« 旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その3 | トップページ | 旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その5 »

2019年11月14日 (木)

旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その4

Dscf4211

2019年5/24から5月恒例の旧東海道徒歩の旅へ出発しています。今回が第8次の旅となります。 今回の予定としては、三重県桑名市から滋賀県甲賀氏付近までの徒歩を予定しています。5/24午後1時過ぎには旧東海道桑名宿吉津屋見附付近に居ました。傍示石の案内に従ってクランクを通過します。 

Dscf4212

こちらの店舗で再度、右折することでクランクが終了します。当方が小学生中学年頃はプラモデルのブームがありました。小学校近くには必ず模型店がありプラモデルが陳列されていたものです。当時は今井模型のサンダーバードシリーズが人気があった記憶があります。先を急ぎます。

Dscf4214

泡洲崎八幡宮の前を通過します。

 

Dscf4217

浄土宗光徳寺の前には、こちらの格言が記載されていました。才能期20歳~30歳代、信用期40歳から60歳代、徳望期80歳~。まあ、そうかもしれません。ガラスに当方の撮影する姿が映っています。

Dscf4218

さらに進むと十念寺があるのでした。説明文後半には、「森陳明は明治維新の際に、桑名藩が敗北した責任を取り、藩を代表した切腹した」との記載があります。

Dscf4219

十念寺の山道は、こちらとなります。

Dscf4220

こちらにも、戊辰戦争での東京上野の戦いで新政府軍と戦った桑名藩士森陳明の記述があります。

« 旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その3 | トップページ | 旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その3 | トップページ | 旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その5 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック