« 仮想日本縦断鉄道の旅---その43 | トップページ | 旅の思い出---博多観劇旅行その1 »

2019年7月15日 (月)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その101

Dscf29122018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/27午後4時半過ぎには、旧東海道藤川宿東棒鼻付近に居ました。現在の岡崎市市場町付近だと思われます。「格子造りの家並」なる案内板がありました。案内後半には、「50年前には30本位の蔵が残っていました」とあります。蔵って「本」で数えるようです。

 

Dscf2913 

 

こちらが、格子造りの家屋となります。

 

Dscf2914

 

秋葉常夜燈と並んで、何か案内板があります。近づいてみましょう。

 

Dscf2915 

 

こちらは旧市場公会堂があったようです。案内には、建設竣工は大正6年7月であること、小屋組みが合掌工法で建設されたこと、完成後100年を経て津島神社境内に存在すること等の記載があります。

 

Dscf2916

 

こちらが、津島神社参道のようです。旧市場公会堂の姿は確認できません。

 

Dscf2917 

 

さらに歩を進めると、藤川宿駐車場に到着しました。

 

Dscf2919

 

何の変哲もないただの駐車場なのでした。チョット、一工夫が欲しかったですね。

« 仮想日本縦断鉄道の旅---その43 | トップページ | 旅の思い出---博多観劇旅行その1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その101:

« 仮想日本縦断鉄道の旅---その43 | トップページ | 旅の思い出---博多観劇旅行その1 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック