« 稲の定点観測2019---その11 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その82 »

2019年6月 2日 (日)

風神の門---上巻

Photo_1
今回は、こちらの本を選択しています。司馬遼太郎氏の「風神の門---上巻」です。本の帯には以下のように紹介されています。

関ヶ原の合戦によって豊臣家が大坂城にとじこめられてしまった時期、伊賀の忍者の頭領、霧隠才蔵は人ちがいで何者かに襲われたことから、豊臣・徳川の争いに次第にまき込まれてゆく。生来、いかなる集団にも属することを嫌った才蔵であったが、軍師真田幸村の将器に惹かれ、甲賀の忍者、猿飛佐助とともに、豊臣家のために奮迅の働きをし、ついには徳川家康の首をねらうにいたる。
こちらの本でも気になって付箋をつけた箇所を抜粋してみましょう。
「(真田)幸村は、男はだれでも、自分の才能を世に問うてみたい本能をもっている。といった。男が世に生まれて生きる目的は、衣食をかせぐためではなく、その欲を満たしたいがためだ、とも言った」記述、p302。
こちらの本の前半は、非常に頭の中が混乱します。登場人物が多すぎるのです。そして、ただ一回のみの人物もあります。メモを取っていても混乱します。下巻を読書しないと判断は困難ですが、司馬遼太郎の本の中では駄作かもしれません。

 

 

 

« 稲の定点観測2019---その11 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その82 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 稲の定点観測2019---その11 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その82 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック