植物

2019年10月25日 (金)

ペットマト---ハバネロの生長記録4

Img_2487

仕事場窓側で水耕栽培しているペットマトのハバネロの生長記録です。約3週間ぶりの登場です。前回は10/4に記載しています。生長記録をさぼっていました。ハバネロは順調に生長しています。全高は5cm程度で、最も大きな葉の長径は4cm程度ありそうです。ここまで生長すれば、あとは安心です。 

Img_2490

こちらは100円ショップで販売されたいたパクチーの栽培キットです。10/16に播種したところ、昨日、発芽しました。少々、ピンボケですが、全高1cm程度で、双葉の長径も1cm弱と小さいのです。写真左には、2つ目のパクチーが発芽しています。面白い、楽しいですね。

2019年10月 4日 (金)

ペットマト---ハバネロの生長記録3

Img_2480

仕事場窓側で水耕栽培しているペットマトのハバネロの生長記録です。約2週間ぶりの登場です。前回は9/19に記載しています。

この植物の特徴でしょうか、非常に生長が遅いのです。本来であれば、毎週、記録したいのですが、生長速度が遅いです。

本日、このような状況となりました。2粒、種を蒔いたのですが、発芽したのは1つのみです。まあ、いいか。今後の生長が楽しみです。

 

2019年9月19日 (木)

ペットマト---ハバネロの生長記録2

Img_2477

仕事場窓側で水耕栽培しているペットマトのハバネロの生長記録です。久しぶりの登場となりました。前回は8/23に記載しています。前日の8/22に種を蒔いてから発芽まで約4週間を要したことになります。実は、もう発芽しないものと諦めていました。

一昨日出勤した際に発芽したことに気づきました。嬉しかったです。全高は約7mm程度です。植物を苗から購入して来て移植することもありますが、当方は普通に種を蒔いて生長させるのが好きです。発芽を待つ時間が楽しいのかもしれません。実はハバネロの種は2つ蒔いています。もう一つも発芽するか否か楽しみです。

2019年8月23日 (金)

ペットマト---ハバネロの生長記録1

Img_2469

はせがわさとう商店からペットマト栽培シリーズを購入しました。今回は、ハバネロを栽培することにしました。

写真左から、粉末肥料、説明書、肥料用スプーン、ハバネロ種子、アップサンド、フィルター、キャップとチューブです。

Img_2470

ハバネロの種子部分のみ拡大撮影です。種子の大きさは長径で2mm程度です。殆ど平坦で厚みはありません。説明書通りにキット内に2粒の種子を蒔きました。今後の生長が楽しみです。

2019年7月 2日 (火)

朝顔とブロッコリーの生長記録---その8

P1090098

自宅で栽培しているブロッコリーとこぼれ種朝顔の生長記録です。GreenFarmで水耕栽培しているブロッコリーの方は殆ど変化がありません。

あまりにも変化がないので、撮影するのもだんだん、嫌になりつつあります。新規に蒔いた種子にも発芽はありません。

P1090095

こちらは1階テラスで栽培(放置)しているこぼれ種朝顔です。2株のみ生長しています。

P1090096

朝顔の生長につれプラ支柱をつぎ足し3本となっています。風が吹くと、枝垂れ柳のようになってしまいます。その度に、テラス柱により掛かるようにしています。朝顔の先端の生長は、朝顔に任せることにします。場合によりテラス柱に巻き付くかもしれません。

P1090097

こちらは、砂利から出て来た本当の意味でのこぼれ種朝顔です。プラ支柱に上手に巻き付きました。でも、既に先端付近まで来ています。今後、どうなるかな?

 

2019年6月25日 (火)

朝顔とブロッコリーの生長記録---その7

P1090087

自宅で栽培しているブロッコリーとこぼれ種朝顔の生長記録です。GreenFarmで水耕栽培しているブロッコリーの方は殆ど変化がありません。

最近になって種を蒔いた種にも悲しいことに発芽はありません。少々、種が古くなったからでしょうか。開封し常温保存するとダメなのかもしれません。

P1090083

こぼれ種朝顔は元気に生長しています。

P1090086

上の写真左の株の芽の先端は、その牙を模索しているようです。今後、どちらへ向かって生長するのでしょうか。延伸したプラ支柱は2mを超えています。右の株も、その先端が2本目の延伸したプラ支柱を越えそうになっているので3本目をつぎ足しました。

P1090082

こちらは、本当のこぼれ種朝顔です。砂利から発芽しているものです。こちらにも余っていたプラ支柱を添えました。ようやく巻き付いてくれました。こちらも、今後、生長することでしょう。

2019年6月18日 (火)

朝顔とブロッコリーの生長記録---その6

P1090070

自宅で栽培しているブロッコリーとこぼれ種朝顔の生長記録です。GreenFarmで水耕栽培しているブロッコリーの方には、あまり変化がないようです。

P1090071

先週、新規に種を蒔いた新しいスポンジにもあまり変化がなく、発芽はまだのようです。

P1090072

こぼれ種朝顔です。こちらは元気です。写真左の株は、

P1090073

先週には、テラス支柱の方へ芽を伸ばしていましたが、週末の風雨で3本目のプラ支柱が外れ、再度、装着した後に人工的に3本目のプラ支柱に巻きつけました。このため、妙なたるみが出来てしまいました。

P1090074

写真左の株も元気に生長しています。2本目のプラ支柱の先端付近まで芽を伸ばしています。この先、やはり3本目が必要になってくることでしょう。何だか、ジャックと豆の木のようになって来ました。

2019年6月11日 (火)

朝顔とブロッコリーの生長記録---その5

Imgp2139

自宅で栽培しているこぼれ種朝顔とGeenFarmで水耕栽培しているブロッコリーの成長記録です。こぼれ種朝顔は順調に成長しています。根本にある葉も写真のように大きくなっています。写真左の株は支柱2本に取り付いて空に向かっています。

Imgp2140

青い3本目の支柱を伸延したのですがお気に召さなかったようです。テラスの柱の方へその蔓を伸ばしています。

Imgp2141

テラスの柱の横には、本当のこぼれ種朝顔が成長しつつあります。可哀そうなので、巻き付くべく余っていた支柱を添えました。これで成長できることでしょう。

Imgp2137

水耕栽培しているブロッコリーは、やはり初めに芽を出した株が元気に成長しています。写真撮影に当たり、枯れた葉を除去しました。スポンジにはなんだかカビのようなものが発生している印象です。構わす、このまま経過を見ることにします。

Imgp2138

開いている部分に新たにブロッコリーの種を蒔いてみました。種が大量に余っているのです。種の選択にあたっては大きな粒のものを選択し、スポンジはGreenFarm純正の中央が凹んだものを使用しました。1つのスポンジから2株発芽すると、その後の成長を干渉するようなので、1つのスポンジには1粒のみの種としています。さて、これからどうなるでしょうか?

 

2019年6月 4日 (火)

朝顔とブロッコリーの生長記録---その4

Imgp2132

自宅で栽培しているこぼれ種朝顔と水耕栽培しているブロッコリーの生長記録です。 先週は旧東海道徒歩の旅に出ていたので2週間ぶりの写真撮影となります。この2週間でこぼれ種朝顔が大きく生長しています。一方の株は、支柱となる黄色のプラスチック棒に絡みつき上を目指しています。地面から70cm程度のところまで到達しています。写真右の株は、その先端を右のプラスチック棒へ延ばしつつあります。

Imgp2130

GreenFarmで水耕栽培しているブロッコリーの方も順調に生長していると言えるでしょう。最も大きな葉は長径が10cm程度まで達しています。勿論、あまり生長していない株もあります。全く同じ条件で栽培しているのに何が違うのでしょうか。実際、どのようにブロッコリが成るのか自分の目で確かめることができればと思っています。

2019年5月23日 (木)

ペットマトMINIナスの生長記録---その17

Img_2446

仕事場窓際で水耕栽培しているペットマトMINIナスの今週の状況です。 写真左が本来の株、右が挿し木をした株です。

本来の株に著変はありません。実は成熟し続けていることでしょう。挿し木をした株の方は、花が萎んでいます。しかし、その花の付いていた茎が十分に太く、実に成熟することが期待できそうです。人工授粉の効果でしょうか。その少々、萎んだ花?を撮影しようとしたらデジカメのバッテリー切れとなりました。只今、充電中です。

Img_2447

挿し木をした方の株を接写しています。なんだか、実になり成熟しそうですね。

 

より以前の記事一覧

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック