植物

2019年7月 2日 (火)

朝顔とブロッコリーの生長記録---その8

P1090098

自宅で栽培しているブロッコリーとこぼれ種朝顔の生長記録です。GreenFarmで水耕栽培しているブロッコリーの方は殆ど変化がありません。

あまりにも変化がないので、撮影するのもだんだん、嫌になりつつあります。新規に蒔いた種子にも発芽はありません。

P1090095

こちらは1階テラスで栽培(放置)しているこぼれ種朝顔です。2株のみ生長しています。

P1090096

朝顔の生長につれプラ支柱をつぎ足し3本となっています。風が吹くと、枝垂れ柳のようになってしまいます。その度に、テラス柱により掛かるようにしています。朝顔の先端の生長は、朝顔に任せることにします。場合によりテラス柱に巻き付くかもしれません。

P1090097

こちらは、砂利から出て来た本当の意味でのこぼれ種朝顔です。プラ支柱に上手に巻き付きました。でも、既に先端付近まで来ています。今後、どうなるかな?

 

2019年6月25日 (火)

朝顔とブロッコリーの生長記録---その7

P1090087

自宅で栽培しているブロッコリーとこぼれ種朝顔の生長記録です。GreenFarmで水耕栽培しているブロッコリーの方は殆ど変化がありません。

最近になって種を蒔いた種にも悲しいことに発芽はありません。少々、種が古くなったからでしょうか。開封し常温保存するとダメなのかもしれません。

P1090083

こぼれ種朝顔は元気に生長しています。

P1090086

上の写真左の株の芽の先端は、その牙を模索しているようです。今後、どちらへ向かって生長するのでしょうか。延伸したプラ支柱は2mを超えています。右の株も、その先端が2本目の延伸したプラ支柱を越えそうになっているので3本目をつぎ足しました。

P1090082

こちらは、本当のこぼれ種朝顔です。砂利から発芽しているものです。こちらにも余っていたプラ支柱を添えました。ようやく巻き付いてくれました。こちらも、今後、生長することでしょう。

2019年6月18日 (火)

朝顔とブロッコリーの生長記録---その6

P1090070

自宅で栽培しているブロッコリーとこぼれ種朝顔の生長記録です。GreenFarmで水耕栽培しているブロッコリーの方には、あまり変化がないようです。

P1090071

先週、新規に種を蒔いた新しいスポンジにもあまり変化がなく、発芽はまだのようです。

P1090072

こぼれ種朝顔です。こちらは元気です。写真左の株は、

P1090073

先週には、テラス支柱の方へ芽を伸ばしていましたが、週末の風雨で3本目のプラ支柱が外れ、再度、装着した後に人工的に3本目のプラ支柱に巻きつけました。このため、妙なたるみが出来てしまいました。

P1090074

写真左の株も元気に生長しています。2本目のプラ支柱の先端付近まで芽を伸ばしています。この先、やはり3本目が必要になってくることでしょう。何だか、ジャックと豆の木のようになって来ました。

2019年6月11日 (火)

朝顔とブロッコリーの生長記録---その5

Imgp2139

自宅で栽培しているこぼれ種朝顔とGeenFarmで水耕栽培しているブロッコリーの成長記録です。こぼれ種朝顔は順調に成長しています。根本にある葉も写真のように大きくなっています。写真左の株は支柱2本に取り付いて空に向かっています。

Imgp2140

青い3本目の支柱を伸延したのですがお気に召さなかったようです。テラスの柱の方へその蔓を伸ばしています。

Imgp2141

テラスの柱の横には、本当のこぼれ種朝顔が成長しつつあります。可哀そうなので、巻き付くべく余っていた支柱を添えました。これで成長できることでしょう。

Imgp2137

水耕栽培しているブロッコリーは、やはり初めに芽を出した株が元気に成長しています。写真撮影に当たり、枯れた葉を除去しました。スポンジにはなんだかカビのようなものが発生している印象です。構わす、このまま経過を見ることにします。

Imgp2138

開いている部分に新たにブロッコリーの種を蒔いてみました。種が大量に余っているのです。種の選択にあたっては大きな粒のものを選択し、スポンジはGreenFarm純正の中央が凹んだものを使用しました。1つのスポンジから2株発芽すると、その後の成長を干渉するようなので、1つのスポンジには1粒のみの種としています。さて、これからどうなるでしょうか?

 

2019年6月 4日 (火)

朝顔とブロッコリーの生長記録---その4

Imgp2132

自宅で栽培しているこぼれ種朝顔と水耕栽培しているブロッコリーの生長記録です。 先週は旧東海道徒歩の旅に出ていたので2週間ぶりの写真撮影となります。この2週間でこぼれ種朝顔が大きく生長しています。一方の株は、支柱となる黄色のプラスチック棒に絡みつき上を目指しています。地面から70cm程度のところまで到達しています。写真右の株は、その先端を右のプラスチック棒へ延ばしつつあります。

Imgp2130

GreenFarmで水耕栽培しているブロッコリーの方も順調に生長していると言えるでしょう。最も大きな葉は長径が10cm程度まで達しています。勿論、あまり生長していない株もあります。全く同じ条件で栽培しているのに何が違うのでしょうか。実際、どのようにブロッコリが成るのか自分の目で確かめることができればと思っています。

2019年5月23日 (木)

ペットマトMINIナスの生長記録---その17

Img_2446

仕事場窓際で水耕栽培しているペットマトMINIナスの今週の状況です。 写真左が本来の株、右が挿し木をした株です。

本来の株に著変はありません。実は成熟し続けていることでしょう。挿し木をした株の方は、花が萎んでいます。しかし、その花の付いていた茎が十分に太く、実に成熟することが期待できそうです。人工授粉の効果でしょうか。その少々、萎んだ花?を撮影しようとしたらデジカメのバッテリー切れとなりました。只今、充電中です。

Img_2447

挿し木をした方の株を接写しています。なんだか、実になり成熟しそうですね。

 

2019年5月16日 (木)

ペットマトMINIナスの生長記録---その16

Img_2442

仕事場窓際で水耕栽培しているペットマトMINIナスの今週の状況です。 写真左が本来の株、右が挿し木をした株です。

本来の株には変化がありません。実は熟成しているのでしょうか。挿し木の株には下向きに開花しました。

 

Img_2445

本来の株の実を接写すると、こちらの写真となります。先週と変化がないようです。

Img_2444

挿し木の株の花です。ややfocusが甘いようですが、それはご愛嬌で。実は、挿し木の株には先週、他の花が開花していたのですが、落下してしまいました。恐らく、上手く受粉ができなかったからかと思い、電気シェーバー清掃用のブラシで人工授粉をしてみました。実になるでしょうか。

いずれの株も5/10午前9時前の震度5弱の地震で、窓際から落下したのですが、元気に生長しているようです。

2019年5月14日 (火)

朝顔とブロッコリーの生長記録---その2

P1090043

自宅で栽培しているこぼれ種朝顔と水耕栽培しているブロッコリーの生長記録です。朝顔の方は先週、新規に3粒の種を蒔きましたが全く発芽していません。やはり、種が古くなると発芽しないのでしょうか?もう少し、経過を見てみることにしましょう。既に発芽している朝顔は、寄り添うように生長しています。今後、お互いが干渉しなければ良いのですが。

P1090042

水耕栽培しているブロッコリーの方も生長しています。ペットボトルの蓋があるので、大きさは大体、想像可能かと思います。緑色のペットボトル蓋の左横の株が、この1週間で非常に生長した印象があります。職場で栽培していた、オクラ、ミニナスは実がなり、その実のつき方が判りました。ブロッコリーって、どのような実の付き方をするのでしょうか?今後の生長が楽しみです。

2019年5月 9日 (木)

ペットマトMINIナスの生長記録---その15

Img_2440

仕事場窓際で水耕栽培しているペットマトMINIナスの今週の状況です。 写真左が本来の株、右が挿し木をした株です。

本来の株では、小さな小さな実が成熟しつつあります。接写してみましょう。

Img_2438

長径は約2cm程度ありそうです。短径は1cm程度かな。

Img_2439

挿し木をした株の花は、このようになっています。実の茎となる部分が非常に細く、成熟するのは困難な印象です。このまま、落下してしまうかもしれません。他にも落下したしまったものがあるのです。

2019年5月 7日 (火)

朝顔とブロッコリーの生長記録---その1

Cimg8681

突然ですが記事の編成に困窮し、急遽、こちらの企画を開始します。朝顔とブロッコリーの生長記録です。朝顔は、例年のこぼれ種朝顔なのです。4/14に4つの保管していた種子を蒔いて見ました。そのうち2つが発芽しています。発芽率は50%です。この後、4/30にも追加で3つの種子を蒔いています。近寄った場所に2つが発芽していますが、生長するかな。プラスティック植木鉢は長女が小学生1年生の際のものです。かなり退色しています。

Cimg8682

こちらはGreenFarmで水耕栽培しているブロッコリーです。4月中旬にハンズマンで種を購入し、4/13にスポンジ上に播種しました。

約3週間で、本葉まで発芽している株もあります。まだまだ、小さな双葉のままの株もあります。こちらも今後の生長を観察してみることにします。栽培キットではないので、上手く生長するか否かは不明です。まずは実験です。

より以前の記事一覧

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック