« 旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その108 | トップページ | 旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その110 »

2020年7月 3日 (金)

旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その109

Dscf5149

2019年5/24から5月恒例の旧東海道徒歩の旅へ出発しています。今回が第8次の旅となります。 今回の予定としては、三重県桑名市から滋賀県甲賀市付近までの徒歩を予定しています。5/27午前7時半過ぎには旧東海道関宿から坂下宿へ向かって歩いていました。坂下宿の手前となる沓掛という集落付近に到着したようです。この付近の旧街道は、写真のようです。

Dscf5150

直ぐに、楢の木バス停に到着しました。写真右は茶畑でしょうか?

Dscf5151

この付近の道案内です。案内があるのは非常に助かるのですが、何が記載されているかが判読不可です。

Dscf5154

5分程の歩行で観音山歩道案内図がありました。位置確認目的で案内に接近します。

Dscf5152

現在地は、写真中央付近となります。これから、写真左上方向へ進むことになります。

Dscf5153

案内中央に、沓掛から鈴鹿峠までの距離と所要時間の記載がありました。現在地が沓掛とすると、あと約6Kmの歩行で鈴鹿峠に差し掛かることになります。ちょっと、緊張します。

Dscf5155

歩道案内図付近の道標です。やっぱり、文字が判読不可能なのでした。でも、道標の存在自体がmainな道路であることを示しており、この道が旧東海道であることの裏付けとなります。

« 旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その108 | トップページ | 旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その110 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

峠への登りの6kmですね。どのような景色だったのでしょうか。楽しみにしています。

コメントをありがとうございます。ご期待に添えるか否か判りませんが、続きを見てください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その108 | トップページ | 旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その110 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック