が綺麗です。

Imgp1967
こちらは、いつものカメリアファイヤーダンスです。先週に比し、蕾のその先端のピンク色の部分が大きくなった印象があります。樹木の上の方の椿は綺麗に開花しています。こちらの株が開花するまで生長記録を観察します。
Imgp1971
こちらも例のしゃくなげです。こちらは先週と比しあまり変化がないようです。これからの生長に期待です。

2019年2月 4日 (月)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その31

Dscf2213
2018年5/25から5月恒例の第6次旧東海道徒歩の旅に出発しています。5/26午前11時頃には旧東海道新居宿を過ぎ、白須賀宿方面へ向かって歩いていました。一里塚跡の案内板がありました。こちらの一里塚では、東側には榎、西側には松が植樹されていたようです。
Dscf2214
案内板の下には、古い一里塚の傍示石もありました。
Dscf2216
こちらが、一里塚案内板のあった方向です。今となっては一里塚の面影も残ってはいません。
Dscf2215
こちらは、一里塚跡のあった反対側となります。こちらも民家があり、その面影は伺えませんね。
Dscf2217
一里塚を過ぎて白須賀宿へ歩きます。クルマの居る交差点を右折するようです。この付近を歩いていた時、大学生と思われる自転車に乗車した集団が当方を追い越していきました。サークルなのでしょうか、白いユニホームを着衣しているのでした。
Dscf2218
交差点を右折すると、旧街道は少々、登り坂となっていました。逆方向から来れば、下り坂です。
Dscf2219
すると、民家の塀に、このような旧東海道図なるものがありました。非常に助かります。旧東海道で、このような手作り案内板をよく見かけます。ということは、旧東海道を徒歩している旅人が少なからず、存在するということでしょう。

2019年2月 3日 (日)

代車スペイド

Imgp195801

妻のクルマの台車としてトヨタ・スペイドが来ています。エンジンは1.5Lのようです。所謂、トールワゴンに分類されるクルマですが、最大の特徴はクルマの左右非対称であることでしょうか。つまり、運転席側は前後2ドア、助手席側は1ドアとなります。
このようなクルマに乗車したことがないので、この機会に、後部座席へのアプローチやその利便性をチェックしてみようかとも思っています。
1.5Lエンジンの走りも、インプレッサ1.6Lと比較してみましょう。
さて、今日は節分です。今朝は少々、寝坊をして午前6:30分頃に起床しています。昨日のブラタモリ福井編を録画で見ながらの朝食です。7:30分からがっちりマンデーを見て、8:00頃から約3Kmのjoggingへ出掛けています。その後、シャワーを浴び、現在となっています。
外は非常に良い天気です。午後から天気が崩れるのが予想できないほどです。本当に午後から雨になるのでしょうか?

2019年2月 2日 (土)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その30

Dscf2201

2018年5/25から5月恒例の第6次旧東海道徒歩の旅に出発しています。5/26午前10時半過ぎには湖西市新居泉町付近の旧東海道に居ました。泉町交差点付近に飯田武兵衛本陣跡がありました。案内文には、建坪196坪で。門構え玄関を備えていたこと、小浜、桑名、岸和田藩などが利用したこと、明治元年以降、天皇行幸の際に行在所となったこと、1885年にその行在所は奥山方広寺へ移築されたこと等の記載があります。

Dscf2203
こちらが、その本陣跡となります。何だか、一般の民家のように見えます。まあ、本陣跡なので本陣が残っているのではないのですが。こちらで旧街道は、南側へ曲がることになります。写真左が旧東海道となります。
Dscf2207
旧街道を少々、進むと寄馬跡がありました。傍示石と案内板があります。
Dscf2208
案内文には、「東海道の宿場では常に百人の人足と百匹の馬を用意した。しかし、交通量の多い時には助郷制度といって、きんざいの村々から人馬を寄せ集めて不足を補った。この場所は、寄せ集められた人馬の溜まり場になったところである」とあります。まあ、現在で言えば、コンビニ前といったことろでしょうか。
Dscf2210
この付近の旧東海道は、この写真のようになっています。現在地から南下することになります。
Dscf2212
旧街道で良く見る常夜燈もやはり、存在しました。逆に言うと、常夜燈がある場所は旧街道であるかと思います。

2019年2月 1日 (金)

世界の果てまでイッテQのカレンダー---2019年2月

Iq201902

早いもので2019年も1ケ月を経過し2月を迎えました。世界の果てまでイッテQのカレンダー2月は「イモトアヤコさんのヴィンソン・マシフ登頂成功」です。南極大陸最高峰とのことです。

こちらのon airも観ていないような印象です。最近では、三浦雄一郎さんが、南アメリカ最高峰のアコンカグアの登頂を目指して途中断念されたことがニュースとなっていました。

86歳とのことで、その意気込みそのものが凄いと思いました。登頂断念を決断する勇気も評価に余りあります。

「何を好き好んで、このような寒い場所に行くのかな」と思っていましたが、今月下旬には北海道へ旅行する予定があります。好き好んで寒い場所へ行ってみることにしました。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック