« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その128 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その130 »

2019年9月 3日 (火)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その129

Dscf3326

2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/28午後3時過ぎには旧東海道岡崎宿を過ぎ、現在の安城市野崎町付近に居ました。何だか、厳めしい石碑がありました。「---記念碑」とあります。前半が判読できません。

Dscf3328

今度は、「予科練之碑」なる石碑がありました。

Dscf3329

近くの案内板には、「元第一岡崎海軍航空隊配置図」なるものがありました。どうやら、旧海軍航空隊の基地があったようです。地図を見てみましょう。

Dscf3330

現在地が赤く記載されています。どうやら基地内には病院もあったようです。近くには旧東海道の記載もあります。

Dscf3331

熊野神社には、燈篭のようなものがあります。

Dscf3332

さらに進むと、英霊招魂碑もありました。先の戦争で、亡くなった英霊を弔っているものなのでしょう。

Dscf3333

鎌倉街道の案内文も、この付近にありました。恐らく、もともとの鎌倉街道が旧東海道ととなっていることでしょう。京都と鎌倉、江戸を結ぶ交通の要衝だったはずです。

« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その128 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その130 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その128 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その130 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック