« 熊本城 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その71 »

2019年5月 5日 (日)

翔ぶが如く---第10巻

10
前回に引き続き、今回も司馬遼太郎氏の「翔ぶが如く---第10巻」を選択しています。本の帯には以下のように紹介されています。
薩軍は各地を転戦の末、鹿児島へ帰った。城山に篭る薩兵は三百余人。包囲する七万の政府軍は九月二十四日早朝、総攻撃を開始する。西郷隆盛に続き、桐野利秋、村田新八、別府晋介ら薩軍幹部はそれぞれの生を閉じた。反乱士族を鎮圧した大久保利通もまた翌年、凶刃に斃れ、激動の時代は終熄したのだった。
こちらの本でも気になって付箋を貼付した箇所を抜粋してみましょう。
維新後、西郷によってこの渾身の兇器(桐野利秋)が陸軍少将になり、日本の軍事権の一部を掌握した。兇器は、栄誉と権限を得て自立したために兇器自身の思想と判断で動くようになり、ついには飼い主であった西郷を自分の思惑の中にひきずりこんでしまうという結果をもたらした。記述、p278。
西南戦争は、村田新八でさえあきらかに指摘したように、大久保と西郷の私闘にすぎない。記述、p350。
ただ、倒幕後の西郷は、みずから選んで形骸になってしまった。あとがき、p362。

西南戦争は、ボッケモンを好んだ西郷がただのテロリストであった桐野を陸軍少将に就けたことから発生したようです。本来、桐野には軍人としての能力がなかったようです。征韓論敗北後、鹿児島に戻った西郷が、狩猟中に転落し、木の株に頭部を強く打撲したことも影響があるかもしれません。こちらの翔ぶが如くの西南戦争発生後、西郷は全くといっていいほど、登場しません。本当にただのお飾りとなってしまっていたようです。なんとなく、侘しい結末です。

 

 

 

« 熊本城 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その71 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 翔ぶが如く---第10巻:

« 熊本城 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その71 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック