« 宮崎へ | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その68 »

2019年4月29日 (月)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その67

Dscf2565

 

 

 

2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/27午前9時前には旧東海道吉田宿(豊橋)付近に居ました。旧街道沿いにこちらの傍示石がありました。「松尾芭蕉 吉田宿の旅籠の記」とあります。案内によると貞享4年11月11日に芭蕉がこの地に宿泊したようです。

 

Dscf2567

 

 

 

こちらの傍示石は、湊町公園の前に建立されていました。

 

Dscf2573

 

 

 

さらに船町交差点を通過して旧街道を進みます。湊町とか、船町とか、何だか海に関連するような町名となっているようです。

 

Dscf2575

 

 

 

歩道のマンホールの蓋を撮影しています。お城と花火を抱えてる図柄のようです。有名なのでしょうか?

 

Dscf2576

 

 

 

旧街道を進むと、こちらの建物がありました。「東海道五十三次吉田宿船会所」とあります。やはり、海に関連するようです。

 

Dscf2578

 

 

 

さらに進むと、こちらの案内板がありました。何やら川沿いとなります。

 

Dscf2577

 

 

 

案内板にあh「船町と高札場」とあります。案内中ほどには、「近世初頭に開かれた吉田湊は、豊川舟運の終点として、また伊勢や江戸への航路の起点として栄え、当時、三河における最大の湊でした」とあります。

« 宮崎へ | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その68 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その67:

« 宮崎へ | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その68 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック