« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年3月

2024年3月31日 (日)

断捨離のはずが2024---DDR3 1600

Memory20240329

中古で購入したNEC製のPCにメモリーを追加しました。DDR3 1600 4Gを追加し、合計12Gとなりました。

上の写真のメモリーをメルカリで¥500で購入しています。ジャンク扱いでしたが、キチンと認識しました。

少々、PCの稼働が速くなった印象です。

2024年3月30日 (土)

稲の定点観測2024---その3

P1100747

毎週末に観察している宮崎平野早期水稲の今日の状況です。いつもの山の上には雲はありませんが、少々、ボンヤリしています。

どうやら黄砂が飛来しているようです。

P1100748

田圃の方は、やはり先週末が田植えだったようで、小さな小さな苗が植えられているのでした。少々、風があり苗が風になびいています。

上の写真は、本日午前9時過ぎに撮影しています。

さて、今週末も特に予定はありません。黄砂の飛来はあるようですが、暖かい週末になるようです。

2024年3月29日 (金)

旅の思い出---第2次旧甲州街道徒歩の旅30

Dscf7377

2023年4月、東京での会議開催に合わせて第2次旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。4/16午前6時半過ぎにはJR高尾駅を出発しています。

午前7時過ぎには小仏関所跡を、午前8時頃には京王バス小仏バス停を通過しています。午前8時半前に真の道奥宮という施設付近に到着し、午前8:24分頃に峠道の登坂を開始しています。午前9:22分頃に、底の沢宿付近に到着していました。道路が開け、少々、安堵していました。

道標が複雑に行先を示しています。恐らく相模湖方面へ向かうことで良いのでしょう。

Dscf7378

道路が分岐しています。不安です。

Dscf7379

直ぐに案内図がありました。

Dscf7380

現在地を拡大して撮影します。どうやら中央道小仏トンネルの真上にいるようです。旧甲州街道は、こちらの写真の美女谷温泉方向となるはずです。細い緑色の線が旧甲州街道のようです。

2024年3月28日 (木)

断捨離のはずが2024---その2

Pxs155

「断捨離のはずが」です。モノを少なくしようとしていますが、買い物をしてしまいました。エプソンのモノクロインクジェットプリンターPX-S155です。

 購入理由は、Canon製TS7530というカラーインクジェットプリンターを所有していますが、インク1色が空になっても印刷不能となります。また、そのインクが非常に高価なのです。当方のプリンター使用頻度は、全くモノクロで十分なのです。仕事場にCanon製モノクロレーザープリンターを所持していますが、自宅にも必要かと考え購入した次第です。

 こちらの機種を選択した理由は、Epson製であること(プリンターとしてEpson製は初めて購入しました、WiFiで接続する場合、PC上でカラープリンターとの区別が簡単)、安価であること(仕事を引退すれば使用頻度が低下する可能性がある)等です。Amazonで¥8500でした。Canonのカラープリンター5色分より少々、高いくらいです。印刷時の音がややうるさいのですが、まあ、普通に使用できています。

2024年3月27日 (水)

旅の思い出---第2次旧甲州街道徒歩の旅29

Dscf7374

2023年4月、東京での会議開催に合わせて第2次旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。4/16午前6時半過ぎにはJR高尾駅を出発しています。

午前7時過ぎには小仏関所跡を、午前8時頃には京王バス小仏バス停を通過しています。午前8時半前に真の道奥宮という施設付近に到着し、午前8:24分頃に峠道の登坂を開始しています。午前9:17分頃に、ようやく少々、開けた場所まで到着しています。再度、案内板がありました。確認します。現在地は小仏峠登山口のようです。この付近は、東京都では都立高尾陣馬自然公園と、神奈川県では県立陣馬相模湖自然公園というようです。

Dscf7375

パイロンに登山道出口はこちらと左への案内があります。従います。非常に助かります。

Dscf7376

甲州古道の道標があるのですが、木製で文字が消えています。恐らく「底沢宿」だと思います。

2024年3月26日 (火)

近所の散策2024---春分過ぎ2

Imgp3997

こちらは、当家の北西端に植樹されているシャクナゲです。今年も開花が始りました。こちらのシャクナゲの見ごろは非常に短い印象です。

例年、せいぜい1週間程度でしょうか。全ての花が開花すると非常に綺麗です。満開の時期に再度、撮影できると良いのですが。

2024年3月25日 (月)

旅の思い出---第2次旧甲州街道徒歩の旅28

Dscf7369

2023年4月、東京での会議開催に合わせて第2次旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。4/16午前6時半過ぎにはJR高尾駅を出発しています。

午前7時過ぎには小仏関所跡を、午前8時頃には京王バス小仏バス停を通過しています。午前8時半前に真の道奥宮という施設付近に到着し、午前8:24分頃に峠道の登坂を開始しています。午前9:17分頃に、ようやく少々、開けた場所まで到着しています。底沢バス停1.7Kmの案内です。

Dscf7370

写真右の細い暗い道が今まで歩行して来た道となります。写真左の開かれた舗装道路が、これから進む道のようです。

開けた場所まで到着して気持ちにも余裕が生じます。

Dscf7372

この付近に、こちらの案内板がありました。

Dscf7373

現在地付近を拡大して撮影しています。相模湖駅まで4Km弱なのでしょうか。

たった約50分で、小仏峠を通過できた訳ですが、やはり非常に心細く、不安な時間を過ごしたことになります。

2024年3月24日 (日)

軍師二人

Photo_20240314183201

今回は、こちらの本を選択しています。司馬遼太郎氏の「軍師二人」です。本のカバーには以下のように紹介されています。

戦国の英雄たちの中で群を抜いて輝く二人の武将ーー天稟(てんぴん)の智将・真田幸村と、千軍万馬の勇将・後藤又兵衛。名将なるが故の葛藤と互いの深い洞察を語る〈軍師二人〉。徳川家康の女性観を描く〈嬖女(めかけ)守り〉。他、争乱の時代を生きた、戦にも、女にも強い、生き物の典型としての男たちを描く、興趣尽きない短編集。

こちらの本でも読書中に気になって付箋を貼付した箇所を抜粋してみましょう。

「働かば、極楽浄土に連れまいらすぞ」本願寺上人に言葉、p12。

「ひとの一生というものは欲をいうてはキリがない」薄田兼相の言葉、p275。

「わしの家来どもは、わしのみを頼りに、しかもわしのみを見つめて暮らしている」渡辺勘兵衛の言葉、p335。

「道楽がなければ、男が肥らぬ」渡辺勘兵衛の言葉、p339。

こちらは、司馬遼太郎氏の短編集となります。今回、古本屋で発見し、司馬遼太郎氏の本でしたので購入したのですが、何だか、過去に読書した記憶があるような、ないような。一応、書庫を見てみましたが発見はできませんでした。

2024年3月23日 (土)

稲の定点観測2024---その2

P1100741

毎週末に観察している宮崎平野早期水稲の今週末の状況です。今日は曇天です。いつもの山の上には雲が掛かっています。雨は降っていませんが、何だかこれから降りそうな雰囲気があります。明日は雨のようです。

P1100742

田圃の方には、今日も注水がなされています。こちらの写真は午前9時半過ぎに撮影しています。

午前7時半過ぎにも撮影したのですが、全体が暗い写真となり、取り直しました。午前9時半過ぎには、苗を積んだトラックが田圃近くに駐車していました。例年通りだと、今日、明日が田植えのはずです。

明日はかなり天候が崩れる予報です。まあ、あまり雨が降らなければ良いのですが。

2024年3月22日 (金)

旅の思い出---第2次旧甲州街道徒歩の旅27

Dscf7364

2023年4月、東京での会議開催に合わせて第2次旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。4/16午前6時半過ぎにはJR高尾駅を出発しています。

午前7時過ぎには小仏関所跡を、午前8時頃には京王バス小仏バス停を通過しています。午前8時半前に真の道奥宮という施設付近に到着し、峠道の登坂を開始しています。8:55分頃には、こちらの道標がある場所まで到着しています。底沢バス停まで2.9Kmの記載です。逆方向は小仏峠0.6Kmとあります。完全に小仏峠を越したようです。道も下り坂なのでそうなのでしょう。

Dscf7366

底沢バス停2.3Kmの道標まで進んできました。

Dscf7368

それでも、旧街道はこちらの写真のような道なのでした。

2024年3月21日 (木)

近所の散策2024---春分過ぎ1

Imgp3995

こちらは、当家の生垣であるトキワマンサクです。開花を始めています。未だ2分咲きの状態ですが、今年はかなりの開花が期待されます。

開花の多い年と、少ない年があります。今年は当たり年かな?

2024年3月20日 (水)

旅の思い出---第2次旧甲州街道徒歩の旅26

Dscf7361

2023年4月、東京での会議開催に合わせて第2次旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。4/16午前6時半過ぎにはJR高尾駅を出発しています。

午前7時過ぎには小仏関所跡を、午前8時頃には京王バス小仏バス停を通過しています。午前8時半前に真の道奥宮という施設付近に到着し、峠道の登坂を開始しています。午前8:45分頃には、こちらの道標がある場所に到着しています。甲州古道小仏峠との記載です。峠の頂上は過ぎたものと考えていたのですがーーー。

Dscf7362

少々、進むとこちらの新しい道標もありました。やはり、相模原市に入ったようです。小学5年から21歳頃まで相模原市に居住していたので親近感が湧きます。

Dscf7363

この付近の旧甲州街道です。まあ、殆ど獣道が少々、拡幅された程度の道なのでした。進みます。

2024年3月19日 (火)

断捨離のはずが2024---折り畳みkeyboard iBUFFLO

Keyboard

折り畳み式Keyboardを購入しました。bluetoothでwireless接続するものです。型番は、iBUFFALOのBSKBB15というようです。

当方はスマホに不慣れです。文字入力はパソコンと同様にローマ字入力としています。ということで、非常に入力が面倒なのです。スマホは持ち歩くので携帯可能な折り畳み式Keyboardを選択し、接続にはbluetoothを使用するので、折り畳み式とbluetooth接続が必須でした。

英語入力用のKeyboardは初めての経験です。最初は少々、手間取りましたが、使用可能です。ただ、やはり、通常のKeyboardのような感触では入力できません。前提条件として、初めからあまり使用することはないだろうと推定して、初めてメルカリで中古の未使用品を購入してみました。

まあ、こんなものでしょう。

2024年3月18日 (月)

旅の思い出---第2次旧甲州街道徒歩の旅25

Dscf7358

2023年4月、東京での会議開催に合わせて第2次旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。4/16午前6時半過ぎにはJR高尾駅を出発しています。

午前7時過ぎには小仏関所跡を、午前8時頃には京王バス小仏バス停を通過しています。午前8時半前に真の道奥宮という施設付近に到着し、峠道の登坂を開始しています。道標には、底沢バス停3.5Km, 相模湖5.5Kmの記載があります。歩行で約1時間の場所にバス停があることには、勇気つけられます。

Dscf7359

この付近に、こちらの案内板がありました。どうやら神奈川県に入ったようです。

Dscf7360

現在地は、まさしく小仏トンネルの上のようです。写真左から右上方向へ進むようです。高尾山の北側を通過して来たことが判ります。

2024年3月17日 (日)

近所の散策2024---啓蟄過ぎ3

Imgp3988

当家の河津桜は、既に葉桜となっています。小さな小さなサクランボが成っています。天気の良い日で光量も充分にあり綺麗な写真となりました。

2024年3月16日 (土)

稲の定点観測2024---その1

P1100730

宮崎平野早期水稲の定点観測です。今週末の状況です。本日、午前7時頃に撮影しています。こちらは、いつもの山です。

田圃には注水され、山の影が水面に映っています。空には雲1つない快晴状態です。

P1100731

田圃には、写真左下の水道溝から少量づつ注水されています。恐らく、来週末頃には田植えが開始されるものと推定します。

さて、今朝は午前5:55分頃に起床しています。周囲が明るくなるのを待つべく朝食をより、約3Kmのjoggingへ出かけています。

その際に定点観測地点に立ちより撮影しています。明日の天候は崩れるようです。今週末の予定は本日午前の散髪のみです。カレンダーを見ると約6週間に一度、散髪しているようです。丁度、髪が伸び気になる頃なのです。

2024年3月15日 (金)

旅の思い出---第2次旧甲州街道徒歩の旅24

Dscf7353

2023年4月、東京での会議開催に合わせて第2次旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。4/16午前6時半過ぎにはJR高尾駅を出発しています。

午前7時過ぎには小仏関所跡を、午前8時頃には京王バス小仏バス停を通過しています。午前8時半前に真の道奥宮という施設付近に到着し、峠道の登坂を開始し、8:45分前後に峠道の頂上に達したようです。こちらは、壊れかけた小屋の右横にあった石碑です。?高尾山と刻まれています。

Dscf7355

石碑の先に、こちらの道標があり小原宿方向へ向かいます。

Dscf7356

甲州道中歴史案内図がありました。

Dscf7357

現在地付近を拡大して撮影しています。写真右から来て、左方向へ進むことになります。どうやら小仏トンネルの上に居るようです。

2024年3月14日 (木)

仮想日本鉄道の旅---その98

Photo_20240303150801 

2024年2月1日から2月29日までjoggingで87Kmを走りました。

今回は、JR北海道函館本線長万部駅から同銀山駅まで乗車したことにしましょう。このの区間は101Km、料金は2420円、所要時間は2時間11分、乗車時間も2時間11分のようです。繰り越し分の14Kmを使用します。繰り越し残は8Kmとなります。次回の仮想乗車の旅で使用することします。 この区間は、高校修学旅行の際に乗車しているのかもしれません。途中、スキーで有名なニセコがあるようですが、スキーの出来ない私には無縁なようです

202402

さて、2月の万歩計の結果です。総歩行数は8.5万歩、消費カロリーは2106Cal、歩行距離は47.1Km、脂肪消費量は127gとのことです。

2月は雨で走れなかった日が多かったようです。

2024年3月13日 (水)

旅の思い出---第2次旧甲州街道徒歩の旅23

Dscf7350

2023年4月、東京での会議開催に合わせて第2次旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。4/16午前6時半過ぎにはJR高尾駅を出発しています。

午前7時過ぎには小仏関所跡を、午前8時頃には京王バス小仏バス停を通過しています。午前8時半前に真の道奥宮という施設付近に到着し、峠道の登坂を開始しています。高尾小仏峠の案内図がありました。道を間違えていないことが判りホッとします。

Dscf7351

案内図は、こちらの道標の右にありました。

Dscf7352

こちらのような石碑もあり、明治天皇もこちらの峠を越したようです。

Dscf7354

小仏峠のランドマークとなる、壊れかけた小屋の後です。柱に小仏峠の赤い文字があります。どこかの検索サイトで小仏峠を探すと、こちらの写真が出て来たので覚えていました。

2024年3月12日 (火)

近所の散策2024---啓蟄過ぎ2

P1100721

こちらも朝のjogging中に見かけた花です。いつも畑の野菜を撮影している近くのお宅に開花していた小さな花です。

勿論、名称は不明です。周囲が明るくなっており、光量は十分ななずでしたが、近距離で望遠で撮影すると、何だか幻想的な写真となりました。

2024年3月11日 (月)

旅の思い出---第2次旧甲州街道徒歩の旅22

Dscf7346

2023年4月、東京での会議開催に合わせて第2次旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。4/16午前6時半過ぎにはJR高尾駅を出発しています。

午前7時過ぎには小仏関所跡を、午前8時頃には京王バス小仏バス停を通過しています。午前8時半前に真の道奥宮に到着し、どうやら、これから峠道となるようです。写真の道標に従い進みます。

Dscf7347

進行方向を撮影しています。はっきり言って、山道となります。前後に悲しいかな人は居ません。

Dscf7348

不気味なことに、写真のように幹の上に誰かの帽子が掲げられているのでした。女性用でしょうね。

Dscf7349

さらに進行方向の道は細くなります。

2024年3月10日 (日)

これで世の中わかる!ニュースの基礎の基礎

Photo_20240304205201

今回は、こちらの本を選択しています。池上彰氏の「これで世の中わかる!ニュースの基礎の基礎」です。

カバーに本の紹介が記載されているのですが、今回は割愛します。

今回、こちらの本を読書して最も印象に残っている箇所(p63)を要約してみます。

黒海は外洋との水の入れ替えが殆どない→水は酸素不足状態→海中のバクテリアが死滅して海底に蓄積し硫化水素を発生→硫化水素は黒い。

紅海では、しばしば大量のプランクトンが発生し赤潮を引き起こす→海が紅くなる。

「なるほど」という感じですね。

 

2024年3月 9日 (土)

稲の定点観測2024---前哨戦1

P1100719

あと2-3週間で宮崎平野の早期水稲の田植えが始まるはずです。例年3月の第3週または第4週の週末に田植えがなされます。

ということで、稲の定点観測地点へ行ってみました。こちらは、いつもの山です。よく晴れ渡っており、雲1つありません。

P1100720

田圃の方は、整地されたままの状態です。注水の準備もなされていませんでした。

 

さて、今朝は少々m、寝坊をして午前6時半頃に起床しています。朝食を摂り、周囲が明るくなってから約3Kmのjoggingへ出かけています。

その際に、定点観測地点に立ち寄ってい見ました。さて、昨日は、少々、いや、かなり残念なことがありました。まあ、気持ちを持ち直してやっていこうと思います。まあ、慣れっこです。今週末の予定も特にありません。

2024年3月 8日 (金)

旅の思い出---第2次旧甲州街道徒歩の旅21

Dscf7342

2023年4月、東京での会議開催に合わせて第2次旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。4/16午前6時半過ぎにはJR高尾駅を出発しています。

午前7時過ぎには、小仏関所跡を通過し、午前8時頃には京王バス小仏バス停に到着しています。小仏バス停を出発して約20分程度、歩行して来ました。前方が森のようになり、樹木が鬱蒼としています。左には、「真の道奥宮」との表札があります。何なのでしょう。

Dscf7344

こちらが、進行方向前方となります。暗い森の中を通っていくようです。

Dscf7345

森の中へ入ります。写真には写っていませんが、右には池のようなものがあり、中年女性が4-5人、その畔に立って歌を歌っていました。

地面も湿っているし、森の中へ入っていくことで暗くなるし、変な(失礼)歌声は聞こえるしで非常に心細かった記憶が残っています。

2024年3月 7日 (木)

近所の散策2024---啓蟄過ぎ1

P1100715

こちらも朝のjogging中に見かけた植物です。セミプロの農家さんの畑です。恐らくタマネギだと思います。

最近、気が付いたのですが、この畑の近くに野菜の無人販売所があります。そちらで販売しているのかもしれません。

実のなる植物の生長を見ているのは、何だかチョット、楽しいです。

2024年3月 6日 (水)

旅の思い出---第2次旧甲州街道徒歩の旅20

Dscf7337

2023年4月、東京での会議開催に合わせて第2次旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。4/16午前6時半過ぎにはJR高尾駅を出発しています。

午前7時過ぎには、小仏関所跡を通過し、午前8時頃には京王バス小仏バス停に到着しています。小仏バス停を出発します。これから先、落伍してもバスに助けてもらうことはありません。バス停を過ぎて直ぐに分岐がありました。舗装されている左の道を進みます。

Dscf7338

宝珠寺があるようです。旧街道沿いには神社仏閣が多いので旧街道に違いありません。進みます。

Dscf7339

こちらの道標がありました。写真左が小仏峠となります。

 

2024年3月 5日 (火)

近所の散策2024---雨水過ぎ3

P1100712

こちらも朝のjogging中に見かけた植物です。カンキンに似ているような感じですが、チョット、違うような感じもします。

朝のjoggingで、周囲が少々、明るくなってから撮影しています。

2024年3月 4日 (月)

旅の思い出---第2次旧甲州街道徒歩の旅19

Dscf7332

2023年4月、東京での会議開催に合わせて第2次旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。4/16午前6時半過ぎにはJR高尾駅を出発しています。

午前7時過ぎには、小仏関所跡を通過し、午前8時頃には京王バス小仏バス停に到着しています。

 

Dscf7335

これから先、小仏峠までは2.5Kmの距離があるようです。また、高尾駅からは5Kmの道程を歩いて来たようです。5Kmの歩行に約1.5時間を要しているので、少々、paceが遅いようです。

Dscf7336

現在地を示す地図がありました。これから先は、中央道に沿って歩行するようです。と言っても中央道はトンネルとなっています。

 Dscf7334

道標に従い歩を進めます。

2024年3月 3日 (日)

Photo_20240226165701

今回は、こちらの本を選択しています。吉村昭氏の「磔」です。アマゾンでは以下のように紹介しています。

慶長元年暮、凍えそうな寒風の中をボロをまとい、みじめに垢じみて、一様に片方の耳をそぎ落とされた二十数人が、裸足のまま山陽道を追い立てられていった、長崎で磔にされるために……。
抑制のきいた筆で、あくまで史実に沿いながら、秀吉によって苛酷に弾圧され、京都から長崎に向かう切支丹信者たちの群像を浮かび上がらせた作品。他に「三色旗」「コロリ」「動く牙」「洋用建造」、歴史に材を得て、人の生を深く見すえた短篇全五作を収録。解説・曾根博義

長崎に26聖人殉教の地という碑がありますが、その意味が判りませんでした。こちらの「磔」とうい短編を読んでその意味が判りました。

また、以前、吉村昭氏の小説を読んで安政の大地震に伴うプチャーチン座乗のディアナ号が破船したこと、日本初の洋船建造が戸田で行われたことも知っていました。この洋船建造の件を、誰か小説にしてくれないかと思っていたが、やはり同氏が小説にしていました。

吉村氏の長編小説は殆ど読書していますが、短編で記載されていたのは知りませんでした。これからは、同氏の短編も読書することにします。

2024年3月 2日 (土)

今日の昼食

17093506217680

今日の昼食は、中華屋JANで回鍋肉定食を頂きました。ちょっと、ボリュームが多かったです。

近所の散策2024---雨水過ぎ2

P1100714

こちらは、jogging course沿いに開花していた紫木蓮です。先週の週末も開花しているのを確認していましたが、雨で撮影できませんでした。

さて、今朝は寝坊をして午前6:30分に起床しています。朝食を摂り、少々、読書をしてから約3Kmのjoggingへ出かかています。今朝は少々、肌寒いです。天気予報通りでした。その間に上の写真を撮影しています。

さて、3月になりました。宮崎ではキャンプをしていた球団も去ったようです。少々、落ち着きを取りもどして来た印象です。今週末も特に予定はありません。週末のみ天気が良さそうです。

2024年3月 1日 (金)

何の変哲もないカレンダー---2024年3月

Cimg9147

何の変哲もないカレンダー3月は、ジョージアの上スヴァネティの谷だそうです。

ジョージアの北西部に位置する歴史的な地域名で、上スヴェネティと下スヴェネティがあるようです。

まあ、綺麗な場所なのでしょうが、個人的にはあまり有名な印象はありません。

さて、3月です。今年は暖冬のようですが、春のお彼岸まではやはり寒い日があるのでしょうか。暖かくなることを期待しています。

 

« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック