« 愛車インプレッサ---走行距離2万Km | トップページ | 稲の定点観測2019---その16 »

2019年7月12日 (金)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その100

Dscf29062018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/27午後4時半過ぎには、旧東海道藤川宿東棒鼻付近に居ました。現在の岡崎市市場町付近だと思われます。藤川宿の「曲手」の案内板がありました。クランク状に曲がること、枡形の別名があること等が記載されています。棒鼻=曲手=枡形と当方は考えているのですが、どうでしょう。

 

 

 

Dscf2907 

 

旧街道を進むと、交差するように旧東海道の案内板がありました。

 

Dscf2908

 

東棒鼻の方向も、なんだかチョット違和感のある方向を指しています。僅かな距離なので戻ることにしました。

 

Dscf2909 

 

戻る途中には、むらさき麦栽培地なる案内もありました。松尾芭蕉も俳句に読んだことが記載されています。

 

Dscf2910

 

東棒鼻に戻って来ました。当方は、四角の対角線上を歩行していたようです。こちらの道が旧街道となるようです。再度、京都方向へ進みます。

 

Dscf2911

 

こちらで、旧街道はクランクになっているのでした。恐らく、写真右が江戸方向、写真左が京方向への街道を撮影しているはずです。

« 愛車インプレッサ---走行距離2万Km | トップページ | 稲の定点観測2019---その16 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その100:

« 愛車インプレッサ---走行距離2万Km | トップページ | 稲の定点観測2019---その16 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック