« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その103 | トップページ | 稲の定点観測2019---その17 »

2019年7月20日 (土)

神様のカルテ2

2

今回は、こちらの本を選択しています。夏川草介氏の「神様のカルテ2」です。本の帯には以下のように紹介されています。

栗原一止は、夏目漱石を敬愛する信州の内科医だ。「二十四時間、三百六十五日対応」を掲げる本庄病院で連日連夜不眠不休の診療を続けている。四月、東京の大病院から新任の医師・進藤辰也がやってくる。一止と信濃大学の同級生だった進藤は、かつて“医学部の良心”と呼ばれたほどの男である。だが着任後の進藤に、病棟内で信じがたい悪評が立つ。失意する一止をさらなる試練が襲う。副部長先生の突然の発病―この病院で、再び奇蹟は起きるのか。

さて、こちらの本でも付箋を貼付した箇所を抜粋してみましょう。

「運命は神の考えるものだ。人間は人間らしく働けばそれで結構だ」記述、p8。

「良心に恥じぬということだけが、我々の確かな報酬である」一止の言葉、p85。

「百万人を殺す英雄ではなく、一人を救う凡人であろうとな」一止の言葉、p85。

「人に活力をもたらすのは結局、人だということなのだろう」記述、p127。

「人に頼るということも人間の持つ大きな美質のひとつである」記述、p153。

「私たち医者にとって、患者をとるか、家族をとるかという問題は、いつでも最大の難問です」古狐先生の言葉、p214。

「いかに生きるかばっかりが吹聴される世の中やけど、いかに死ぬかちゅうこともきっちり考えるのが、医者の仕事やで」河馬親父先生の言葉、p289。

「苦しいお酒はイチさんの分まで飲みます。おいしいお酒は、イチさんと一緒に飲みます」ハルの言葉、p304。

この本にも沢山の素敵な言葉がありました。この本、後半は本当に泣けます。続きを読みたくなっています。でも、ハルさんのような本当に素敵な細君は、この世に存在するのでしょうか?

 

« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その103 | トップページ | 稲の定点観測2019---その17 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その103 | トップページ | 稲の定点観測2019---その17 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック