« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月31日 (日)

福岡空港

20210131171451

予約していたANA便が欠航となり、JAL便で宮崎へ帰ります。ANA便は早くから予約していたので格安でしたが、急遽、JAL便を予約したので割高となりました。よく考えば、振替が可能だったはずです。まあ、良いか。

今日の会場

20210131084115

今日の会場は、福岡商工会議所です。夕方まで拘束されます。

今回のホテル

20210131083021

今回、宿泊したホテルはいつもの西鉄クルーム博多です。

2021年1月30日 (土)

宮崎空港

2021013011123020210130110433

宮崎空港へ来ています。所用で福岡へ飛びます。空港の駐車場は、ガラガラ状態です。12時15分発のANAプロペラ機に搭乗します。

近所の散2021---大寒過ぎ3

P1090564

こちらは、先程、撮影した近所の子ヤギです。子ヤギのはすですが、やはり成長していて今日は何だか大きく見えます。

声を掛けると、当方が見ている目の前で柵を乗り越え、近くまで来てくれました。

P1090566

近所の公園です。日の出からあまり時間が経っていないので、電信柱の近くにお月さまが白く見えました。放射冷却で、かなり冷え込んでいます。

さて、今朝は少々、寝坊をして午前5:40分頃に起床しています。朝食を取り、毎日のroutineを実施し、午前7時過ぎから約3Kmのjoggingへ出かけています。周囲が明るくならないと、子ヤギを観察することが出来ないので、明るくなってから走りました。

今週末の予定は、本日昼過ぎの飛行機に搭乗し、感染拡大地域へ往復します。帰宅は明日の夜です。新型コロナウイルス感染症に感染しないよう十分に留意しようと思っています。

2021年1月29日 (金)

今日の昼食

2021012912514020210129124048

今日の昼食は、都農町の縁と言うラーメン屋さんでシナそば醤油を頂きました。

2021年1月28日 (木)

今日の昼食

Img_2592

今日の昼食です。牛肉と春雨炒め、ピーナッツ和え、あさりと豆腐スープ、バナナ、ご飯です。

美味しく頂戴しました。

2021年1月27日 (水)

旅の思い出---第9次旧東海道徒歩の旅 東海道完結編---その10

Dscf6014

2020年1月2日から1月4日まで正月休みを利用して第9次旧東海道徒歩の旅へ出かけています。この9次の歩行で、残っているJR草津線石部駅-手原駅間と、JR琵琶湖線大津駅-京都三条を歩行予定としていました。この旅で旧東海道を完歩する予定なのでした。

2020年1月2日午後3時過ぎにはJR草津線石部駅を出発し手原駅を目指して旧東海道を歩いていました。1/2午後4時過ぎには、現在の滋賀県栗東市地蔵尊付近の旧和中散本舗付近に居ました。和中散本舗前には、こちらの案内板がありました。「国指定名勝 大角氏庭園」とあります。お庭が国指定の名勝となっているようです。

Dscf6015

同様に、「重要文化財 大角家住宅隠居所」なる案内板もありました。こちらの建物も貴重なようです。

Dscf6016

付近には、渡り廊下のような場所があり、屋根まで装備されていました。奥にはお堂のような建物もあります。和中散という薬剤で財をなしたのでしょう。

Dscf6017

軒下の表札には、「大角」なる文字が見え、現在でも居住されているようです。

Dscf6018

「重要文化財 旧和中散本舗」を指し示す大きな案内板もありました。

Dscf6020

判り難いのですが、木製壁には「見学は予約制です」と記載されています。

Dscf6021

軒下には、「根木梅木 本家ぜさい」との看板があります。「ぜさい」については後のブログに記載します。どうやら、薬剤の名称のようです。

 

2021年1月26日 (火)

栗林忠道

Photo_20201229134901

今回は、こちらの本を選択しています。柘植久慶氏の「栗林忠道---硫黄島の死闘を指揮した名将」です。本のカバーには以下のように紹介されています。

太平洋戦争屈指の激戦だった硫黄島をめぐる戦い―。米軍の進撃を阻止し、少しでも本土決戦を遅らせるため死力を尽くして戦った日本側の指揮官、それが栗林忠道中将である。兵力・物量ともに圧倒的有利な米軍に対して彼は“徹底的な持久戦”を挑み、最期の最期まで大打撃を与え続けた。今なお日米双方から“最も優秀な指揮官”として高く評価される名将の戦いを克明に描く。

こちらの本でも、気になって付箋を貼付した箇所を抜粋してみましょう。

日本陸軍もノモンハンでソ連戦車に圧倒されながら、その事実を隠して強力な戦車を開発しようとしなかった。本文、p40。

危険な任地へは懲罰人事のような辞令を発し、伝手のある者は安全な後方へと転じてゆく。そうなった時の軍隊はもう赤信号が灯ったも同然だった。本文、p137。

アメリカ海兵隊という軍は、全員が志願兵によって編成されている。本文、p247。

何年か前、「硫黄島からの手紙」という映画があったと思います。映画自体は見ていないのですが、その宣伝の際に栗林忠道司令官の事を知りました。古本屋さんを散策している際に見かけたので、こちらの本を取得しています。

ただ、残念だったのは、こちらの本は硫黄島の戦いに関しての記載であって、栗林忠道氏自体の記載は多くはありません。当方としては、栗林忠道氏の人柄が知りたかったのです。

2021年1月25日 (月)

旅の思い出---第9次旧東海道徒歩の旅 東海道完結編---その9

Dscf6007

2020年1月2日から1月4日まで正月休みを利用して第9次旧東海道徒歩の旅へ出かけています。この9次の歩行で、残っているJR草津線石部駅-手原駅間と、JR琵琶湖線大津駅-京都三条を歩行予定としていました。この旅で旧東海道を完歩する予定なのでした。

2020年1月2日午後3時過ぎにはJR草津線石部駅を出発し手原駅を目指して旧東海道を歩いていました。1/2午後4時過ぎには、現在の滋賀県栗東市林付近の長徳寺前を通過しています。前方に、「東海道六地蔵村和中散屋 ぜさい東店」なる看板を掲げた民家がありました。この時点では、この和中散屋が何かを知ってはいません。

Dscf6008

さらに前方には、南無地蔵菩薩なる幟を掲げる場所があり、写真右には六地蔵地蔵尊との文字も見えます。

Dscf6009

燈篭の後ろには、こちらの案内板がありました。「木造地蔵菩薩立像」との表題です。説明文によると、平安時代(10世紀)ころの作の檜の一木造の菩薩像があるようです。像高96.5cmとの記載もあります。

Dscf6010

更に後ろの石碑には、「国宝 地蔵尊」との文字も見えます。

Dscf6011

内側には、こちらの写真のような立派な地蔵堂があるのでした。さすが、国宝のことだけはあります。勿論、地蔵菩薩像は見えませんでしたが。

Dscf6012

地蔵尊を通過し、先に進みます。前方に立派な和風家屋が見えて来ました。

Dscf6013

傍示石には、「史蹟 旧和中散本舗」との記載があります。徳川家康の腹痛を治した薬屋さんのようです。間の宿としての、休憩にも使用されたようです。

2021年1月24日 (日)

桜と椿の生長記録2020-2021---その7

Imgp2591

当家の桜と椿の生長記録です。先週、花を付けていたフロゼフローラですが、花は落下したようです。昨日からの雨で椿の蕾には水滴が付着しています。

Imgp2593

河津桜の方は、一向にその生長を停滞させているようです。全くといっていいほど、変化がありません。

Imgp2594

カメリアファイアーは、蕾の先端がやや赤くなって来た印象です。

 

さて、昨日から今日に掛けて比較的まとまった雨が降っています。今朝も午前5:30分には起床して、朝食を頂き、毎日のroutine業務をした後、少々、文庫本を読み、7:30分からがっちりマンデーをみていました。先ほど、上の写真を撮影しています。

宮崎県も県独自の緊急事態宣言下にあり(1/22までの予定でしたが、2/7まで延長)、週末の日帰り温泉も閉鎖されているようです。

まあ、自宅で大人しくしておく方が良いようです。新規領域の勉強、読書等で時間が経過しそうです。

 

2021年1月23日 (土)

散髪

20210123100054

今日は午前9時から散髪に行ってきました。約10日前から襟足付近の髪が伸び、気になっていたからです。
寒い時期でもあるので、風邪を引きそうであまり髪を切りたくはなかったのですが、仕方がありません。
さて、昨日は非常に暖かく、日中、クルマに乗車中は外気温が21℃もあり、暖房ではなく冷房が必要かと思いました。
今日も午前6時前には起床し、朝食を頂き、毎日のroutineを実施した後、曇天のなかを約3Kmのjoggingへ出かけています。
その後、シャワー、少々、文庫本を読み、ほんのチョット、新規領域の勉強をした後に散髪へ向かっています。
床屋さんとの会話では、近くの中学校で新型コロナウイルス感染症の生徒さんが1名居たとか。こちらの感染症も本当に身近なものとなって来ました。
週末の天気予報は芳しくありません。まあ、特に予定はないので構わないのですが。

2021年1月22日 (金)

今日の昼食

2021012212441420210122123040

今日の昼食は、都農町秀乃屋さんで肉うどんとなすの天ぷらを頂きました。

2021年1月21日 (木)

今日の昼食

Img_2591

今日の昼食です。豚肉の卵とじ、豆苗と大根和え、はんぺい汁、バナナ、ご飯です。

美味しく頂きました。

2021年1月20日 (水)

義経---下巻

Photo_20201226143301

今回は、前回に引き続きこちらの本を選択しています。司馬遼太郎氏の「義経下巻」です。本のカバーには、以下のように紹介されています。

義経は華やかに歴史に登場する。木曽義仲を京から駆逐し、続いて平家を相手に転戦し、一ノ谷で、屋島で、壇ノ浦で潰滅させる…その得意の絶頂期に、既に破滅が忍びよっていた。彼は軍事的には天才であったが、あわれなほど政治感覚がないため、鎌倉幕府の運営に苦慮する頼朝にとって毒物以外の何物でもなくなっていた。

こちらの本でも気になって付箋を貼付しか箇所を抜粋してみましょう。

朝廷が時勢時勢に乗ってくる権勢家の骨をぬくには、位をどんどん高めてやればよい。公家のあいだではこれを「位打ち」という隠語でよんでいた。p19、本文記述。

三種の神器は、ふるい時代から皇室に伝承されている。崇神帝のとき、その神器を分散して神体としてまつった。のち鏡は伊勢神宮に、剣は熱田神宮に、まが玉は宮中に、とそれぞれ奉安した。p56、本文記述。

 

三種の神器が、伊勢神宮、熱田神宮にあることは知りませんでした。

こちらの本を読書して、義経が悲劇のheroではなく、好色で政治的痴呆者であることを初めて知りました。義経に関して、知ってるつもりでいましたが、大きな間違いだったようです。

 

 

2021年1月19日 (火)

カイロ

Imgp2582

最近は、寒くってカイロを利用しています。写真右は貼るカイロです。毎朝、出勤時に下着の腰部分に貼付しています。夕方まで暖かいのです。今回はエステーのカイロを選択しています。アイリスオオヤマさんのカイロは少々、頂けません。そのプラ袋が一度に破れないのです。改善して欲しいものです。桐灰さんのものは一機に取り出すことが可能です。

写真右は貼らないカイロです。こちらは、上着やズボンのポケットに入れます。手を温めるのに丁度、良いのです。桐灰さんの袋にもhand warmerと記載されています。

今後、どちらのカイロが当方に合っているのか、調査してみようと思います。

2021年1月18日 (月)

旅の思い出---第9次旧東海道徒歩の旅 東海道完結編---その8

Dscf5998

2020年1月2日から1月4日まで正月休みを利用して第9次旧東海道徒歩の旅へ出かけています。この9次の歩行で、残っているJR草津線石部駅-手原駅間と、JR琵琶湖線大津駅-京都三条を歩行予定としていました。この旅で旧東海道を完歩する予定なのでした。

2020年1月2日午後3時過ぎにはJR草津線石部駅を出発し手原駅を目指して旧東海道を歩いていました。午後4時過ぎには、前方に鐘撞堂を持つ立派なお寺さんが見えて来ました。長徳寺とのことです。

Dscf5999

長徳寺の手前には、薬師如来堂もありました。燈篭の横には何か石碑のようなものがあります。接近します。

Dscf6001

石碑には、上野夜雨との記載があり、その右側には漢詩のようなものがあります。当方は、漢詩には興味がなく、その下の現在地が気になったのです。

Dscf6002

下の部分を拡大して撮影してみます。現在地の右には、上野夜雨(林)とあり、その更に右には伊勢落晴嵐(伊勢落)とも記載されています。これらは集落の名称なのでしょうか?

Dscf6004

薬師如来堂の横には、「生涯学習都市宣言のまち ここは林」とあります。少なくとも、林というのは集落の名称なのだと納得しています。

Dscf6005

薬師如来堂の少々、先には、常夜灯と古い傍示石がありました。写真左上には、「新善行寺まで300m」の青い看板があります。ここで、新善行寺とは、例の長野県にある善行寺とは別物であることを認識しました。

Dscf6006

新善行寺道との記載の横には、是より一町?と刻まれていました。新善光寺については、こちらを参照して下さい。こちらは滋賀県栗東市林にある九品山新善光寺というようです。

2021年1月17日 (日)

桜と椿の生長記録2020-2021---その6

Imgp2588

こちらは、ロゼフローラです。生長観察している個体の下のものが開花しました。

Imgp2589

河津桜はあまり変化がないようです。

Imgp2590

カメリアファイアーダンスの蕾にも変化がないようです。

 

昨日、昼過ぎに非常に嫌な報告があり、全くの虚無感に襲われています。昨日の昼以後、生産的なことは何もしていません。

今日も全く同様です。

 

 

2021年1月16日 (土)

近所の散策2021---小寒過ぎ2

P1090556

今日は、大学入学共通テスト初日とのことです。自宅近くの宮崎大学木花キャンパスにも試験会場である立て看板が設置されていました。

例年、この看板前には北九州予備校のスタッフ達が受験生応援目的でたむろしているのですが、今年は不在です。

 P1090555

大学正門前の樹木にも、例年であれば受験生激励のポスターが設置されているのですが、今年はやはりありません。

P1090558

大学駐車場には、各高校が受験生送迎用にチャーターした大型観光バスが駐車中でした。

新型コロナウイルス感染症蔓延のなか、受験生にとっては余計な神経を配る今回の受験となりましたが、是非とも本来の実力を発揮して欲しいものです。これらの写真は午前7:40分頃に撮影したものです。

今朝は少々、寝坊をして午前5:50分頃に起床しています。朝食を頂き、毎日のroutine業務を実施し、週末のruotine業務を実施してから、周囲が明るくなるのを待って約3Kmのjoggingへ出かけています。その途中に上の写真を撮影しています。

今日、明日はやや暖かい天気予報です。受験生にとっては、チョットばかりのエールになりそうです。

当方は、いつもの週末の予定ですが、宮崎県独自の緊急事態宣言が発出されており、温泉サウナは休業中で自宅で入浴となりそうです。

2021年1月15日 (金)

今日の昼食

2021011512385220210115123530

今日の昼食は、児湯郡川南町の粋孝で海鮮丼を頂きました。

2021年1月14日 (木)

今日の昼食

Img_2588

今日の昼食は、仕事場が準備してくれます。メニューは、中華煮、おひたし、エビボールスープ、バナナ、ご飯です。

美味しく頂きました。

2021年1月13日 (水)

仮想日本鉄道の旅---その61

2_20210104085601

2020年12月1日から12月31日までjoggingで129Kmを走りました。12月も100Km越えとなりました。いつものように、要は、jogging以外に他にすることがなく、走っていない日には、それなりの理由があったはずなのです。 

さて、今回の仮想乗車区間は、山陰本線出雲市駅から益田駅まで乗車したと仮定します。この区間は距離130Kmとなります。料金は¥2310で乗り換えなし。乗車時間は2時間38分とのことです。合計19駅あるようです。残のうち1Kmを使用します。残は35Kmとなります。前回の条件で乗車したとすると、出雲市駅発8:06分、益田駅10:44着とのことです。快速アクアライナーが走っているようで、特別料金は発生しないようです。

この経路で知っている地名はありませんし、行ったこともありません。海沿いの路線ですので、乗車しながら車窓から海を見ていると気持ちが良いかもしれません。一同、乗車してみたいものです。

 

 20201202

さて、12月の万歩計の結果です。総歩行数は14.8万歩、消費カロリーは3630Cal、歩行距離は81.8Km、脂肪消費量は214gとのことです。12/28は万歩計の電池切れで記録が残っていません。このように毎日、走っているので天候が良かったのでしょう。

202002

ここで2020年の1年間のまとめをしてみましょう。総歩行数は171.3万歩、消費カロリーは41000Cal、歩行距離は940Km、脂肪消費量は2489gとのことです。2020年もよく走りました。まあ、他にすることがないので仕方がありません。

2021年1月12日 (火)

眼鏡新調

Imgp2576

年末に新調した眼鏡が出来てきました。やはり、運転時の眼鏡は予備が必要だと考えたからです。

眼鏡店でフレームを物色していると、「お似合いです。知的にお見えです」と店員が声を掛けてきました。

「知的にお見えです」という言葉は、本来は知的ではないけれど、そのように見えるという意味合いのはずです。

「まあ、良いか」と思いこちらのフレームを選択しています。conceptは、通常の方ならより若く見えるようにと考えるでしょうが、当方は「お爺ちゃんらしく見える」フレームをと考えていました。

blue light cutレンズが無料で選択できるとのことで、blue light cut仕様にして頂きました。

遠近両用ですが、まあ、安物です。分相応といったことろでしょうか

2021年1月11日 (月)

旅の思い出---第9次旧東海道徒歩の旅 東海道完結編---その7

Dscf5990

2020年1月2日から1月4日まで正月休みを利用して第9次旧東海道徒歩の旅へ出かけています。この9次の歩行で、残っているJR草津線石部駅-手原駅間と、JR琵琶湖線大津駅-京都三条を歩行予定としていました。この旅で旧東海道を完歩する予定なのでした。

2020年1月2日午後3時過ぎにはJR草津線石部駅を出発し手原駅を目指して旧東海道を歩いていました。午後4時過ぎには、歩行時間的には、恐らく石部駅と手原駅の中間地点付近に到着していたはずです。日向山真教寺前を通過します。

Dscf5992

お寺さんを通過すると、「東海道伊勢落村油屋 伊賀屋藤兵衛」なる看板を掲げる家がありました。親近感を覚えます。

Dscf5993

「伊賀屋藤兵衛」を掲げるお宅の全景です。現在は一般民家のようです。

Dscf5994

先に進むと、「新善光寺道」と刻まれた石碑がありました。長野県にある善光寺まで通じているのでしょうか?

Dscf5995

この石碑も、純和風家屋の横に存在しているのでした。

Dscf5996

日没を心配しながら、旧東海道を急ぎます。日没までに手原駅まで到着したいのです。

Dscf5997

「東海道林村 甘酒屋」の看板を掲げるお宅がありました。集落が変わったようです。

2021年1月10日 (日)

桜と椿の生長記録2020-2021---その5

Imgp2583

こちらは、ロゼフローラです。その蕾は先週に比しやや生長しているようです。短径は7-8mm程度でしょうか。

例年通り、こちらの椿の方が早く開花しそうです。

Imgp2586

河津桜の蕾です。こちらは、その生長が遅遅としているようです。まあ、ゆっくりと見守ることにしましょう。

Imgp2587

カメリアファイアーの方は、相変わらずです。蕾は最も大きく、短径で10mmを越しているはずです。

さて、今朝も午前5:30分には起床し、朝食を頂戴し、毎日のroutine業務をしてから、周囲が明るくなるのを待って約3Kmのjoggingへ出かけています。その後、シャワーを浴び、新規領域の勉強を少々、していました。

資源ゴミを片付け、今の時間となっています。今日も冷え込んでいます。北向きの旧子供部屋で新規領域の勉強をしているのですが、やはり、北向きなので寒いのです。ファンヒーターを使用しているのですが、あまり暖かくなりません。どうも、温度設定の部位が不具合を出しているようです。違うファンヒーターを使用すると、暖かくなりました。温まらいファンヒーターは30年来使用しているものですので、まあ、壊れていても仕方がありません。

今日も特に予定はありません。宮崎県下には県独自の緊急事態宣言が発出されていますが、ひょっとすると夕方に近くの温泉へ行っているかもしれません。

2021年1月 9日 (土)

近所の散策2021---小寒過ぎ1

P1090553

こちらは、自宅近くにいる子ヤギです。本日、午前8時過ぎに撮影しています。最近、こちらの子ヤギは柵内から外へ出て草を食んでいます。

ということで、柵がない状態で撮影することができます。声を掛けたのですが、手前には来てくれませんでした。

さて、今朝も午前5時頃には起床し、朝食を頂き、毎日のroutineを実施しています。外が余りにも寒かったでの、明るくなった午前8時過ぎから約3Kmのjoggingへ出かかています。その後、シャワー、Zoomでの会議参加の準備をしていました。

Zoomでの会議を聞いているうちに、今の時間となりました。午後になり、漸く、少々、暖かくなって来たようです。まあ、冬なので仕方がありませんね。

2021年1月 8日 (金)

今日の昼食

20210108123910

今日の昼食は、おぐらチェーンレストランつので、ちゃんぽんを頂きました。おぐらチェーンの定番です。

2021年1月 7日 (木)

今日の昼食

Img_2587

今日の昼食は、仕事場が準備してくれます。本日のメニューは、七草粥、鮭のテリ焼き、いかと里芋煮、ごま豆腐、干支まんじゅうです。

美味しく頂戴しました。

2021年1月 6日 (水)

旅の思い出---第9次旧東海道徒歩の旅 東海道完結編---その6

Dscf5981

2020年1月2日から1月4日まで正月休みを利用して第9次旧東海道徒歩の旅へ出かけています。この9次の歩行で、残っているJR草津線石部駅-手原駅間と、JR琵琶湖線大津駅-京都三条を歩行予定としていました。この旅で旧東海道を完歩する予定なのでした。

2020年1月2日午後3時過ぎにはJR草津線石部駅を出発し手原駅を目指して旧東海道を歩いていました。午後4時前には、名神高速道路をアンダーパスして新道と古道が合流する場所を通過しています。こちらが、これから進む旧東海道となります。

Dscf5983

弁天山徳生寺前を通過します。やはり、旧街道沿いには神社仏閣が多いようです。

Dscf5984

栗東市伊勢落という集落へ到着したようです。こちらは、「生涯学習都市宣言のまち」とのことです。 Dscf5986

伊勢落のバス停がありました。時刻表を確認してみます。草津駅行きと石部駅行きがあるようですが、本数は少ないようです。まあ、都会のようにはいきません。

Dscf5987

バス停付近には、丁度、バスが待機しているのでした。

Dscf5988

表札の横に、「東海道伊勢落村牛乳商 塚本博愛堂跡」なる看板がありました。いつから牛乳商ってあるのでしょうか?

明治時代以降と思いますが(個人の感想です)。

Dscf5989

こちらが、牛乳商跡の現在の全景です。一般の民家のようです。

2021年1月 5日 (火)

炬燵ヒーターユニット交換

P1090543

愚妻が、「炬燵が暖かくならない」と言って来ました。そういえば、何だか最近、全然、暖かくないのですが、「そんなものかなー」なんて鈍感な当方は思っていました。布団をめくり、スイッチを入れても赤くなりません。愚妻の言うようにヒーターユニットが壊れたようです。

ということで、EDIONでヒーターユニットを購入して来ました。コイズミ産業さんの、「交換用コタツ用ヒーターユニットKHH-5180」という型番のようです。

P1090544

こちらが、取り付け後の写真です。難しいことはありません。4ケ所を付属するネジで固定するのみです。

今回のユニットは、手元コントローラー着きなので、手元でヒーターの温度管理ができます。布団をめくる必要はありません。ちょっと、進化しました。

しかし、昨夏のエアコン故障2台、今冬の炬燵ヒーター故障といい、当家では空調器具がその役割をあまり果たしてくれません。

2021年1月 4日 (月)

旅の思い出---第9次旧東海道徒歩の旅 東海道完結編---その5

Dscf5970

2020年1月2日から1月4日まで正月休みを利用して第9次旧東海道徒歩の旅へ出かけています。この9次の歩行で、残っているJR草津線石部駅-手原駅間と、JR琵琶湖線大津駅-京都三条を歩行予定としていました。この旅で旧東海道を完歩する予定なのでした。

2020年1月2日午後3時過ぎにはJR草津線石部駅を出発し手原駅を目指して旧東海道を歩いていました。午後3時半過ぎには五軒茶屋橋を通過しています。旧東海道とクロスする立派な道路は、現在の国道1号線のようでした。

Dscf5971

宮川橋を渡り、国道1号線をアンダーバスします。

Dscf5972

この付近では、旧東海道はJR草津線と並走するようになっています。こちらの踏切をpassして前方に進みます。

Dscf5974

何か配電ボックスのようなものがありました。「琵琶湖流域下水道 管渠流量計 五軒茶屋」とあります。どうやら、この付近で水量を計測しているようです。

Dscf5977

草津付近の特徴的な二子山のような山が見えます。恐らく、近江富士とも呼ばれる三上山だと思います。

Dscf5978

さらにこちらの旧街道を京都方向へ進みます。再度、前方に立派な道路があるようです。名神高速道路のようです。

Dscf5979

名神高速道路を潜り抜けると、新道と合流することになります。こちらが新道となります。

 

2021年1月 3日 (日)

桜と椿の生長記録2020-2021---その4

Imgp2577

当家の桜と椿の生長記録です。こちらはロゼフローラです。先週に比し、少々、その蕾が大きくなった印象です。樹木の上の方で、気の早いものは既に開花しています。

Imgp2578

こちらは、河津桜の蕾です。こちらは先週と全く変化がないようです。

Imgp2579

こちらは、カメリアファイアーダンスです。こちらも、大きな変化はありません。

さて、今朝も午前5時頃には自然と目が覚め、朝食を頂き、毎日にroutine workをしてから、がっちりマンデーの放送がないことを確認した後、約6Kmのjoggingへ出かけています。朝は勿論、寒いのですが、まあ、頭と体の目覚ましのような行事です。久しぶりに連続で6Kmを走りました。以後、シャワーを浴び、新規領域の勉強をしています。10時半過ぎから妻と連れ立って、近所の加江田神社まで初詣に行って来ました。

明日から日常業務の再開です。今夕は、いつもの週末のように近場の温泉へ行っていることでしょう。

2021年1月 2日 (土)

新居---父ヤギの小屋

P1090539

jogging course沿いで飼育されているヤギの新居です。父ヤギが写真中央やや左に座っています。その右側に小屋があります。

写真左側には壁がなく、右側には壁があります。実は、右側は西側となり、冬のこの時期、霧島降ろしという西風が吹くのです。この霧島降ろしは大根干しにも重要で、霧島降ろしが吹くと約1日で大根干しが完了するようです。

ということで、飼育している人が西風を遮るように西側のみに壁のある小屋を作ったようです。優しい飼育者さんのようです。

2021年1月 1日 (金)

何の変哲もないカレンダー2021年1月

202101

謹賀新年

2021年の当家のカレンダーは、何の変哲もないカレンダーです。写真はスイスのマッターホルンとのことです。

最近では、世界の果てまでイッテQも殆ど、視聴することがなくなり、通常のカレンダーを選択したとの妻の弁です。

さて、今朝も午前5時過ぎには起床し、朝食後、暗い中、約3Kmのjoggingへ出発し、その後、シャワーを浴び、毎日のroutine業務を済ませ、仕事場へ出勤しています。明日の朝まで仕事場に拘束されます。

2021年の幕開けです。今年は、新型コロナウイルス感染症が終息し、通常の生活に戻れることを祈念しております。

皆様にとって2021年が良い年になりますように。

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック