« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その97 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その99 »

2019年7月 9日 (火)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その98

Dscf2892 2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/27午後4時半過ぎには旧東海道赤坂宿から藤川宿へ向かって歩いていました。現在の岡崎市市場町付近に居たものと考えます。旧街道がなだらかに右方向へカーブしています。前進します。

 

Dscf2893 

 

すると、旧東海道を示す標識がありました。道は間違っていないようです。

 

Dscf2894

 

さらに進むと、旧東海道の傍示石と何だか木製の案内板がありました。

 

Dscf2895 

 

案内によると、こちらは東棒鼻とのことです。つまり、藤川宿の東入口となるのです。案内文には、東海道ルネサンス活動機運が盛り上がった平成元年に棒鼻が再現されたこと、広重の浮世絵に棒鼻が描かれたこと、浮世絵内には八朔の御馬進献の行列が棒鼻にさしかかるところを描写していること、棒鼻が藤川宿の象徴となっていること等の記載があります。

 

Dscf2896

 

こちらが、再現された東棒鼻モニュメントのようです。

 

Dscf2897 

 

このような木製の案内板もありました。左の案内杭には、従是西 藤川宿との記載があります。

 

Dscf2898

 

右の案内板には、京まで46里27丁、岡崎へ1里半とあり、江戸へ78里29丁の文字も見えます。中央の案内(写真は割愛)には、「広重の藤川宿棒鼻の版画は幕府が毎年八朔、朝廷に馬を献上する一行がここ東棒鼻に入ってくるところを描いたものである」とあります。こちらの案内の方が平易な記載となっています。

« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その97 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その99 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その98:

« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その97 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その99 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック