« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その134 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その136 »

2019年9月10日 (火)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その135

Dscf3410

2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/28午後5時前には旧東海道池鯉鮒宿付近に到着していました。こちらのモニュメントもありました。上は、猫でしょうか。

Dscf3411

下には、鎌倉街道の案内がありました。勿論、鎌倉街道は、「いざ、鎌倉へ」の合言葉通りに何か異変があった場合に鎌倉へ駆けつけるための街道です。たぶん、この付近では鎌倉街道が旧東海道へ発展したものと推定します。

Dscf3413

さらに、この付近には池鯉鮒宿馬市之跡の石碑がありました。

Dscf3412

馬市之跡の石碑の全体像となります。逆光の撮影となりました。

Dscf3414

石碑の間には、馬市句碑、万葉の歌碑の案内がありました。

Dscf3415

広重の池鯉鮒 首夏馬市の浮世絵の写しがあります。

030001_013

こちらが、高校同級生から頂戴した葉書となります。「首夏」とは初夏のことのようです。説明には、「馬市は、実際には春に開催されたというから初夏とは多少ずれるとあり、広重の想像であろう」との記載があります

« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その134 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その136 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その134 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その136 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック