« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月31日 (木)

大晦日2020

P1090534

自宅近くの加江田神社です。先ほど、撮影してきました。既に新年を迎える準備は整っていたはずでした。近くへ寄ってみましょう。

P1090536

参道の階段には、昨日の強風で落下した落ち葉(針葉樹)が散乱していました。

P1090538

門松の周囲にも同様に多数の落ち葉があり、境内の状況も同様です。三々五々、神社の関係者らしき人々が集まってきて、周囲のお掃除に取り掛かるようです。明日の参詣者を出迎えるためには仕方がありませんね。

さて、今朝もいつもと同様に午前5:15分には起床し、朝食を頂き、6:00からニュースを少々、見てから約3Kmのjoggingへ出かけています。

その際にも加江田神社前は通過していたのですが、未だ周囲が暗く、落ち葉の件は気付きませんでした。

昨夕は、妻と青井岳温泉へ行きましたが、運転中、空から白いものが降っているのに気づきました。ラジオニュースでは宮崎市で初雪を観測したことを報じていました。年末の営業している温泉は少なく、青井岳温泉には多数の来客がありました。

大晦日に営業している温泉は、更に少なく、今夕は自宅での入浴になりそうです。

それでは、皆さん、今年も色々とお世話になりました。良い年をお迎え下さい。

2020年12月30日 (水)

眼鏡修理

Imgp2571

先日、壊れた眼鏡です。鼻当て部分が脱落しました。そうしているうちに、ツルの根元のねじも外れて下の部分を紛失しました。

12/18新規眼鏡を購入しましたが(未到着)、チョット、悪戯をしてみました。というのも、鼻当て部分の修理に¥6000-8000を要するとのこと。

接着剤で鼻当て部分を修理してみました。一応、くっ付いていいます。

Imgp2572

外れたネジの部分は、眼鏡屋さんへ持参すると、無料で直してくれました。

接着した鼻当て部分が、何時までもつか判りませんが、jogging時のみに使用することとします。まあ、そのうち、接着部分が再度、外れることでしょう。

2020年12月29日 (火)

でこっち

Imgp2574

年末の頂きものです。「でこっち」という、まあ、ミカンです。デコポンのように頭の天辺が凸になっています。これが見かけによらず美味しかったのです。日南市の吉田柑橘園さんが生育されたようです。

説明文には、清見ポンカンを交配したとの記載があります。糖度13%以上、酸味1%未満との記載です。

美味しいので、皆さん、食べてみて下さい。

2020年12月28日 (月)

旅の思い出---第9次旧東海道徒歩の旅 東海道完結編---その4

Dscf5962

2020年1月2日から1月4日まで正月休みを利用して第9次旧東海道徒歩の旅へ出かけています。この9次の歩行で、残っているJR草津線石部駅-手原駅間と、JR琵琶湖線大津駅-京都三条を歩行予定としていました。この旅で旧東海道を完歩する予定なのでした。

 

2020年1月2日午後3時過ぎにはJR草津線石部駅を出発し手原駅を目指して旧東海道を歩いていました。石部宿西の縄手付近にあった公園を通過しています。京都方面の旧街道を撮影しています。前方には旧街道とクロスするような大きな道路があるようです。

Dscf5963

案内板がありました。「5軒茶屋道と古道」の表題です。「天和2年(1682)8月出岩地先で大洪水により東海道が流出した河原となる。天和3年4月18日、約半年後に新道を税所藩本多氏が南側に着工するが、崩壊した前東海道より約2倍の2Kmの距離となった。新道が山の中を通過するために安全を願って元禄2年(1685)5軒の茶屋が石部宿より移転することとなりました。明治4年(1872)には新道の距離が長いために旧道が整備されて今までの東海道が復元されました」とあります。当方は、本来の旧東海道である古道を進むことにしました。

Dscf5964

五軒茶屋橋を渡ります。

Dscf5965

恐らく、こちらの道が新道となる遠回りの旧東海道だったはずです。

Dscf5967

旧東海道の古道沿いには、一級河川宮川が進行方向左側にありました。

Dscf5969

こちらの写真のように、一級河川ではありますが、決して大きな川ではありませんでした。

Dscf5968

旧東海道の古道を一人でトボトボ歩きます。

2020年12月27日 (日)

桜と椿の生長記録2020-2021---その3

Imgp2566

今週の統計の桜と椿の生長記録です。こちらは、ロゼフルーラです。ややその蕾が大きくなったような印象があります。蕾の短径は7-8mm程度でしょうか。接写レンズを装着して撮影していますが、何だかチョット、ピンボケのような気がします。

Imgp2568

こちらは、河津桜です。例年、撮影している部位だと思います。こちらは、殆ど変化がないようです。

Imgp2569

こちらは、カメリアファイヤーダンスです。こちらは大きな蕾ですが、その大きさに変化がないようです。短径は10mm程度のような気がします。

さて、今朝も午前5:30分頃には自然と目が覚め、起床しています。朝食を摂り、午前6時過ぎから、まだ暗いなか約3Kmのjoggingへ出かけています。その後、シャワー、洗濯、7:30分からいつもの日曜日のようにがっちりマンダーを見て、現在の時刻となっています。

通常、日曜日夕方に行く温泉は、今週、来週末はお正月対応となり、日帰り温泉は受け付けない雰囲気です。これから、どこの温泉へ行くか検討することにします。12/29まで当方は仕事が続きます。

2020年12月26日 (土)

近所の散策2020---冬至過ぎ1

Imgp2570

こちらは、先程撮影した近所の風景です。樹木の葉は既に皆無となっています。その後ろに、綺麗な青空が見えています。

宮崎は今朝も快晴で、空には雲がありません。

今朝も午前6時前には気象し、クリスマスイブに食べなかったチョコレートケーキを朝食としています。題名のない音楽会を妻に付き合ってみた後、約3Kmのjoggingで出かけています。

2020年最後の週末となりましたが、勿論、予定はありません。読書をしたり、新規領域の勉強をしたり、そうそう、先程、自治会の空き缶集めのため集積場に空き缶を捨てに行って来ました。

いつものように週末を過ごす予定ですが、常連となっている温泉は今週末は日帰り客を受け入れないようです。明日の夕方は、どこの温泉へ行くかと考えています。

2020年12月25日 (金)

今日の昼食

202012251233392020122512431320201225124244

今日の昼食は、都農町で焼き肉丼を頂きました。

2020年12月24日 (木)

クリスマスイブ

Imgp2565

近所のお宅の玄関門扉前のクルスマスイルミネーションです。今年は、コロナ禍の中、サンタさんは来るのでしょうか?少々、不安です。

若い同僚のお子さんのもとへはサンサさんが来るようです。5歳男児の元には腕時計が、3歳の弟君もとにはウルトマランの絵本が届くそうです。子供たちは楽しみにしているはずです。当然、当方には何も届きません。そうそう、昨日、注文していた本がAmazonから到着しました。

2020年12月23日 (水)

年賀状

202012

平成天皇陛下の誕生日である12/23は、年賀状のあて名書きの日にしてきましたが、令和になってから12/23は国民の祝日とはなっていません。

恐らく、12/23が年賀状書きだったご家庭は多かったものと推測します。当家も賀状を記載しました。

来年2021年は、良い年になるよう祈念しております。

2020年12月22日 (火)

旅の思い出---第9次旧東海道徒歩の旅 東海道完結編---その3

Dscf5949

2020年1月2日から1月4日まで正月休みを利用して第9次旧東海道徒歩の旅へ出かけています。この9次の歩行で、残っているJR草津線石部駅-手原駅間と、JR琵琶湖線大津駅-京都三条を歩行予定としていました。この旅で旧東海道を完歩する予定なのでした。

2020年1月2日午後3時過ぎにはJR草津線石部駅を出発し手原駅を目指して旧東海道を歩いていました。前方に草津付近にある二子山の一部が見えてきました。この付近では特徴的な山の形となります。

Dscf5951

旧街道左側に常夜燈をもつ公園があるのでした。少々、散策してみます。

Dscf5953

例の案内板がありました。「石部宿 西縄手」とあります。「縄手とは、立場から立場の道の事を言い、石部宿の西にあたることから西縄手と呼ばれていました。江戸時代、ここは宿内に入る前に参勤交代の為の大名行列を整列した場所で、長い松並木がありました」とあります。

Dscf5954

公園内には、東屋があり、休憩が可能なようです。

Dscf5955

何やら石壁のようなものがあります。勿論、接近します。

Dscf5957

東海道五十三次図とあります。左側から、お江戸日本橋から始まる東海道五十三次が記載されています。

Dscf5956

現在いるのは、51番目の石部宿となります。旧東海道を、かなり歩いて来たことになります。

2020年12月21日 (月)

うちにもあった岩塚製菓

Imgp2564

関越自動車道の大雪によるクルマ滞留で、岩塚製菓の製品運搬トラックの運転手さんが、社の許可を得て食料として積荷のお菓子を配ったとの報道がありました。

当家にも、その岩塚製菓のお菓子がありました。陰ながら勝手に応援しようかと思っています。コロナ禍で、心温まる報道でしたね。

2020年12月20日 (日)

桜と椿の生長記録2020-2021---その2

Imgp2561

こちらは当家のロゼフローラという椿です。蕾は短径で5mm程度でしょうか。先週と比しあまり変化を実感しません。

こちらは接写レンズを使用して撮影しています。

Imgp2562

こちらは、河津桜です。こちらも接写レンズを使用して撮影しています。こちらも先週と比し変化がないようです。

 

Imgp2563

こちらは、カメリアファイヤーダンスという大柄な椿です。その蕾の短径は10mm程度でしょうか。こちらも先週と比し変化がないようです。

 

さて、今朝も午前5:30分には起床し朝食を頂き、6:15分頃から暗いなか約3Kmのjoggingへ出かかています。その後、シャワーを浴び、毎日のroutine業務を実施し、7:30分からがっちりマンデーを見ています。ごそごそしているうちに現在の時間となりました。

 

今朝も冷え込んでいます。昨日は曇天で太陽光も射さず、寒い一日となりました。今日は晴天で太陽光が射し、昨日よりも室内は暖かくなるかもしれません。今日も夕方には近所の温泉へ行って体を温めることにします。

2020年12月19日 (土)

近所の散策2020---大雪過ぎ3

P1090532

こちらは、当方のjogging course沿いにいる子ヤギです。いつの間にか、1匹小さな子ヤギが増えています。「おはよう」と声を掛けると、網越しではありますが、こちらを向いてくれました。

隣にいるのは母親でしょうか。写真には写っていませんが、何だかお腹が大きいのかもしれません。

 

さて、今朝は少々、寝坊をして午前6:45頃に起床しています。朝食を頂きながらニュースを見て、午前7:30分過ぎから約3Kmのjoggingへ出かけています。今週も色々とありましたが、どうにか週末に逃げ込むことができました。

今週末も特に予定はありません。関越自動車道の多量のクルマの滞留、解消できて良かったと思います。近所のラーメン屋さんの対応を素晴らしかった。岩塚製菓搬送のトラック運転手さんも、会社の粋は計らいで感動しました。

2020年12月18日 (金)

眼鏡破損

Photo_20201210121001

当方の眼鏡(安物)の鼻当て部分が破損しました。鼻当ての金属部分が根元から脱落しました。

Netにて販売店へ照会すると、修理に¥6000~¥8000を要するようです。照会中に左の吊る部分根元のネジも取れてしまいました。

修理代が予想以上に高いので、新規眼鏡を購入する方向で検討しています。現在、予備の眼鏡で生活しています。

2020年12月17日 (木)

旅の思い出---第9次旧東海道徒歩の旅 東海道完結編---その2

Dscf5936

2020年1月2日から1月4日まで正月休みを利用して第9次旧東海道徒歩の旅へ出かけています。この9次の歩行で、残っているJR草津線石部駅-手原駅間と、JR琵琶湖線大津駅-京都三条を歩行予定としていました。この旅で旧東海道を完歩する予定なのでした。

2020年1/2午後3時過ぎにはJR草津線石部駅付近に居ました。こちらは、石部駅に隣接する観光案内所兼バス待合室です。1/2の午後3時頃ともあり人影はありません。

Dscf5937

石部駅前広場です。例の時計台があります。逆光となり、全体的に暗い写真となりました。

Dscf5938

こちらも例の門構えのような東海道石部宿のモニュメントです。

Dscf5941

石部駅前から旧東海道方向へ移動します。前回の到着地である石部西方向を目指します。

Dscf5944

前回到着地付近に到着しました。歩行を開始します。

Dscf5946

旧街道電信柱には、東海道を示す案内がありました。非常に助かります。

Dscf5948

この付近は石部西二丁目となるようです。前回、到着地点として間違ってはいないことが確認できました。

2020年12月16日 (水)

今朝の気温2020-2021---その2

P1090530

今朝の気温です。昨日から更新しています。今朝は午前6:30分頃に仕事場に入っていますが、-2℃でした。

明日も冷え込む予報です。皆さん、ご自愛ください。

2020年12月15日 (火)

今朝の気温2020-2021---その1

P1090529

今朝は全国的に冷え込んだようです。朝のニュースの天気予報で報じていました。日本海岸、特に北陸地方では大雪とのこと。

当方のクルマに付いた温度計でも4℃を示していました。恐らく、今季の最低気温でしょう。

これから本格的な冬の到来のようです。

2020年12月14日 (月)

旅の思い出---第9次旧東海道徒歩の旅 東海道完結編---その1

Dscf5924

2020年1月2日から1月4日まで正月休みを利用して第9次旧東海道徒歩の旅へ出かけています。この9次の歩行で、残っているJR草津線石部駅-手原駅間と、JR琵琶湖線大津駅-京都三条を歩行予定としていました。この旅で旧東海道を完歩する予定なのでした。

2020年1/1は日当直で、1/2は日記によると午前5:30分頃には宿直室で起床したようです。入れ替わりの人員が8:30分頃には姿を現したので、そのまま宮崎空港へ向かっています。午前9時過ぎには空港へ到着しています。当日の天候は、雲1つない晴れでした。

Dscf5927

1/2保安検査場前は長蛇の列です。正月休みを宮崎で過ごし、帰京ラッシュが始まっているようです。

Dscf5928

当方は、定刻11:15分宮崎発大阪行きのANA506便に搭乗します。搭乗までの時間は、新規領域の勉強をしていたようです。

Dscf5930

大阪伊丹空港に到着後、阪急電車-JR琵琶湖線に乗車し南草津駅まで移動しています。当日は、空港高速バスが渋滞状態だったので阪急-JRと電車を利用しています。日没まであまり時間がなかったので高速道路渋滞を回避したのでした。南草津のホテルに荷物を預け、再度、草津駅まで移動しています。草津駅14:57分柘植駅行きの電車に乗車し、前回到着駅である石部駅へ向かっています。

Dscf5931

こちらが、草津駅から石部駅まで乗車した電車です。忍者のラッピングがなされています。

Dscf5933

車両中ほどにも忍者の意匠があるのでした。甲賀、伊賀を意識したデザインのようです。

Dscf5935

だいたいの予定時間である15時半過ぎにJR草津線石部駅へ到着しています。1/2の歩行予定は、石部駅から手原駅までです。日没までに歩行できればと考えていました。

2020年12月13日 (日)

桜と椿の生長記録2020-2021---その1

Imgp2557

こちらは、当家に植樹されているロゼフローラです。直径4mm程度の蕾が既に付いています。2週間前程度から少しづつ、大きくなって来た印象です。

Imgp2559

こちらは、当家の河津桜です。こちらはまだまだ、これから蕾になるような小さな小さな膨らみです。今後の生長に期待しましょう。

Imgp2560

こちらは、カメリアファイヤーダンスの蕾です。こちらは、花自体が大柄なので、その蕾も大きいです。直径で1cm程度はあるでしょうか。

昨年までは樹木下の方の蕾を撮影していましたが、今回からやや上にある蕾を撮影しています。その方が、花の開花が早いからです。

さて、今朝も午前5:30分には起床し朝食を頂き、約3kmのjoggingへ出かけた後、シャワー、7:30分からがっちりマンデーを見て、毎日のroutine業務、そして上の写真を撮影しています。

宮崎は12月に入ってから未だ纏まった雨はありません。西高東低の気圧配置のためでしょうか、良い天気が続いています。今日も特に予定はありません。夕方にはいつもの温泉、サウナへ行っていることでしょう。

2020年12月12日 (土)

近所の散策2020---大雪過ぎ2

P1090520

こちらは、joggign course沿いで見つけたモミジです。赤く紅葉しています。

P1090526

すぐ近くには、こちらの紅葉過渡期にあるものもありました。黄色が混ざる赤といったところでしょうか。

 

さて、今朝は何と午前5時前に目が覚め、そのまま起床し朝食を頂き、毎日のroutine業務、少々、読書をして周囲が明るくなって来た午前7時過ぎから約3Kmのjoggingへ出かかています。その途中で、上の写真を撮影しています。

昨日以降、やや冷え込むようになり、朝には吐く息が白くなっています。今週末も特に予定はありません。新規領域の勉強をしたり、読書をしたり、パソコンの前で過ごすことになりそうです。

2020年12月11日 (金)

近所の散策2020---大雪過ぎ1

P1090508

こちらは、宮崎の冬の風物詩 大根櫓です。漬物用に大根を干すための櫓です。櫓の下の部分には、軽トラックが入るくらいの大きさです。

宮崎では、霧島おろしと呼ばれる風で大根を干すことになります。朝日を浴びている状況なので、全体的に赤い写真となっています。

P1090509

こちらの青の棚は、切干大根を干すものだと思います。

大根櫓が設置されると、宮崎では本格的な冬の到来となります。

2020年12月10日 (木)

仮想日本鉄道の旅---その60

02_20201207134301

2020年11月1日から11月30日までjoggingで120Kmを走りました。11月も100Km越えとなりました。いつものように、要は、jogging以外に他にすることがなく、走っていない日には、それなりの理由があったはずなのです。 

さて、今回の仮想乗車区間は、山陰本線倉吉駅から同出雲市駅まで乗車したと仮定します。この区間は距離114Kmとなります。料金は¥1980で乗り換え1回、乗車154分、その他10分、乗り継ぎを含めて合計2時間44分とのことです。合計24駅あるようです。残は36Kmとなります。前回の条件で乗車したとすると、倉吉駅発5:20分、米子駅6:23分着同駅6:42分発、出雲市駅8:04着とのことです。

この経路で知っているのは、米子、安来、松江、出雲という地名程度です。この付近では、2年程度前に安来近くの足立美術館へ行ったことがあります。9月頃だったでしょうか。秋の紅葉の時期に再度、行ってみたいものです。日本庭園の借景としている山が綺麗に紅葉していることでしょう。

Marathon20201102

さて、11月の万歩計の結果です。総歩行数は14.4万歩、消費カロリーは3512Cal、歩行距離は79.2Km、脂肪消費量は208gとのことです。万歩計の結果を見ると11/2以外は天候が良好でjoggingをしていたようです。

2020年12月 9日 (水)

2021年日記帳

Cimg8817

2021年の日記帳を入手しました。この20年来、使用している集文館小型横線当用日記です。

写真左が今年のもの、右が2021年用のものです。2020年のものは既に記載され日記帳が厚くなっています。2021年のものは未使用なので、2020年のものに比し薄い状態です。

2020年は新型コロナウイルス感染症流行の年となりました。2021年はこのウイルス克服の1年としたいものです。

2020年12月 8日 (火)

旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その203(最終回)

Dscf5914

第8次旧東海道頬の旅も無事終了することができました。今回の旅では旧東海道西の難所鈴鹿峠を無事通過することができました。峠通過の日は天候にも恵まれ旧東海道の完歩達成が現実味を帯びて来ました。完歩は次の機会にすることとしています。5/29午前10時過ぎには京都駅八条口付近に居ました。大阪伊丹空港まで高速バスに乗車するのが目的です。あわよくば予定していた便より早い飛行機に搭乗し、宮崎で散髪に行きたくなっていたのでした。

Dscf5915

高速バス乗り場付近です。いつも、こちらで登場する飛行機を聞かれます。航空会社によって大阪伊丹空港での降車場所が異なるからです。

Dscf5917

ANAのチェックインカウンターで搭乗機に変更をお願いしたことろ、2019年4月よりマイルで貯めた航空券では変更不可となったことを聞きました。残念です。仕方がないので、空港内に床屋さんがあることを思い出し、時間的にも充分余裕があるので、こちらの床屋さんで散髪することにしました。慣れない場所での散髪には抵抗があったのですが、少々、髪が伸び非常に気になっていたのです。若い人がcutしてくれたのですが、やはり、いつも行く床屋さんと比し、その鋏使いのリズムが異なるのでした。写真は、散髪が終了してから撮影しています。

Dscf5918

その後、レンタルしていたレンタルWiFiとモバイルバッテリーを返却すべく準備を始めました。

Dscf5922

上記の機材を、こちらのレターパックに入れて返送すれば良いのです。その後は、待合室にて読書をして待機していました。

Dscf5923

16:55分大阪伊丹空港発のANA509便に搭乗し、宮崎まで帰っています。第9次旧東海道徒歩の旅では、残された区間である石部-手原と大津-京都間を歩くことになります。2019年5月29の時点では、第9次の旅行日程は未定だったのでした。

2020年12月 7日 (月)

旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その202

Dscf5907

2019年5/24から5月恒例の旧東海道徒歩の旅へ出発しています。今回が第8次の旅となります。 今回の予定としては、三重県桑名市から滋賀県甲賀市付近までの徒歩を予定しています。5/27に今回の難所である鈴鹿峠を無事、通過することができホッとしていました。5/28は雨で歩行距離が延びていませんでした。そこで、最終日である5/29も早朝に起床し、1駅だけでも歩行を開始したのでした。 5/29午前9時過ぎにはJR草津石部駅に居ました。時刻表によると9:28分石部駅発の電車に乗車し、草津駅まで移動したようです。 

Dscf5908

JR草津線石部駅ホームです。草津駅方向を撮影しています。

Dscf5910

こちらが、石部駅の駅標となります。

Dscf5911

乗車する電車が来ました。草津線は、こちらのgreenの車両と通常の車両の2種類が運行しているようです。

02_20200621160501

5/29の歩行行程です。JR草津線甲西駅から石部駅まで歩行しています。GPSロガーによる歩行距離は4.69Kmで、1時間26分で歩行したようです。

Dscf5912

草津駅からは、9:43分発の電車に乗車し、荷物を預けているに南草津駅へ向かっています。1駅のみですので快速に乗車する必要性はありません。

Dscf5913

南草津駅周辺のホテルで荷物を受け取り、南草津駅9:56分発の快速電車に乗車し京都駅まで向かっています。乗車時間は20分程度です。

2020年12月 6日 (日)

近所の散策2020---小雪過ぎ3

P1090504

こちらもjogging course沿いで撮影したものです。大根が元気に生長しているようです。大根の葉が左右に元気よく広がっています。

白い大根の根部も見えています。

さて、今朝も午前5:45分には起床し、朝食を頂き、約3Kmのjoggingへ出かけています。その後、シャワーを浴び、7:30から「がっちりマンデー」を見て、毎日のroutine workを終え、現在の時間となりました。

昨日は、定期歯科受診と久々のクルマの洗浄に時間を取られてしまいました。今日は、自分のpaceで時を過ごそうかと思っています。

今朝の良いニュースは、はやぶさ2がリュウグウから持ち帰った砂を入れたカプセルが無事、オーストラリアの砂漠地帯に帰還したとのこと。

JAXAの研究所は、当方も居住したことがある相模原市(yhideさんもいる)にあるようです。JR横浜線相模原駅の近くにあるのかな。

はやぶさ2は、既に次なる探査軌道へ入ったとのこと。本当にご苦労さまでした。当方は、自分の課題に向き合います。

2020年12月 5日 (土)

近所の散策2020---小雪過ぎ2

P1090502

今朝7時頃に撮影したものです。当方のjogging course沿いにこちらの桜が開花していました。どうやら季節を間違えたようです。

しかも、数輪の開花ではなく満開状態なのです。こちらの桜は、

P1090503

ヒマラヤ桜と名札が付いていました。ヒマラヤは寒いので、この時期にも開花するのでしょうか?

P1090506

今日も天気は快晴のようです。jogging後、近所の公園から空を撮影しています。

さて、今週は非常に嫌なことが続きました。昨日は平穏に終了し、少々、ほっとしています。

今週末も自宅へ引きこもり、自分の時間を大切にしようかと思っています。さて、今朝も午前6時には起床し朝食を頂き、6時半過ぎから約3Kmのjoggingへ出かけています。その際に上の写真を撮影しています。ヒマラヤ桜が満開であることを発見し、何だか、今日は良いことがありそうな予感がします。

本日の予定は、8:30分からWeb会議へ参加(既に開始されている)、11:00から定期歯科受診となっています。午後もWeb会議へ参加予定です。

明日は特に予定はありません。まあ、夕方からの温泉行はいつものことです。

2020年12月 4日 (金)

旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その201

Dscf5899

2019年5/24から5月恒例の旧東海道徒歩の旅へ出発しています。今回が第8次の旅となります。 今回の予定としては、三重県桑名市から滋賀県甲賀市付近までの徒歩を予定しています。5/27に今回の難所である鈴鹿峠を無事、通過することができホッとしていました。5/28は雨で歩行距離が延びていませんでした。そこで、最終日である5/29も早朝に起床し、1駅だけでも歩行を開始したのでした。 5/29午前9時過ぎにはJR草津石部駅前に居ました。石部駅の駅前広場内に入っています。宿門のようなモニュメントの内側は公園風になっていました。 

Dscf5900

「歴史のまち いしべ」なる案内文がありました。「いしべは、古くから伊勢までの街道として栄え、江戸時代には「京たち、石部泊まり」としてにぎわった東海道五十三次の51番目の宿場町でした」とあります。その後は、劣化で判読困難です。

Dscf5901

敷地内には、歌碑のような石碑がありました。当方、和歌には全く興味がありませんので、読もうともしませんでした。

Dscf5903

石部駅前へ戻っています。「西庁舎、医療センター、宝来坂、石部高校」方向へは、30分に1本程度のバスの運行があるようです。

Dscf5904

駅舎に隣接するバス待合所兼観光案内所内へ入ってみました。石部宿のポスターがありました。

Dscf5905

「最盛期には216間の商家や62間の旅籠が軒を重ねていた石部宿。当時は伊勢路への街道として多くの人の往来でにぎわっていました。約36Kmある京都、石部間は、京都を朝出発すると、石部に夕方ごろ到着することから、「京立ち石部泊まり」といわれました」との案内です。

Dscf5906

さらに、今後、草津宿方面へ進むべき旧東海道の旧道と新道の案内もありました。旧道は写真左方向へ、新道は写真下方向から左方向へ向かうことになります。

 

2020年12月 3日 (木)

旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その200

Dscf5888

2019年5/24から5月恒例の旧東海道徒歩の旅へ出発しています。今回が第8次の旅となります。 今回の予定としては、三重県桑名市から滋賀県甲賀市付近までの徒歩を予定しています。5/27に今回の難所である鈴鹿峠を無事、通過することができホッとしていました。5/28は雨で歩行距離が延びていませんでした。そこで、最終日である5/29も早朝に起床し、1駅だけでも歩行を開始したのでした。 5/29午前8時半過ぎにはJR草津石部駅付近の旧東海道石部宿付近に居ました。田楽茶屋を過ぎて進行方向の旧東海道を撮影しています。旧街道特融の微妙な道幅です。 

 

 

Dscf5890

「石部宿 西の見附跡」の案内板がありました。「見附は、枡形城門の俗称で、番兵が通行人を見張ることろから見附と言われています。東の見附より西の見附の間が石部宿であり、宿場の街頭の出入り口にも見附が構築されたが、それは土手状のもので、石部宿の場合、東西2ケ所にありました。見附の西側には、目見改場が設けられていました」との記載です。

Dscf5891

この付近は、現在では石部西交差点というようです。

Dscf5893

石部西交差点から、進行方向を撮影しています。今回の歩行は、この石部宿西見附までとし、石部駅へ向かうことにしました。

Dscf5895

こちらが、JR草津線石部駅となります。生理的欲求が切迫状態となっていたため、慌ててトイレへ向かった記憶があります。

Dscf5896

石部駅前には、石垣の上に時計台がありました。

Dscf5898

そして、こちらのような宿場の門のようなモニュメントもあったのでした。少々、こちらを散策することにしました。

 

2020年12月 2日 (水)

旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その199

Dscf5880

2019年5/24から5月恒例の旧東海道徒歩の旅へ出発しています。今回が第8次の旅となります。 今回の予定としては、三重県桑名市から滋賀県甲賀市付近までの徒歩を予定しています。5/27に今回の難所である鈴鹿峠を無事、通過することができホッとしていました。5/28は雨で歩行距離が延びていませんでした。そこで、最終日である5/29も早朝に起床し、1駅だけでも歩行を開始したのでした。 5/29午前8時半過ぎにはJR草津石部駅付近の旧東海道石部宿付近に居ました。小島本陣跡から前方の旧東海道を撮影しています。当日は水曜日の朝でしたが、人通りは全くありませんでした。

Dscf5882

前方に現代風の常夜燈が見えてきました。「京へ 右 東海道」と記載された案内があります。

Dscf5883

看板に、「東海道石部宿田楽茶屋」との記載があります。

Dscf5884

案内板です。「石部宿は、東海道51番目の宿場町として栄えました。歌川広重が天保3年~4年(1832-1833)の時、とうかいどうを55枚の風景道中画で表し、田楽茶屋は石部宿の象徴として紹介されました。栗東の岡に「京いせや」。「こじまや」、「元いせや」の3軒の代表的な田楽茶屋があり、ここは平成14年旧石部町制100周年記念事業として再現されました」との記載です。

Dscf5885

次は、「鉤の手道」の案内です。「京都方面から来て、見附を過ぎると街道が鉤の手に2ケ所設置されていて、敵がむやみに侵入しにくい構造になっていた。石部宿には街道の8ケ所の交差点があったが、宿内を見渡せない透見遮断で防御の役割をはたした」とあります。

Dscf5886

こちらのT字路が、その鉤の手道かと勝手に推測するのでした。

Dscf5887

交差点には、なかり劣化した旧東海道の案内があるのでした。勿論、道が判れば良いので充分、助かります。

2020年12月 1日 (火)

世界の果てまでイッテQのカレンダー---2020年12月

Iq20201201_20201128160801

世界の果てまでイッテQのカレンダー2020年12月は、草刈正雄さんとイモトアヤコさんの「笑う珍獣クオッカ」です。本当に、左の動物が笑っているかのようです。

オーストラリアで撮影されたようです。勿論、こちらのon airも見ていません。近くの温泉へ行っていたからです。

当方の世代では、草刈正雄さんは絶対的な二枚目でした。同姓同名の人が、高校同級生にいたような記憶がありますが、同じクラスになったことはなく、話もしたことがないので、記憶も曖昧です。

さて、とうとう2020年最後の月となりました。2020年正月には未だ対岸の火事であった新型コロナウイルス感染症が、2月頃だったでしょうかクルーズ船内で発生したことが報道され、年末まで、この感染のニュースで明け暮れることになりました。

どうにか、皆の力でこの感染症を乗り越え、少しでも明るい未来が来ることを願っています。宮崎でも11月下旬にクラスターの発生が報道されています。12月、感染が拡大しないことを祈念しています。

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック