« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月31日 (水)

夏草の賦---上巻

01_20210325115501

今回は、こちらの本を選択しています。司馬遼太郎氏の「夏草の賦---上巻」です。本のカバーには以下のように紹介されています。

英雄豪傑が各地に輩出し、互いに覇をきそいあった戦国の世、四国土佐の片田舎に野望に燃えた若者がいた。その名は長曽我部元親。わずか一郡の領主でしかなかった彼が、武力調略ないまぜて土佐一国を制するや、近隣諸国へなだれ込んだ。四国を征服し、あわよくば京へ…。が、そこでは織田信長が隆盛の時を迎えんとしていた。

まず、題名にある「賦」の意味がよく分かりません。Wikipediaでは、中国韻文における文体中世日本における訴訟手続き方法

が紹介されています。どちらも合致しないような印象です。著者はどういう意味を込めたのでしょうか?

 

さて、こちらの本でも付箋を貼付した箇所を抜粋してみましょう。

土佐は鬼国であるという。人のかわりに鬼が棲む、といわれるほどに人間社会から遠い感じがする。本文, p13。

日本の中央の京などからみれば土佐は流人でもいやがる大田舎かもしれないが、本文, p44。

元親は、臆病者こそ智者の証拠であり、臆病こ智恵のもとである、といった。本文、p93。

いくさに勝つということは、さほど難しいことではない。勝つ準備が敵よりもまさっていればもうそれで勝てるのだ。本文, p109。

「よく知るものは、よく謀ることができる」元親の言葉, p181。

「柿も熟すれば落つ。事というものはときに策をもちいずとも自然を待つほうがいい場合がある」元親の言葉, p198。

うそは、誠実につかねばならない。だまそうとする場合、誠心誠意だまさねば。必要なら相手と心中するほどの覚悟でだまさねばだませるもおではないことを信長は知っていた。本文, p301。

秘書官がいかに有能であれ、いや有能であればあるほど、その弊害も大きいであろう。森蘭丸の件で、本文, p311。

 

土佐に関しては、さんざんな記載ですね。ちょっと、可哀そうです。こちらの本を選択したのは、当方があまりに四国の歴史や長曾我部元親ことに関して知らなかったからです。周知のように、この後、山内一豊が土佐に封じられます。このことが、激動の幕末に坂本龍馬に代表される土佐の大きなpowerの源流となるのでした。久しぶりに古本ではなく、新しい本をアマゾンで購入しています。

2021年3月30日 (火)

旅の思い出---第9次旧東海道徒歩の旅 東海道完結編---その19

Dscf6091

2020年1月2日から1月4日まで正月休みを利用して第9次旧東海道徒歩の旅へ出かけています。この9次の歩行で、残っているJR草津線石部駅-手原駅間と、JR琵琶湖線大津駅-京都三条を歩行予定としていました。この旅で旧東海道を完歩する予定なのでした。

2020年1月3日午前7時過ぎにはJR琵琶湖線大津駅前を散策していました。JR大津駅周辺案内図がありました。取りあえず、見てみます。Dscf6092

現在地は、勿論、JR大津駅前となります。写真上に「露国皇太子遭難地の碑」との記載があります。旧東海道沿いのはずです。こちらは、是非とも訪れたい場所です。吉村昭氏の小説「ニコライ遭難」を読書したことがあるからです。

Dscf6093

案内板の北部へ目を移してみましょう。京阪びわ湖浜大津駅があります。本日、復路は、わざと遠回りをしてこちらの駅を経由して南草津駅まで戻る予定としています。チョット、魂胆があります。

Dscf6094

午前7時過ぎにJR大津駅前を出発しました。横断歩道を通過し、再度、駅方向を撮影しています。駅の背部にはホテルのような建物がありました。

Dscf6095

駅前広場京都寄りには、タワマンのような建物があります。

Dscf6096

駅前広場を出発して直ぐに、京町3丁目付近まで到着しています。案内の副題は、華階寺前です。旧東海道は、京町3丁目付近にあったはずの記憶がありました。

Dscf6097

下の地図で現在地を確認します。旧東海道は、青い線で記載されています。さらに琵琶湖側に旧東海道があるようです。さらに北上します。

2021年3月29日 (月)

旅の思い出---第9次旧東海道徒歩の旅 東海道完結編---その18

Dscf6082

2020年1月2日から1月4日まで正月休みを利用して第9次旧東海道徒歩の旅へ出かけています。この9次の歩行で、残っているJR草津線石部駅-手原駅間と、JR琵琶湖線大津駅-京都三条を歩行予定としていました。この旅で旧東海道を完歩する予定なのでした。

2020年1月3日午前6時半過ぎにはJR秘話古銭南草津駅を週発しています。こちらは、宿泊していたホテルを出た南草津駅北口駅前広場を撮影しています。午前7時前ですが、周囲はまだ、完全には明るくはなってはいませんでした。コンビニで朝食を購入しています。

Dscf6084

南草津駅からはは6:44分発姫路行の普通列車に乗車し、大津駅方向へ向かっています。列車内で朝食を頂戴しました。まあ、正月三が日の早朝なので、乗客は多くはないのです。

Dscf6086

大津駅に到着しました。こちらは、乗車して来た電車が大津駅を離れることろを撮影したものです。ピンボケとなってしまいました。

Dscf6088

改札口方向へ向かうと、こちらの案内がありました。大津駅は丁度、北緯35度に位置するようです。このような、地理的内容は嫌いではありません。勿論、撮影しました。

Dscf6089

午前7時前の大津駅前広場です。周囲がかなり明るくなって来ました。天気にも恵まれたようです。今日で旧東海道を完全歩行できそうです。今日の難所は、逢坂山でしょうか。

Dscf6090

こちらが、大津駅の駅舎となります。小奇麗で近代的な駅舎となっています。第6次の歩行の際、写真右方向のちゃんぽん屋さんでチャンポンを食したことを思い出しました。美味しかったです。

2021年3月28日 (日)

近所の散策2021---春分過ぎ2

P1090638

当家裏庭に植樹されているしゃくなげです。満開となりました。こちらの植物は成長が速いようです。1週間たらずで、蕾から満開となりました。

さて、今朝も午前5時30分頃には起床し朝食を頂き、毎日のroutine workをしています。外を見ると曇天ではありますが、纏まった雨は降っていはいませんでした。Yahooの雨雲レーダーを見ると6:40分から約20分は降水がない予想でした。ということで、約3Kmのjoggingへ出掛けています。途中、霧雨のような降水には出会いましたが、雨に打たれることなく自宅へ戻ることができました。

その後、シャワー、がっちりマンデーを見ています。少々、文庫本を読んで今の時間となりました。現在、外には纏まった雨が降り、雨音も聞くことができます。実は、上の写真は昨日午前に撮影したものです。今日の天気予報が芳しくなかったので、昨日、撮影しました。

今日の雨は、午前中までで上がる予報です。午後からは晴れの予報です。午前中は天気も良くないので、新規領域の勉強でもしましょう。夕方にはいつものように近所の温泉、サウナへ行っていることでしょう。

2021年3月27日 (土)

稲の定点観測2021---その3

P1090635

毎週末、観察している宮崎平野早期水稲の定点観測地点です。今朝、午前6時過ぎに撮影しています。いつもの山の上には雲はありません。

田圃の水面に、綺麗に山の稜線が写っています。

P1090633

田圃の方には、稲が植えてありました。やはり、先週末に当方がこちらを撮影した後に田植えが実施されたようです。未だ、田植えが終了していない田圃もありますので、今週末にも田植えが実施されることでしょう。明日は天気が崩れる予報なので、現実的には本日中に再度、田植えがされると思います。

P1090634

田圃に入る水は制限されています。やはり、水田管理にはそれなりのknow howがあるのでしょう。

さて、今朝も午前5:30分頃には起床し、朝食を頂き、午前6時過ぎから約6Kmのjoggingへ出掛けています。その後、シャワー、毎日のroutine workを実施して現在の時間になっています。

例年通りであれば、昨日から年1回開催される全国規模の会議参加目的で横浜へ向かっているはずでしたが、今回は現地とWeb会議とのhybrid開催となっています。緊急事態宣言は解除されたとはいえ、新型コロナウイルス感染症が未だ流行している東京方面には行けず、結果的にWeb参加となってしまいます。Webで参加しても臨場感はなく、結果的に参加を見送りました。来年には、現地参加を実現したいものです。

今日も予定は特にありません。自室内の整理や読書、新規領域の勉強等で時間が経過すると考えます。明日は朝から雨の予報なので、天気の良い今日を有益、有効に使用したいものです。

2021年3月26日 (金)

今日の昼食

2021032612452520210326130225

今日の昼食は、お気に入りとなった都農町の秀の屋さんで、天丼セットです。美味しく頂きました。

美郷町の風景

2021032609352920210326093507

美郷町へ来ています。桜が満開です。

2021年3月25日 (木)

今日の昼食

Img_2606

今日の昼食です。メニューは、磯部焼き魚、ごぼうの土佐煮、人参豆乳のポタージュ、バナナ、ご飯です。美味しく頂戴しました。

2021年3月24日 (水)

近所の散策2021---春分過ぎ2

Imgp2628

当家に植樹されているブルーベリーです。reformした12年ほど前から元気がなくなりました。以前は、開花してブルーベリーを収穫していました。reform後、元気がなくなりましたが、最近、また、元気に葉が出るようになりました。

本日、気が付くと白い小さな花が咲いていました。風に揺れ、なかなか撮影が困難でしいたが、漸く撮影できました。近い、将来、またブルーベリーの実が収穫できるようになるかもしれません。

2021年3月23日 (火)

本田宗一郎 男の幸福論

02_20210302174301

今回は、こちらの本を選択しています。梶原一明氏の「本田宗一郎 男の幸福論」です。本のカバーには以下のように記載されています。

“世界のHONDA”を築きながらも、「好きなことをやってきただけ」という男本田宗一郎。周囲を明るくする底抜けの陽気さとそこはかとなく感じさせる人間的魅力の秘密とは何か。「世界一の幸せ者」を自認し、夢とロマンを追い続ける男の仕事観、人生観を情感豊かにいきいきと描く。

さて、こちらの本でも気になって付箋を貼付した箇所を抜粋してみましょう。

本当にいちばん危険なのは、家庭の中の人間関係だ。本文, p57。

「私は不得手なことはやらず、得意なことしかやらないことにしている。人生は、得手に帆を挙げて生きるのが、最上である」本田宗一郎の言葉, p110。

「人間は剣が峰を渡るときに、一番成長する」本田宗一郎の言葉、p162。

「オレの人生は失敗の連続よ。百やったうちの99までが失敗だったぜ」本田宗一郎の言葉, p246。

世界のホンダを作り上げ、成功者として認識されている本田宗一郎にして、「百たったうち99までが失敗だった」とは、普通人には、なんだかチョット、自信が湧いてくる言葉ですね。

本のカバーに写っている本田宗一郎の屈託のない笑顔が素敵だと思います。羨ましい。こちらの本も、古本屋さんを散策中に「本田宗一郎」の名が見えたので、先の本と同時に購入しています。

2021年3月22日 (月)

旅の思い出---第9次旧東海道徒歩の旅 東海道完結編---その17

Dscf6076

2020年1月2日から1月4日まで正月休みを利用して第9次旧東海道徒歩の旅へ出かけています。この9次の歩行で、残っているJR草津線石部駅-手原駅間と、JR琵琶湖線大津駅-京都三条を歩行予定としていました。この旅で旧東海道を完歩する予定なのでした。

2020年1月2日午後3時過ぎにはJR草津線石部駅を出発し手原駅を目指して旧東海道を歩いていました。1/2午後5時過ぎには、JR草津線手原駅前に到着していました。こちらも手原駅前広場を撮影したものです。

Dscf6077

現在地が判る地図がありました。まさしく、手原駅前となります。駅下の茶色で示された道が旧東海道のようです。

Dscf6078

駅前広場石部駅方向には、「古代建物群 手原遺跡」の石碑もありました。

Dscf6079

駅構内へ入ります。撮影時間は17:10頃だったようです。17:29分京都行の普通列車に乗車すべくホームへ向かいます。

Dscf6080

こちらが、手原の駅標となります。1/2の予定行程を終了します。天候にも恵まれ、日暮れまでに予定行程を終了することができました。

02_20200711152201

こちらが、GPSロガーに記録された1/2の歩行記録です。歩行距離は6.7Km, 歩行時間は1時間57分だったようです。

2021年3月21日 (日)

稲の定点観測2021---その2

P1090618

子ヤギ、赤ちゃんヤギが居た場所です。正面に重機があり、土地が整地されつつあります。全6頭のヤギの姿が見えません。

どこに行ってしまったのか心配です。

P1090623

こちらは、宮崎平野の早期水稲の定点観測地点です。いつもの山の上には雲が掛かっています。昨日は、かなり纏まった雨が降っていましたが、今日の天気は良い予報です。

P1090624

田圃の方には、水が入っています。あまり、先週とは変化がないようですが----。

P1090625

田圃には、水路から水が注がれています。かなりの量の水を入れることでしょう。例年であれば、この週末または来週末に田植えがされるはずです。

さて、今朝も午前6時には起床し朝食を頂戴し、6:30分過ぎから約3Kmのjoggingへ出掛けています。昨日の雨の影響で、空気は水分を十分に含んでおり、じめっとしていました。その後、シャワーを浴び、いつものように7:30分からがっちりマンデーを見て、現在の時刻となりました。

週間天気予報では、今週は良いお天気が継続するようです。今日の空には、未だ雲が残っていますが、これから晴れていくことでしょう。

昨日は、選抜高校野球を少々、見ていました。今日の予定はいつものように夕方、温泉、サウナにいくこと程度です。

2021年3月20日 (土)

近所の散策2021---春分その1

P1090617

当家裏庭に植樹されているしゃくなげの本日の状況です。先週、撮影した蕾が大きく成長しています。周囲の蕾はすでに開花しています。

撮影している蕾も近日中に開花することでしょう。

さて、今朝は午前6時頃に起床し朝食を頂き、外を見ると霧雨のような降水があったので、そのまま自室に入り、毎日のroutine workを2つ実施しています。回覧板をお隣へ回した際に、霧雨が弱まってきたので、約3Kmのjoggingへ出掛けています。

その後、シャワーを浴び、現在の時間となりました。今週末も取り立てて予定はありません。本日、第一試合で選抜高校野球で宮崎商業が出場するので、その観戦をするかもしれません。今日の天気予報は雨です。午前10時頃から、さらに雨脚が強まるかもしれません。明日の天気予報は晴れのようです。宮崎平野の早期水稲では田植えが開始されるかもしれません。早期水稲の定点観測地点は天気のよい明日にしています。

2021年3月19日 (金)

中小屋天文台

202103191207392021031912060520210319120542

東臼杵郡美郷町の中小屋天文台に寄り道しています。霧で何も見えません。

2021年3月18日 (木)

34年前の実験ノート

P1090616

先日、大阪の某研究所の同級生から34年前の実験ノートが送付されて来ました。研究所移転のため研究室を整理していたところ、最も古いもので34年前(1987年)の当方の実験ノートが出てきたとのことで送付されて来ました。

ノートの中身をペラペラとめくってみると、案外、丁寧に記載されていることに驚きを覚えました。

当時、研究室の主体が宮崎から大阪へ、大人の事情で移り、それに伴い当方の実験ノートも大阪の研究所で保存されていたようです。勿論、当方は保管されていること自体を失念していました。

まあ、今となってはただのゴミ同様ですが、当時、色々と実験し、仕事をしていたことを懐かしくも思えるtoolとなりました。今後、こちらのノートをどのように処分するか検討しようと思っています。大阪の研究所でも処分に困惑して当方の元へ送ってきたのでしょうが。

大阪の研究所の同級生も来年の3月で定年退職予定とのこと。客員研究員として研究を続けるのかもしれません。

2021年3月17日 (水)

仮想日本鉄道の旅---その63

02_20210307180901

2021年2月1日から2月28日までjoggingで120Kmを走りました。2月も100Km越えとなりました。いつものように、要は、jogging以外に他にすることがないからです。 

さて、今回の仮想乗車区間は、山陰本線川棚温泉駅から福岡市地下鉄空港線筑前前原駅まで乗車したと仮定します。この区間は距離126Kmとなります。料金は¥2440で何度も乗り換えをする必要があります。移動時間は3時間17分、そのうち乗車時間は3時間5分とのことです。合計51駅あるようです。残のうち6Kmを使用します。残は35Kmとなります。前回の条件で川棚温泉へ宿泊し翌朝に出発すると仮定します。川棚温泉駅6:34分発で、筑前前原駅10:25分着とのことです。

九州まで戻ってきました。かなり馴染みのある地域となっています。山陰本線、山陽本線、鹿児島本線、福岡市地下鉄空港線を乗り継ぐようになります。この区間うち、山陰本線、山陽本線、鹿児島本線の乗車経験は殆どありませんが、福岡市地下鉄は非常に馴染みのある路線です。通常、乗車する区間は福岡空港駅と博多駅間ですが、10年ほど前に九州満喫切符で普通列車で九州を1周した際には、筑前前原駅を通過しています。また、九州1周をしてみたいものです。

Malathon20210202

さて、1月の万歩計の結果です。総歩行数は12.7万歩、消費カロリーは3075Cal、歩行距離は69.8Km、脂肪消費量は191gとのことです。2/13, 2/14は終日雨で走れていません。こちらのグラフを見ると自分の行動様式がだいたい推定できます。

 

2021年3月16日 (火)

近所の散策2021---啓蟄後その1

Imgp2627

当家敷地の南側に植樹されているトキワマンサクが開花しています。一部のみの開花です。数年前は一斉に開花したので、かなり見ごたえ感があったのですが、最近は一部のみの開花です。一部の開花なので、接写レンズを使用して撮影しています。近所のお宅のマンサクも同様に開花しているのでした。

2021年3月15日 (月)

旅の思い出---第9次旧東海道徒歩の旅 東海道完結編---その16

Dscf6069

2020年1月2日から1月4日まで正月休みを利用して第9次旧東海道徒歩の旅へ出かけています。この9次の歩行で、残っているJR草津線石部駅-手原駅間と、JR琵琶湖線大津駅-京都三条を歩行予定としていました。この旅で旧東海道を完歩する予定なのでした。

2020年1月2日午後3時過ぎにはJR草津線石部駅を出発し手原駅を目指して旧東海道を歩いていました。1/2午後5時過ぎには、手原駅近くにある稲荷神社まで到達していました。稲荷神社の対側には、石屋さんがあり、東海道を示すものもありました。

Dscf6070

稲荷神社前の交差点を左折し、手原駅前方向へ進むことにします。

Dscf6071

左折して、稲荷神社方向を振り返って撮影してます。色々な石像があるのでした。そこで、石屋さんだと推定しているのです。しかし、店舗は見当たりません。

Dscf6072

手原駅方向を撮影しています。夕方とはいえ、1/2ですので、人影は殆どありません。

Dscf6073

JR草津線手原駅舎となります。立派な近代的な駅舎です。

Dscf6074

駅前には、「東経136度の経度線を通る駅」のモニュメントがあります。明石との距離は110Kmということでしょうか。

Dscf6075

手原駅前広場となります。夕暮れが近い雰囲気が漂っています。

2021年3月14日 (日)

しゃくなげ2021---その1

P1090614

こちらは当家裏庭にあるしゃくなげです。未だ蕾ですが、近日中に開花することでしょう。こちらのしゃくなげの木は、全てが開花するとかなり圧巻となります。最も撮影し易い蕾を撮影しています。

さて、今朝も午前6時には起床して朝食を頂き、約3Kmのjoggingへ出掛けています。いつものように赤ちゃんヤギを見に行ったのですが、6頭全てがいませんでした。なぜか重機があり、なんだか整地をしているようでした。少々、気になります。

その後、シャワー、7:30分からがっちりマンデーを見て現在の時間となりました。今日も非常に良い天気です。特に予定はありません。夕方に、いつものように近くの温泉へ行っていることでしょう。

2021年3月13日 (土)

稲の定点観測2021---その2

P1090606

宮崎平野の早期水稲の定点観測地点です。いつのも山です。今日は良い天気となっています。山の上には雲はありません。

放射冷却現象でしょうか、やや空気が冷たい印象です。田圃には少々、水が入っています。

P1090607

田圃の一部には、土が見えています。本格的な水入れではないようです。当方も10年程度、定期的に田圃を観察しているので、チョットした専門家気どりです。例年であれb、来週にも田植えとなることでしょう。

P1090610

こちらは定点観測地点近くの加江田神社参道です。朝日を浴びて鳥居も気持ちよさそうです。参道には、細い竹に注連縄が付き、本殿には吹き流しも見えます。何か行事があるのでしょうか?

さて、今朝は寝坊をして午前6時頃に起床しています。朝食を摂り、約3Kmのjoggingへ出かけています。上の写真は午前7時前に撮影したものです。昨日はunhappyな出来事がありました。気持ちを切り替えていこうかと思っています。

この週末は、本日午前9時からWeb会議に参加し、夕方から散髪予定です。でも、少々、気持ちが下を向いています。

2021年3月12日 (金)

今日の昼食

202103121200182021031211500420210312114725

今日の昼食は、東臼杵郡美郷町の味さとで田舎料理を頂戴しました。非常に美味でした。

2021年3月11日 (木)

今日の昼食

Img_2604

今日の昼食です。メニューは、魚の変わり味噌焼き、筑前煮、長いもあさりスープ、バナナ、ご飯です。美味しく頂戴しました。

2021年3月10日 (水)

インプレッサ G4 1.6iL Eye Sight

P1090602

当方の愛車インプレッサG4 1.6iL Eye Sightが走行44444Kmとなりました。そこで記念撮影です。走行そのものは気に入っているのですが、なんだか最近、ナビ上あたりから共振音が発生するようになっています。こちらの共振音には再現性がありません。燃費は一般道の走行で14.5Km/L程度です。最近では全く高速道路を走っていないので、高速での燃費は不明です。

非力なエンジンですが、パドルシフトでシフトダウンすることでキビキビと走ります。なかなか面白いクルマです。5月に車検を迎えます。

2021年3月 9日 (火)

Epson Endeavor NY3200Sメモリー増設

Cimg8868

前回、当方のオモチャPCのメモリー増設をしたことろ、かめさんからお褒めのお言葉を頂戴しました。そこで気を良くして今回は、当方のノートPCのメモリーを増設してみます。今回購入したのは、Timetec Hynix社製のPC3-10600(DDR3-1333 SDRAM)4G、non ECC, 204pin, CL9です。勿論、何のことか判りませんが、取説にあったものをAmazonで購入しています。選択基準は最も安価なものを選択しています。¥1880でした。こちらのメモリーとなります。

Cimg8869

バッテリーを外し、ノートPCをひっくり返して蓋を外します。プラスのネジを4個ほど外すのみで、こちらの写真のようになります。写真中央やや左にメモリーslotがあります。1つの空きslotがあります(こちらは、事前に調査する必要がありますが)。

Cimg8870

メモリーslot部分を撮影しています。手前に空きslotがあることが判ります。

Cimg8871

新規に購入したメモリーを斜め45度で挿入し、そのままゆっくりを押し込みます。カチッと言えばそれで終了です。

 

Epsonny3200s

メモリー増設前のシステム要件です。実装RAMが4GBと表示されています。

Eponny3200s

メモリー増設後のシステム要件です。実装RAMが8GBに変わっています。新規購入したメモリーがキチンと認識されたことが判りました。

増設によりやや処理速度が増加した印象です。ただ、気がかりなのは、3/7のメモリー増設前にZoomでWeb講演会に参加していたのですが、その途中にPCの電源が突然、3回も落ちてしまいました。こちらのPCでは初めての経験です。Zoomを使用することでPCに負担が掛かっていたのでしょうか?それとも、熱暴走で電源が落ちたのでしょうか。すでに増設用のメモリーが到着した後なので、返品することもできず増設しました。今後、また、PCの電源が突然、落ちる現象が発生するれば無駄な出費をしたことになります(新規に購入したパソコンスピーカーも含めて)。まあ、その時はその時で良いか。また、新しいパソコンを購入する良い言い訳ができます。

 

2021年3月 8日 (月)

旅の思い出---第9次旧東海道徒歩の旅 東海道完結編---その15

Dscf6062

2020年1月2日から1月4日まで正月休みを利用して第9次旧東海道徒歩の旅へ出かけています。この9次の歩行で、残っているJR草津線石部駅-手原駅間と、JR琵琶湖線大津駅-京都三条を歩行予定としていました。この旅で旧東海道を完歩する予定なのでした。

2020年1月2日午後3時過ぎにはJR草津線石部駅を出発し手原駅を目指して旧東海道を歩いていました。1/2午後4時半過ぎには、手原駅手前まで到達していました。呉服屋さん、醤油屋さんの前を通過すると、こちらの看板がありました。「東海道手原村 酒屋 塩新」とあります。

Dscf6063

酒屋さんの看板は、蔵に掲げられているのでした。さらに旧街道を進みます。

Dscf6064

何やら見覚えのある光景です。2018年4月第5次旧東海道徒歩の旅で出発地点とした場所です。

Dscf6065

明治天皇手原御小休所の石碑がありました。

Dscf6066

その横には、掌と常夜灯です。

Dscf6067

稲荷神社由緒の石碑もありました。

Dscf6068

こちらが、稲荷神社の参道のようです。漸く、1/2の到達目標地点まで到着したようです。どうにか日暮れまでに間に合いました。

2021年3月 7日 (日)

山中鹿介

Photo_20210223143801

今回は、こちらの本を選択しています。童門冬二氏の「山中鹿介」です。本のカバーには以下のように紹介されています。

「月よ、われに七難八苦を与えたまえ」悲願である「尼子家再興」を志す勇将山中鹿介は、あらゆる苦難に屈しないことを月に向かって誓う。毛利の大軍に囲まれた上月城でひたすらに信長からの援軍を待つ鹿介に届いたのは苛烈な悲報であった…。絶望の中でさえなお一途に一筋の光明を求めた人間たちの不屈の闘志と美しい心情を描いた傑作長編小説。

こちらの本では、解説にある以下の文章のみ抜粋してみます。

「このような人生を送った山中鹿介が戦前の修身の教科書に取り上げられた理由は、刻苦勉励と忠義心の二点に尽きる」解説、p314。

こちらの本も古本屋さんを散策中に発見し、作者が童門冬二氏であったことから購入しています。勿論、購入前は「山中鹿介」という人物は知りませんでした。戦前世代の方々は、教科書で知っているのかもしれませんね。

山中鹿介は、毛利氏に滅ぼされた尼子一族の忠臣となります。

2021年3月 6日 (土)

稲の定点観測2021---その1

P1090599

@niftyココログのtop pageに紹介されたことに気を良くして、そして勝手に自惚れて今年も宮崎平野の早期水稲の定点観測を開始します。

例年の観測地点からいつもの山を撮影しています。双石山か斟鉢(くんぱち)山かよく判りませんが、まあ、その付近の山です。山の上にはやや雲が掛かっています。

P1090600

田圃の方は、未だ整地されているのみです。例年通りであれば、春のお彼岸付近での田植えのはずですので、あと2週間程度で田植えのはずです。こちらの写真は本日、午前7時頃に撮影しています。

P1090594

こちらは、稲の定点観測地点付近にいる赤ちゃんヤギです。恐らくここ1ケ月以内に生まれたはずです。元気よく動き回るのでなかなか撮影ができません。頭の部分以外は茶色です。勝手に適当な名前を付けようと思っているのですが、良い名前が思い浮かびません。

P1090596

こちらも赤ちゃんヤギです。上のヤギと同じくらいの体長なので同時に生まれたものと考えています。こちらは、やや薄い黄土色の毛並みをしています。

さて、今朝も午前5:30分頃には起床し朝食を頂き、午前6:20分頃から約6Kmのjoggingへ出かけています。その途中で、上の写真を撮影しました。今週末も特に予定はありません。本日、定期歯科受診と明日の午前にWeb会議が入っているくらいです。まあ、いつもの週末を普通に過ごします。

 

2021年3月 5日 (金)

@niftyココログtop pageに掲載された。

Nifty-top-page02

3/3何気なく、記事を書こうとログインすると@niftyココログのtop pageに当方の稚拙なブログが紹介されていました。

ちょっと、びっくりです。何かの間違いかと思いました。勿論、早速、そのpageをコピーです。

紹介のことろには、「旧東海道徒歩の旅などの圧巻の旅行記は必見。宮崎平野の早期水稲の定点観測など。季節の移ろいを綴っています」と記載されています。当方は記載した記憶はなく、@niftyのstaffの方が記載したのでしょうか。チョット、嬉しいです。

2021年3月 4日 (木)

今日の昼食

Img_2603

今日の昼食です。豚肉の卵とじ、キノコスープ、和風ポテトサラダ、ミカン、ご飯です。

美味しく頂戴しました。

2021年3月 3日 (水)

パソコンスピーカー

Cimg8863

Windows10にupdateしてから、パソコンの音が出なくなりました。内臓スピーカーのドライバーが少々、特殊なようです。

Lenovoのドライバーが使用可能なようですが当方には良く判りません。パソコンのイヤフォンは使用できるのでパソコンスピーカーを購入しました。やはり、ZoomでのWeb講演会参加の際には、イヤフォンよりスピーカーから音が出るほうが都合が良いのです。今回購入したのは、サンワワプライのマルチメディアスピーカーで品番はMM-SPL2N2というようです。電源は通常のAC電源のものとしています。USB電源ではnoiseが混入するとのことと、場合によっては、このスピーカーをTVに接続することを考えての事です。

Cimg8864

当方のEpson Endeavor NY3200Sに接続すると、普通に音が出るようになりました。Amazonで¥750程度でした。

これで、当方のnote PCの寿命が少々、延長できたようです。約10年前に購入したものですが、まだ使用できます。

2021年3月 2日 (火)

旅の思い出---第9次旧東海道徒歩の旅 東海道完結編---その14

Dscf6058

2020年1月2日から1月4日まで正月休みを利用して第9次旧東海道徒歩の旅へ出かけています。この9次の歩行で、残っているJR草津線石部駅-手原駅間と、JR琵琶湖線大津駅-京都三条を歩行予定としていました。この旅で旧東海道を完歩する予定なのでした。

2020年1月2日午後3時過ぎにはJR草津線石部駅を出発し手原駅を目指して旧東海道を歩いていました。1/2午後4時半過ぎには、手原駅手前まで到達していました。里内呉服店の隣には、こちらのような立派な家屋がありました。この付近では、旧東海道は一直線となっています。

 

 

Dscf6055

傍示石には、「手原醤油 顕彰碑」との記載があります。

Dscf6057

顕彰碑の側面には、創業寛政2年(1790年)と記載されています。

Dscf6056

軒先には、「東海道手原村 手原醤油 塩屋藤五郎」と書かれています。少々、ピンボケの写真となりました。

Dscf6059_20200709171201

既に、手原駅付近に来ているのですが、自分の現在地が把握できていません。こちらの旧東海道を日暮れを気にしながら歩きます。写真は、逆光で少々、デフォルメしています。

Dscf6060

厚進学校跡なる傍示石がありました。

Dscf6061

こちらは、現在の手原赤坂会館前にあったのでした。ただ、こちらの会館が何なのかは把握していません。今回、調べてみると公民館でした。

2021年3月 1日 (月)

何の変哲もないカレンダー---2021年3月

202103

何の変哲もないカレンダー2021年3月はアメリカのホースシューベンドだそうです。カタカナで書くと判りませんが、英語ではhorseshoe bendとなります。まあ、日本語で言えば、馬の蹄鉄のように曲がっているところという意味でしょうか。

グランドキャニオンは一度、行ってみたいと思っていますが、さて、いつのことになるでしょう。

さて、3月となりました。人々の移動の時期となって来ます。下旬頃からは暖かくもなり、引っ越しシーズンでしょうか。2月下旬時点では、やや新型コロナウイルル感染症はやや落ち着いてきた印象がありますが、3月4月は人の移動時期ともなるのでreboundが心配です。

皆さん、今まで通り感染に十分留意して、皆でこの苦境、困難を乗り越えましょう。

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック