« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その115 | トップページ | イニシエーション・ラブ---文庫本 »

2019年8月16日 (金)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その116

Dscf3129

2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/28午前10時半過ぎには現在の岡崎市大平付近に居ました。こちらは、大平一里塚の案内板です。案内には、日本橋から80里にあたること、領主が築いたこと、昭和3年の道路改修の際に北側の塚は破壊されたこと、榎が植樹されていたこと等の記載があります。

Dscf3130

こちらが現存する南側の一里塚となります。

Dscf3131

岡崎観光きらり百選にも選ばれているようです。

Dscf3136

さらに岡崎市街方面へと進むと、旧東海道は国道から分岐するのです。写真左が国道、右が旧東海道となります。

Dscf3138

国道1号線には歩道の設置がないようです。案内板には、東名高速をunder passするような記載があります。後から判明したのですが、この記載で間違いを起こしました。

Dscf3139

本来の旧街道は、写真左の樹木方向となります。小さく自転車に乗車した人が写っている方向です。しかし、当方はそれとは気づかず、白い建物方向へ行ってしまいました。

Dscf3141

そして、こちらのトンネルから東名高速を潜ったのでした。

« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その115 | トップページ | イニシエーション・ラブ---文庫本 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その115 | トップページ | イニシエーション・ラブ---文庫本 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック