« 朝顔とブロッコリーの生長記録---その8 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その95 »

2019年7月 3日 (水)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その94

Dscf2850_22018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/27午後3時半過ぎには旧東海道赤坂宿から藤川宿へ向かって歩いていました。現在の岡崎市本宿(もとしゅく)町付近となります。こちらに東海道一里塚跡の傍示石がありました。横には本宿史跡保存会の文字も見えます。全くの一般民家の前に、この石碑があるのでした。

 

Dscf2852_2 

 

2-3分歩くと、こちらの旧東海道を示す案内がありました。岡崎市ボランティア連絡協議会25周年記念とも記載されています。

 

Dscf2853_2

 

こちらの案内は、当方にとって非常に有益なのですが、民家の塀に、ごく小さなものが掲げられてるのでした。案内は塀の右にあるのが判るでしょうか?

 

Dscf2854_2 

 

さらに数分、歩くと宇津野龍碩邸跡と長屋門(現存)の案内がありました。「7代目龍碩はシーボルト門人の青木周弼に医学を学んだ」との記載があります。ということは、7代目龍碩は直接はシーボルトには学んでいないという意味なのでしょう。また、安政年間に種痘を実施したことも記載されています。

 

Dscf2855_2

 

こちらが、その長屋門となります。まあ、長屋門を所有しているくらい裕福で、身分の高い

 

家系だったのでしょう。「現存」という文字があることから、当時のもののようです。近くで見ると本当に劣化しているのでした。

 

Dscf2858

 

この付近では、こちらの写真のように旧街道の松並木が少々、残存しているのでした。写真は岡崎宿方向を撮影しています。

« 朝顔とブロッコリーの生長記録---その8 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その95 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その94:

« 朝顔とブロッコリーの生長記録---その8 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その95 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック