« 旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その121 | トップページ | 旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その123 »

2020年7月28日 (火)

旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その122

Dscf5250

2019年5/24から5月恒例の旧東海道徒歩の旅へ出発しています。今回が第8次の旅となります。 今回の予定としては、三重県桑名市から滋賀県甲賀市付近までの徒歩を予定しています。5/27午前9時半過ぎには旧東海道鈴鹿峠の万人講常夜燈を通過しています。旧東海道はこの付近で国道1号線に合流するようです。こちらの小さな橋梁を渡って合流します。

Dscf5251

数分の歩行で、前方に何か見えてきました。

Dscf5252

どうやら地下道のようです。

Dscf5253

「横断禁止、地下道を使って下さい」と注意喚起の札がありました。

Dscf5254

この付近、写真のように車両の交通量は非常に少なかったのですが、当方は素直に地下道を使用して対側へ渡っています。

Dscf5255

国道1号線沿いに進んでいると、こちらの常夜燈がありました。前方に鳥居もあります。旧東海道は、このまま国道1号線となっているのでした。

« 旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その121 | トップページ | 旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その123 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

鳥居が低いですね。埋まっているのでしょうか?

コメントをありがとう。撮影地点から鳥居へは下り坂となっています。坂の上から撮影しているので、鳥居が低く見えています。判り難い写真で申し訳ないです。ハイ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その121 | トップページ | 旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その123 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック