« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その135 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その137 »

2019年9月11日 (水)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その136

Dscf3416

2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/28午後5時前には旧東海道池鯉鮒宿馬市の碑を通過し名鉄知立駅方向へ歩いていました。進行方向に国道1号線があります。かなり交通量が多いようです。

Dscf3420

旧東海道は現在では、地下道になっているようです。こちらの地下道へ入ります。

Dscf3422

地下道内には東海道の案内板が掲げられていました。

Dscf3424

地下道を出ると、東海道池鯉鮒宿の傍示石がありました。石の上に小さく、これから先の鳴海の文字があります。

Dscf3425

こちらが、旧東海道と国道1号線の分岐合流地点です。旧街道は、写真左の道路となります。

Dscf3429

前方に踏切が見えてきました。ガイドブックによると名鉄三河線の踏切のようです。

Dscf3432

踏切を通過すると常夜燈があるのでした。

 

« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その135 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その137 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その135 | トップページ | 旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その137 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック