« 稲の定点観測2019---その9 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その74 »

2019年5月12日 (日)

新規GPSロガー

Cimg8679

新規にGPSロッガーを購入しました。CANMORE社のG-PORTER GP-102+(写真右)です。写真左がこの3月まで使用して来たHolux社のm-241というGPSロガーです。このm-241が2019年4月7日以後、ロールオーバーが発生し日時表示が不可となりました。

 

GPSロールオーバーとは、1980年1月6日を起点として1024週後に日時がre-setされる現象のようです。1巡目は1999年8月22日だったようです。2巡目が2019年4月7日午前9時頃に発生したようです。この2巡目のロールオーバー問題が発生してm-241の日時表示が不可となりました。それに気づいたのが4/26の第7次旧東海道歩行時でした。他の機能は使用できます。例えば、歩行距離、緯度経度の表示等です。しかし、このm-241に連動するアプリも使用不可となり、移動足跡が表示不可なのです。

 

そこで携帯型GPSロガーとして、CANMORE社のG-PORTER GP102+を購入しました。2019年5月下旬からの第8次旧東海道徒歩の旅に間に合わせるためです。m-241は乾電池式でしたが、GP102+は充電式となります。他に液晶画面のない携帯型GPSロガーもあるのですが、やはり、歩行時に移動距離を知りたくて液晶表示のあるものを選択しました。このGPSロガーがあると、後からデジカメ写真に撮影位置情報を追加することが可能となります(ジオタグ)。このジオタグ機能も当方にとっては重要なのです。

 

今回、こちらのGP102+購入にあたってはアマゾンではなく、秋月電子通商から購入しています。こちらの販売店のHPでの商品説明、使用方法の記載があったからです。

 

近日中に新規GPSロガーの使用方法に慣れる必要があります。果たして、新規GPSロガーはGPSロールオーバーに対応し、当方の期待に応じてくれるでしょうか?。

« 稲の定点観測2019---その9 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その74 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 稲の定点観測2019---その9 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その74 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック