« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その100 | トップページ | 仮想日本縦断鉄道の旅---その43 »

2019年7月13日 (土)

稲の定点観測2019---その16

P1090106

毎週末観測している宮崎平野の早期水稲の定点観測地点です。本日、午前8:15分頃に撮影しています。いつもの山の上には雲が掛かています。

撮影時は小雨がパラつく程度でしたので、クルマを降りて撮影できました。

P1090107

稲の方は、当方の腰下付近まで生長しているようです。稲の穂の先端も実ってきたようで頭を垂れています。

P1090108

頭を垂れている状態をやや望遠で撮影してみました。このような感じです。でも、ここにきて日照不足が気になる天候となって来ました。

 

さて、先週は博多座での観劇目的でこの時間帯には既に高速バス車中の人となっていました。稲の定点観測地点へ出向いたのは2週間ぶりとなります。この稲の方もあと4週間程で収穫となることでしょう。

 

ところで、当方も今日から3連休となりました。この3連休の予定は、本日の歯科受診と散髪程度です。7/10昼食後の歯磨き時に刺し歯の前歯3本が脱落しました。たまたま、本日午前に歯科定期受診となっていたので、これから対応して頂く予定です。脱落した歯は数年前にセラミック製のものを装着し高額だったのを覚えています。今回、こちらの歯が再使用できれば良いと思っています。

前歯3本が欠落すると非常に生活に支障が出ます。第一に歯間から空気が漏れて喋りにくいのです。第二にやはり食事摂取が困難なのです。麺類、食パンが食べにくいです。ゴボウの金平などもってのほかです。

本日も午前5:30分頃に起床し朝食を頂き、少々の雑用を終わらせ、先ほどクルマで稲の定点観測地点へ向かっています。残念ながら南九州の3連休の天気予報は雨です。撮影時、Tシャツと短パンで出かけましたが少々、肌寒く感じます。

さあ、これから歯科受診へ向かいます。脱落した歯が再使用できるか、仮歯となるか期待と不安が交叉します。でも、前歯がない生活に少々、慣れてきました。前歯が入っても2-3日は食事が美味しくないことでしょう。

« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その100 | トップページ | 仮想日本縦断鉄道の旅---その43 »

季節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その100 | トップページ | 仮想日本縦断鉄道の旅---その43 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック