« 世界の果てまでイッテQのカレンダー---2019年4月 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その56 »

2019年4月 2日 (火)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その55

Dscf2435 2018年5/25から5月恒例の第6次旧東海道徒歩の旅に出発しています。 5/26午後3時頃には旧東海道二川宿付近に居ました。本陣、クランクを過ぎると、旧東海道はこの写真のように直線となりました。
Dscf2436
旧街道を西方向へ進むと西問屋場跡の傍示石がありました。
Dscf2438
傍示石のあった付近の全体像です。古い日本家屋があるのでした。Dscf2439
西問屋場跡から少々、歩くとこちらの案内板がありました。
Dscf2440
まず、現在地を確認します。写真左側から右へ向かって歩いていることになります。写真上が南側、海側となります。当然ですが、近くに東海道本線と新幹線が走っています。
Dscf2441
二川宿の案内です。「天保14年(1843)には、本陣、脇本陣がそれぞれ1件、旅籠屋が38軒、人口は2468人で、家数は328軒でした。現在も、本陣をはじめとして、江戸時代の宿場町としての景観を残しています」とあります。
Dscf2442
明治以降の二川の歴史に関しての記載もありました。製糸業のまちとして繁栄したようです。「現在、製糸工場はなくなりましたが、旧街道沿いには衣料品店や菓子店、美容室などが残り、女工さんたちで賑わっていたころの面影が感じられます」とあります。

« 世界の果てまでイッテQのカレンダー---2019年4月 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その56 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その55:

« 世界の果てまでイッテQのカレンダー---2019年4月 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その56 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック