« 近所の散策2019---白露過ぎ | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その141 »

2019年9月16日 (月)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その140

Dscf3483

2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/29午前8時半過ぎには旧東海道池鯉鮒宿の知立古城址付近に居ました。古城址は、この写真のように今となっては公園になっているようです。

Dscf3491

京方面へ進むと先の案内板にあった地下道入口がありました。正式名称は、知立地下横断歩道というようです。

Dscf3492

地下横断歩道近くに、こちらの案内板がありました。「総持寺跡大イチョウ」との記載があります。こちらの樹木は、雌木で樹齢200年との記載があります。江戸時代から植わっていたはずです。

Dscf3494

大イチョウを撮影しています。たぶん、この樹木が大イチョウなのだと思っています。信じる者は救われるのです。

Dscf3497

さらに進むと知立神社参道入口となるようです。

Dscf3498

正面に知立神社らしきものがあることから、こちらが参道のようです。旧街道から真っ直ぐに繋がっています。

 

« 近所の散策2019---白露過ぎ | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その141 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近所の散策2019---白露過ぎ | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その141 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック