« 今回のホテル | トップページ | 今回のホテル »

2019年5月 4日 (土)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その70

Dscf2595

 

2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/27午前9時過ぎには旧東海道吉田宿(豊橋)の豊川河岸を歩いていました。街道沿いに、こちらの店舗がありました。看板には、「世界の箸は手形式製法--- 日本人のあなたも自分の手の形から持ちやすく食べやすい箸を作ってみて下さい」とあります。判り難い日本語ですが、要は「自分専用の箸を」ということのようです。そんなの必要なのかな?なんて思いながら通過します。

 

Dscf2601

 

かわきたバスの下地郵便局西バス停がありました。地名からすると、この付近は宅地が川より低くなっているのかもしれません。

 

Dscf2602

 

この付近では、野イチゴのようなものがありました。葉も苺の葉に似ているような気がします。

 

Dscf2604

 

下地一里塚跡がありました。

 

Dscf2605

 

裏面には、「江戸日本橋より74里」とあります。約300Km弱の距離を歩いて来たことになります。

 

Dscf2607

 

この付近で不思議な風景に出会いました。一般家屋を思われる庭先に昔ながらの郵便ポストがあるのです。郵便受けとして利用しているのでしょうか。

 

Dscf2608

 

 

 

望遠レンズを使用してチョット、内を覗いてみましょう。すると、家屋内にも郵便ポストがあるのです。しかもポストの上には座布団が置かれています。不思議です。

« 今回のホテル | トップページ | 今回のホテル »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その70:

« 今回のホテル | トップページ | 今回のホテル »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック