« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年10月

2023年10月31日 (火)

旅の思い出---第1次旧甲州街道徒歩の旅119

Dscf7033

2022年8月22日から夏季休暇を利用して旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。第4日目の8/25午前6時過ぎには多摩センターの実家を出発し、多摩モノレール柴崎体育館駅には午前7時半前には到着しています。その後、柴崎体育館付近から徒歩の旅を再開しています。「日野の渡し場」を午前7時半過ぎには通過し、立日橋を午前8島に渡っています。こちらが、立日橋から多摩川下流方面を撮影したものとなります。

Dscf7036

橋を渡り切ると、日野市に入りました。当方にとってあまり馴染みのない土地となります。

Dscf7037

橋を渡った付近に現在地を示す地図がありました。現在地は、日野第一中学校、市民の杜ふれあいホーム近くとなっています。

2023年10月30日 (月)

近所の散策2023---霜降過ぎ3

P1100615

近所の散策です。自宅近くで、八重桜、染井吉野の勘違い開花を観察してきました。すると、当家の河津桜も勘違い開花しているのに気が付きました。1粒で2度美味しいグリコのようです。この表現が判る人は、かなりの年配者のはずです。

2023年10月29日 (日)

アフリカの蹄

Photo_20231007211301

今回は、こちらの本を選択しています。帚木蓬生氏の「アフリカの蹄」です。本のカバーには以下のように紹介されています。

絶滅したはずの天然痘を使って黒人社会を滅亡させようとする非人間的な白人支配層に立ち向かう若き日本人医師。留学先の南アフリカで直面した驚くべき黒人差別に怒り、貧しき人々を救うため正義の闘いに命をかける。証拠品の国外持ち出しは成功するか!? 黒人差別に怒る日本人医師を描く冒険小説!

こちらの本でも読書中に気になって付箋を貼付した箇所を抜粋してみましょう。

「ぼくらの求めているのは、貧しくてもいいから、無条件の自由なんだ」サミュエルの言葉、p26。

「ちょうど寝たきりで身体を動かさない患者の筋肉が瘦せ細っていくように、奴隷を使う側の人間性が溶け落ちていく」サミュエルの言葉、p72。

「彼らは結婚するときも、人間と結婚するのはない。肌の色と結婚するのさ」サミェルの言葉、p73。

「アフリカ大陸は牡牛の形をしているだろう。この国はちょうどその足にあたる。だからアフリカの蹄。(中略)白人が我々黒人を牡牛の蹄で蹴散らし、ー--」ニールの言葉、p139。

作田にとって、医師とは絶えず何か処置をする職能だった。診断をし、切り、縫い、投薬して、看護婦に指示を出すべき仕事のはずだ。しかし、薬もなく、あらゆる処置が目の前の病気には無効であることを知ったとき、その前提は根底から覆された。本文、p172。

著者は、こちらの物語の舞台となる国名を記載していません。ただ、誰しもが知っている国であることは明白です。勿論、内容はフィクションではありますが、ありそうな内容となっています。人種差別をあまり身近なものとして感じない日本人にとっては、想像を絶する内容となっています。こちらの本も、著者が帚木蓬生氏であることから、その内容も全く知らずに古本屋さんで購入しています。内容は、非常に重いです。

 

2023年10月28日 (土)

Halloween

P1100586

今週末頃がHallowwenなのでしょうか? コロナ感染症蔓延前までは、渋谷のスクランブル交差点付近が混雑する報道がなされていましたが、今年はどうなるのでしょうか。 当方は、人が集まる所が苦手なので近づくことなないでしょう。

こちらは、近所のお宅の玄関門扉前の風景です。

2023年10月27日 (金)

旅の思い出---第1次旧甲州街道徒歩の旅118

Dscf7030

2022年8月22日から夏季休暇を利用して旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。第4日目の8/25午前6時過ぎには多摩センターの実家を出発し、多摩モノレール柴崎体育館駅には午前7時半前には到着しています。その後、柴崎体育館付近から徒歩の旅を再開しています。「日野の渡し場」を午前7時半過ぎには通過しています。防波堤沿いに歩行していると、「たまリバー50キロ案内図」なるものがありました。

地図上方向がJR立川駅方向となります。どうやら、多摩モノレール沿線に戻ってきたようです。

Dscf7031

多摩川にかかる立日橋を渡ります。恐らく、立川市と日野市の境界となるので、このような名称になったことでしょう。

Dscf7032

橋の上には、多摩モノレールが走行しているのでた。川幅は結構あったような記憶が残っています。

2023年10月26日 (木)

近所の散策2023---霜降り過ぎ1

P1100589

こちらも朝のjogging中に見かけた花です。近所のお宅の庭先に極楽鳥花が開花していました。

最近では、南九州でも朝は冷え込むようになり、先日は朝にエアコンの暖房を今季初めて使用しました。当方、季節の変わり目は、身体がその速度についていけず体調を一次的に崩します。

2023年10月25日 (水)

旅の思い出---第1次旧甲州街道徒歩の旅117

Dscf7027

2022年8月22日から夏季休暇を利用して旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。第4日目の8/25午前6時過ぎには多摩センターの実家を出発し、多摩モノレール柴崎体育館駅には午前7時半前には到着しています。その後、柴崎体育館付近から徒歩の旅を再開しています。錦町下水処理場交差点を午前7時半過ぎには通過し、「日野の渡し場」に到着しています。日野の渡しから防波堤を登ります。「多摩川を愛するみにさんへ」という看板がありました。下には、「1,みんなで多摩川をきれいにしましょう」と記載されているのですが、その看板がこの有様です。

Dscf7028

防波堤に登りました。この付近からは、多摩川はほんのちょっとの流れしか見えませんでした。

Dscf7029

チョット遠くに橋梁が見えます。この橋を渡って日野市に入ることになるのでしょう。

2023年10月24日 (火)

仮想日本鉄道の旅---その93

Photo_20231015190001

2023年9月1日から9月30日までjoggingで84Kmを走りました。9月もjogging走行100Km以上を達成することが不可でした。まあ、仕方がありません。

今回はJR東北本線盛岡駅から八戸駅まで仮想乗車したことにしましょう。この区間は108Km、料金は3110円(普通列車)、所要時間は1時間47分、乗車時間も1時間47分のようです。この区間の全駅数は23駅となります。残のうち24Kmを使用します。残は32Kmとなります。次回の仮想乗車の旅で使用することします。

この区間は、いわて銀河鉄道が現在、運行しているようです。東北新幹線開業にあたり第三セクター運営に転換されたのでしょう。申し訳ありませんが、料金も何だか高額のような印象がありますが、気のせいでしょうか?

202309marathon

さて、9月の万歩計の結果です。総歩行数は11.7万歩、消費カロリーは2852Cal、歩行距離は64.4Km、脂肪消費量は169gとのことです。

9/15-9/17は北九州方面へ旅行へ行っているので、その際の歩行が加算されているようです。日記によると9/13, 9/25は雨でjoggingができなかったようです。

2023年10月23日 (月)

旅の思い出---第1次旧甲州街道徒歩の旅116

Dscf7024

2022年8月22日から夏季休暇を利用して旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。第4日目の8/25午前6時過ぎには多摩センターの実家を出発し、多摩モノレール柴崎体育館駅には午前7時半前には到着しています。その後、柴崎体育館付近から徒歩の旅を再開しています。錦町下水処理場交差点を午前7時半過ぎには通過し、「日野の渡し場」に到着しています。日野の渡しの続きです。渡しの付近には、馬頭観音の石碑もありました。何だか馬頭観音菩薩の石碑が多いようです。昔の生活に馬が直結していた証左でしょう。

Dscf7025

こちらにも何だか石碑があったのですが、体育課駐車場の案内板の方が目立ちます。

Dscf7026

さらに、この付近には東京賢治シュタイナー学校なる謎の看板があったのでした。

2023年10月22日 (日)

不祥事

Photo_20230926150501

今回は、こちらの本を選択しています。池井戸潤氏の「不祥事」です。

本のカバーには、以下のように紹介されています。

トラブルを抱える支店を訪問し、指導し、解決する部署に異動になった花咲舞は、驚異の事務処理能力を持つ女子行員。特殊な習慣と歪曲したモラルに管理されたメガバンクに対し、歯に衣着せぬ発言力と、相手を張り飛ばす行動力で、彼女は組織に立ち向かう。新ヒロインが大活躍する、痛快銀行ミステリー誕生。

こちらの本でも読書中に気になって付箋を貼付した箇所を抜粋してみましょう。

どんな客商売でも同じかもしれないが、銀行もまた、一見客は要注意である。本文, p74。

銀行の融資は稟議制だ。(中略)ひとりの判断が間違っていても、他がそれを正す。そうしてあるべき結論を導きだす。本文, p137、

誰もお客さんのことを考えていない気がするのよね。みんな客のために働いているんじゃなくて、自分のキャリアのために働いている。花咲舞の言葉、p345。

最後の花咲舞の言葉を、現代の日本では「青臭い」という表現をするのかもしれません。それって、やっぱり違うと思うのですが。

こちらも池井戸潤氏の本であったので、古本屋さんで入手しています。楽しませ頂きました。

2023年10月21日 (土)

断捨離2023---その18

P1100554

断捨離です。今回は、レーダー探知機を廃棄します。こちらは、当方が使用した極初期の探知機です。セルスター工業社製のALPHA60Hという機種のようです。取説も右のように残っていました。恐らく免許を取得した1981年頃に購入したものだと思います。

P1100551

こちらは、二代目または三代目の機種でしょうか。ユピテル社製のSX-709という機種のようです。こちらも取説が残っていましたが、購入時期は不明でした。

P1100549

こちらが三代目の同じくユピテル社製のアストロードAI-2Sという機種のようです。

P1100555

こちらは取説以外に購入伝票が残っていました。伝票によると2003年2/18に送料込みで5859円でオートバックスセブンから通信販売で購入したようです。前のクルマであるエスティマまで使用していた記憶があります。

これらも使用済み小型家電として廃棄可能なようですので、廃棄することにしました。長い間、ありがとうございました。

 

2023年10月20日 (金)

vest

P1100557

vestを購入しました。冬に備えてです。今までのものは10年以上使用してきました。白地のものでしたので、かなり汚れが目立つようになったのです。先日、ナフコへ文房具を買いに行った際に、偶然、こちらのvestを見かけ購入しました。隣にはヒーターで温めるvestもありましたが、当方はシンプルなこちらを選択しています。何故、vestかというと、袖がなく、肩こりにならないからです。当方、vestが気に入っています。

2023年10月19日 (木)

旅の思い出---第1次旧甲州街道徒歩の旅115

Dscf7020

2022年8月22日から夏季休暇を利用して旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。第4日目の8/25午前6時過ぎには多摩センターの実家を出発し、多摩モノレール柴崎体育館駅には午前7時半前には到着しています。その後、柴崎体育館付近から徒歩の旅を再開しています。錦町下水処理場交差点を午前7時半過ぎには通過しました。すると、こちらの道標が見えてきました。「日野の渡し場」と刻まれています。

Dscf7021

この付近には、こちらのような現代風の石碑もあり、

Dscf7023

短歌?を歌った石碑もあるのでした。この付近が渡し場であることが充分に判ります。

2023年10月18日 (水)

近所の散策2023---寒露過ぎ2

P1100584

勘違い桜開花です。今回は、小学生が通学路として使用している歩道に染井吉野が開花しているのを発見しました。

八重桜ではなく、染井吉野だと思います。こんなのを発見するのが何だか楽しいのです。

2023年10月17日 (火)

旅の思い出---第1次旧甲州街道徒歩の旅114

Dscf7016

2022年8月22日から夏季休暇を利用して旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。第4日目の8/25午前6時過ぎには多摩センターの実家を出発し、多摩モノレール柴崎体育館駅には午前7時半前には到着しています。その後、柴崎体育館付近から徒歩の旅を再開しています。根川緑道という道になりました。まあ、先へ進みます。

Dscf7018

錦町下水処理場前交差点に差し掛かりました。

Dscf7019

交差点の先にある、少々、細い道路が旧甲州街道のようです。少々、心細くなりますが、進みます。

2023年10月16日 (月)

近所の散策2023ーーー寒露過ぎ1

P1100567

10/11夕方、宮崎へ戻ってきました。東京からコロナウイルスを持ち帰っています。10/12よりラゲブリオを内服中で、現在、出勤停止中です。すでに体調は回復しています。

街路樹として植えてある八重桜が勘違い開花をしているのを見かけ、撮影しています。勘違い開花しているのは、他にもありました。染井吉野はなかったような印象です。

2023年10月15日 (日)

Wの悲劇

Photo_20230918110001

今回は、こちらの本を選択しています。夏木静子氏の「Wの悲劇」です。本のカバーには、以下のように紹介されています。

日本有数の製薬会社、和辻薬品の会長が所有する山中湖畔の別荘。一族が集まった正月に、悲劇の幕は切って落とされた。当主である会長の与兵衛が姪孫の摩子に刺殺されてしまったのだ。現場にいた摩子の家庭教師・一条春生は外部犯に見せかけようとする一族の偽装工作に協力した。だが、その工作を警察に暴露しようとする人物が現れ、事件は意外な方向へ。エラリー・クイーンの名作『Yの悲劇』に挑戦した傑作推理。

エラリー・クイーンの「Yの悲劇」は読書したような記憶があります。こちらは、何年前に武井咲さんの主演でテレビドラマになったような気がします。

ミステリーなので読書中に付箋を貼付した箇所はありません。残り1/3までの時点で、「まあ、簡単には終わらないだろうな」という感じはありました。読書中も大前提が崩れる可能性も感じていました。まあ、楽しませて頂きました。そうそう、エラリー・クイーンって藤子不二雄みたいな合同ペンネームだったんですね。初めて知りました。

2023年10月14日 (土)

ラゲブリオ

16972375961100

ラゲブリオ内服3日目になりました。ほぼ体調は回復しています。

2023年10月13日 (金)

旅の思い出---第1次旧甲州街道徒歩の旅113

Dscf7012

2022年8月22日から夏季休暇を利用して旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。第4日目の8/25午前6時過ぎには多摩センターの実家を出発し、多摩モノレール柴崎体育館駅には午前7時半前には到着しています。その後、歩行を再開しています。柴崎体育館付近の旧甲州街道は、こちらの道となります。

Dscf7013

歩行を再開すると、すぐにこちらの案内板がありました。案内には、ここで多摩川を渡ること、日野の渡しと呼ばれていたこと等が記載されていました。案内には、写真撮影する当方が写っています。

Dscf7015

歴史と文化の散歩道という案内板を一部、拡大撮影したものです。現在地の先に日野の渡し碑があるようです。

2023年10月12日 (木)

旅の思い出---第1次旧甲州街道徒歩の旅112

Dscf7007

2022年8月22日から夏季休暇を利用して旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。第4日目の8/25午前6時過ぎには多摩センターの実家を出発し、多摩モノレールの乗車し前日到着した柴崎体育館駅には午前7時半前には到着したたようです。こちらは、柴崎体育館駅付近の地図となります。こちらの駅のすぐ北側には立川駅があるようです。

Dscf7009

前日到着した旧甲州街道付近へ向かいます。その際に、柴崎体育館駅を撮影しています。

Dscf7010

前日に到着した旧甲州街道付近に戻ってきました。さあ、これから5日目の歩行の開始となります。歩行再開した時刻は午前7時半過ぎだった記録です。

2023年10月11日 (水)

羽田空港に到着

16969937112770

羽田空港に到着しました。搭乗までかなりの時間があります。読書をして待機します。

多摩センターを出発

16969879093990

実家のある多摩センター駅を出発しました。幸運にも特急に乗車できました。羽田空港へ向かいます。

2023年10月10日 (火)

笹子駅

16969110668380

笹子駅に到着しました。今日の歩行を終了します。

大月駅を出発

1696892948530116968929375480

昨日は雨で歩行不可でした。大月駅から1駅だけ歩行してみます。

2023年10月 9日 (月)

謎の行動6

16968285226881

明日の旧甲州街道徒歩の旅に備えて、無事、大月駅まで戻って来ました。

謎の行動5

16968239197630

JR高尾駅を出発し、大月駅へ向かいます。明日の旧甲州街道徒歩の旅に備えます。

謎の行動4

16968206033250

多摩センター駅から、調布駅まで移動して来ました。

謎の行動3

16968182547350

現在は、こちらにいます。多摩センター駅へ向かいます。

謎の行動2

16968138182171

小田急多摩センターまで移動して来ました。

謎の行動1

16968104117470

天候が雨なので、予定を変更します。取りあえず本厚木を出発します。

今回のホテル

16968102626370

今回、宿泊したホテルは本厚木のホテルトーカイです。選択理由は、友人の卒業した大学名と同じだったからです。

2023年10月 8日 (日)

オタクと家電はつかいよう ミヤタ電器店の事件簿

Photo_20230903090901

今回は、こちらの本を選択しています。田中静人氏の「オタクと家電はつかいよう ミヤタ電器店の事件簿」です。本のカバーには以下のように紹介されています。

「うちの社長は笑いません。ですが、お客さまの笑顔のために努力しています」という求人広告に惹かれ、「ミヤタ電器店」に転職した森野美優。人の気持ちは読めないが、家電に詳しい店長の宮田とともに「なんでも対応」をポリシーに、家電トラブルに隠された人々の想いや悩みを次々と解き明かしていく。一風変わった仕事にやりがいを感じる美優だったが、彼女の周辺で奇妙な事が起き始め…。

こちらの本でも読書中に気になって付箋を貼付した箇所を抜粋してみましょう。

「自分が笑顔になれなくても、他人を笑顔にするすることはできる」本文、p23。

そういったお客様(理不尽な)がいるからこそ、ミヤタ電器店は成り立っているのです。店長の言葉, p87。

加湿のために使う水は、水道水以外を使うのはダメなんです(ウオーターサーバーの水は塩素で消毒していないので)本文、p97。

こちらの本を読書して、塩素で消毒していない水は加湿器には使用不可のことを知りました。まあ、ビブリア古書店の事件簿みたいな本です。

 

甲斐の猿橋

1696722411121116967224031250

甲斐の猿橋に到着しました。

今回のホテル

1696715955758116967159437110

今回、宿泊したホテルは、東横イン富士大月駅前です。朝食会場は満杯でした。

2023年10月 7日 (土)

今日の朝食

1696630564861116966305527970

今日の朝食は、東横インで頂きました。以前より内容が良くなっています。

2023年10月 6日 (金)

東京へ

1696545867169116965458540170

これから東京へ飛びます。宮崎は秋休みとのことで子供連れの家族が目立ちます。ディズニーランドへでも行くのでしょうか?。当方は、朝第2便の飛行機で東京へ飛びます。到着は朝1便とさほど変わらないはずです。

2023年10月 5日 (木)

旅の思い出---第1次旧甲州街道徒歩の旅111

Dscf7002

2022年8月22日から夏季休暇を利用して旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。第4日目の8/25午前6時過ぎには多摩センターの実家を出発したようです。実家から多摩モノレールの多摩センター駅へ向かう途中でこちらの写真を撮影しています。空には低い雲があったようです。雨の記憶は残っていません。まあ、8月なのでピーカンの晴天よりは曇天の方が、歩行するには好都合なのです。

Dscf7004

モノレールの乗車後、どうやら先頭車両に乗り込み、進行方向を撮影したようです。殆ど、鉄道好きの子供のようです。

Dscf7006_20230918205601

柴崎体育館前駅に到着し、乗車してきた車両を撮影しています。こちらの駅のベンチで朝食を頂戴しています。

朝食の写真は割愛しています。

2023年10月 4日 (水)

旅の思い出---第1次旧甲州街道徒歩の旅110

Dscf6996

2022年8/22から夏季休暇を利用して旧甲州街道徒歩の旅へ出ています。第3日目の8/24午前6時過ぎには多摩センターの実家を出発し、午前7時過ぎには調布駅北口交差点を出発して徒歩の旅を再開しています。正午前には立川市日野橋交差点を通過し、旧甲州街道を徒歩していました。継続歩行すると、こちらの看板がありました。立川市柴崎市民体育館とあります。こしらの体育館前から、さらに歩行を継続し駅方面へ歩いています。

Dscf6998

その駅は、多摩モノレーヅ柴崎体育館駅でした。なんと、このモノレールに乗車すると実家のある多摩センターまで直で帰ることができます。

暑さもあり、この日の歩行はここまでとし、モノレールに乗車することにしています。

Dscf6999

写真では判りつらいのですが、少々、待機すると多摩センター行きのモノレールが来るようです。乗車すると何とものの20分程度で、多摩センター駅に到着しました。

2220824

この日の歩行軌跡です。赤い線で表示されています。調布駅から立川駅の直ぐ南側まで歩行したことになります。

GPSロガーによる記録によると、総歩行距離は17.2Km、歩行時間は4時間48分とのことです。多摩センター駅近くの実家に到着後、シャワーを浴び、その後は本業の下調べをしていた記憶があります。

2023年10月 3日 (火)

9/17の朝食

Dsc_0585

9/17の朝食は、久留米の翠香園ホテルレストランフォン・ド・クールで頂戴しています。前日の夕食のレストランで席も全く同じでした。

窓側の席で、ガラス超しに直ぐ横には滝が流れています。恐らく、最も良い席なのでしょう。こちらの朝食はブッフェではありませんでした。

まず、サラダが出ました。

Dsc_0586

こちらが、朝食となります。まあ、美味しかったです。当家の夕食より立派でした。

2023年10月 2日 (月)

旅の思い出---第1次旧甲州街道徒歩の旅109

Dscf6992

2022年8/22から夏季休暇を利用して旧甲州街道徒歩の旅へ出ています。第3日目の8/24午前6時過ぎには多摩センターの実家を出発し、午前7時過ぎには調布駅北口交差点を出発して徒歩の旅を再開しています。正午前には立川市日野橋交差点を通過しています。前方に店舗が見えてきました。手前の道路に旧甲州街道の案内があります。こちらを左折するようです。標識に従い素直に左折します。

Dscf6994

こちらにも旧甲州街道の案内がありました。非常に助かります。

Dscf6995

前方に何か、駅のようなものが見えます。正午過ぎとなり、気温も上昇し、かなり疲労していたのです。この時点では、こちらの駅が何の駅だか認識していませんでした。当方が所持しているガイドブックに記載がなかったのです。

2023年10月 1日 (日)

何の変哲もないカレンダー---2023年10月

Cimg9096

何の変哲もないカレンダー10月は、佐賀県唐津市で撮影されたものです。棚田でしょうか、段々畑でしょうか。唐津にこのような場所があるようです。

さて、10月となりました。早いもので今年も今月を含めて3ケ月となりました。10月上旬には高校同窓会が本厚木で開催されます。それを楽しみにしています。まあ、皆、還暦過ぎのただの爺様、婆様になっているはずです。自分だけ若いと思ってはいけません。

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック