« 旅の思い出---第1次旧甲州街道徒歩の旅85 | トップページ | スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼 »

2023年7月 8日 (土)

稲の定点観測2023---その14

Cimg9054

毎週末に記録している宮崎平野早期水稲の本日の状況です。本日午前6時過ぎに撮影しています。いつもの山の上には、少々、雲が掛かっていますが、日差しが強いです。非常に明るく感じます。

Cimg9055

稲の方の生長は上々のようです。ジャンボタニシの姿もないようです。稲も徐々に、その頭を垂れています。今月末には収穫のはずですので、これから2-3週間の日差しが重要になりそうです。

本日は、九州北部から山口、山陰方面で雲が多く、大雨の予報をTVで報道していました。大きな災害が発生しなければ良いのですが。

南九州宮崎では九州山地に守られ、本日からの天気予報は、来週水曜日を除いて晴れの予想です。実質的に梅雨明けかもしれません。

最近では、蒸し暑く一晩中、エアコンが稼働している状況です。今週末のいつもの週末のように過ごします。

« 旅の思い出---第1次旧甲州街道徒歩の旅85 | トップページ | スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼 »

季節」カテゴリの記事

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック