« セカンドラブ | トップページ | 稲の定点観測2019---その14 »

2019年6月21日 (金)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その90

Dscf28162018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/27午後3時過ぎには現在の岡崎市本宿付近に居ました。通過した門のようなものを振り返って撮影しています。写真左が国道1号線となります。

 

Dscf2817 

 

この付近で、こちらのパンフを取得しています。岡崎市本宿エリアwalking map 東海道本宿とあります。このようなパンフがあると、地図の記載もあって非常に有益な情報を提供してくれるのでした。

 

Dscf2819

 

この付近の信号には、「新箱根入口」とあります。箱根の関所のような役割をしていたのでしょうか。非常に名称が面白かったので撮影しています。

 

Dscf2821 

 

このようなモニュメントもありました。勿論、オヤジとしては近づいてみます。

 

Dscf2823

 

傍示石には、右国道1号、左東海道と刻まれています。

 

Dscf2824 

 

案内板には、「本宿の歴史と文化をたずねて」の表題があります。この中で面白そうなのは、近藤勇首塚があることです。「台石には、土方歳三始め11名の隊士名が刻まれている」との記載があります。

 

Dscf2825

 

傍示石に従い、左方向へ進んでいます。こちらの写真のような街道となります。

« セカンドラブ | トップページ | 稲の定点観測2019---その14 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その90:

« セカンドラブ | トップページ | 稲の定点観測2019---その14 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック