« 近所の散策2021---清明過ぎ4 | トップページ | 青しそ(大葉)の生長記録---その1 »

2021年4月20日 (火)

旅の思い出---第9次旧東海道徒歩の旅 東海道完結編---その23

Dscf6122

2020年1月2日から1月4日まで正月休みを利用して第9次旧東海道徒歩の旅へ出かけています。この9次の歩行で、残っているJR草津線石部駅-手原駅間と、JR琵琶湖線大津駅-京都三条を歩行予定としていました。この旅で旧東海道を完歩する予定なのでした。

2020年1月3日午前7時過ぎにはJR琵琶湖線大津駅前を出発し、午前7時半頃には大津市京町通りの露国皇太子遭難の地の石碑前を通過しています。旧東海道を歩いていると、前方に東海道の文字を記す看板がありました。塀に看板が取り付けてあるのでした。

Dscf6123

塀のあるのは、冷暖房器具を製造する株式会社コロナの敷地のようでした。この時期は、新型コロナウイルス感染症は流行していませんでしたが、風評被害がなければ良いのですが、どうなのでしょう。

Dscf6124

この付近の旧東海道です。現在では、石畳のような綺麗な道路となっているのでした。なかなか風情のある佇まいです。

Dscf6125

「シャリエ大津京町」なる案内板がありました。「何かな」と思うと、

Dscf6127

高層マンションのようです。そのエントランスが町屋風になっているのです。後方に高層マンションがあるのが判ります。景観保存地区なのかもしれません。

Dscf6128

京阪京津線の併用軌道のある大通りに到着しました。札の辻と言われる場所近くと思われます。京都方面から京阪電車が走ってきました。

Dscf6129

こちらは、琵琶湖方面を撮影したものです。東横イン京都琵琶湖大津が斜め前方にありました。暫くの間、こちらの併用軌道を観察することにしました。

« 近所の散策2021---清明過ぎ4 | トップページ | 青しそ(大葉)の生長記録---その1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「暫くの間、こちらの併用軌道を観察することにしました。」

素晴らしいことです!

コメントをありがとう。道路上を、4両編成全長64mの電車が通過するのは圧巻でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近所の散策2021---清明過ぎ4 | トップページ | 青しそ(大葉)の生長記録---その1 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック