クルマ

2019年7月11日 (木)

愛車インプレッサ---走行距離2万Km

P1090100

昨年6月に納車されたスバル・インプレッサ1.6L Eye-sightが約1年で走行距離2万Kmを迎えました。先日の温泉の復路途中で丁度2万Kmとなったのでした。その1Km手前の19999Kmで取りあえず記念撮影です。

P1090104

その後、丁度2万Kmで再度、クルマを停車させ記念撮影をしています。自宅駐車場に到着すると20001Kmとなりました。「どうせなら、自宅で2万Kmになれば良いのに」と思いつつ、当方の人生はこんなものかとも思ったりもしました。

 

さて、このクルマを1年間、運転してみての感想を記載してみましょう。

1、やはり1.6Lエンジンではやや非力な印象を受ける状況があること。ただ、所謂、街乗りでは不自由は感じません。

2、逆にこの非力なエンジンの特性を理解した上で運転すると運転が面白いこと。このエンジンは2500rpmを超すと、そのpowerが得られます。また、ステアリングにパドルシフトが装備してあるのですが、シフトダウンしてエンジンを高回転側へ回せば、充分な加速は得られます。スバルの面白いのはこの機構で、シフトダウン後、数秒以内にDレンジへ戻り通常のオートマチック変速へ回帰します。

3、Eye-sightはかなり優秀であること。追従型クルーズコントロールは一般道でも十分にその威力を発揮します。

4、ただ、企業としてのスバルおよび販売店としては、あまり評価は高くありません。インプレッサは周知の如く完成車検査不正でリコールとなった車種です。この4月に点検を受けた際に、完成車点検と1年点検を同時実施するとキャッシバック特典がありました。もうすぐ検査後、3ケ月を迎えるのに未だに音沙汰なしです。販売店としては、不要な交換を勧める点はいかがなものかとも思っています。エアコンfilter、ワイパーブレードは納車後10ケ月では交換する必要はないと思うのですが。次回、クルマを購入するときにスバルを選択するか否かというと、ちょっと、躊躇するかもしれません。やはり、トヨタを超す完成車企業はないのかもしれません。

 

7/14追記、キャッシュバックの簡易書留が7/12に漸く、到着しました。

 

2018年12月30日 (日)

愛車の走行記録インプレッサ---走行12345Km

P1080805

愛車インプレッサG4 1.6iL AWDの走行記録です。今週、odd meterが12345Kmとなりました。

約1週間前から助手席にデジカメを準備して走行していました。納車後約半年で、この走行距離となりました。このペースでいくと年間2万Kmの走行となりそうです。

最近は寒くなり燃費は14.5Km程度となっています。秋の方が燃費が良かった印象です。

そうそうスバルの完成車不適切対応リコールの封書が到着しています。年が明けたら点検に出す必要性がありそうです。点検には約3時間を要するようです。少々、面倒くさいです。

2018年11月24日 (土)

愛車の走行記録インプレッサ---走行11111Km

P1080783
愛車インプレッサG4 1.6L Eye-Sightの走行記録です。今週、走行距離が11111Kmとなりました。1の並び数字です。納車から半年で1万Km超えとなりました。このままの調子でいくと年間2万Km走行することになりそうです。

2018年11月10日 (土)

愛車の走行記録インプレッサ---走行10000Km

P1080744

本年6月上旬に納車された愛車インプレッサの走行記録です。今週、走行距離が1万Kmになりました。その1Km前の9999Kmで写真撮影です。田舎の路肩に停車して撮影しています。

P1080747
さらに1Km走行して1万Kmになったことろで、再度、記念撮影をしました。納車後、約5ケ月での1万Km走行となりました。やや走行距離が多いような印象ですが、夏に遠出をしたのげ影響しているようです。

クルマの特性にも慣れて来ました。1.6Lエンジンで非力なのですが、アクセルを踏むのではなく、押すようにすると回転数が3000rpm程度まで直ぐに上昇し、加速します。エンジン特製は不明ですが、2500回転当たりからトルクが増すようです。非力なエンジンですが、パドルシフトもあり、一時的にmanual操作も可能です。ちょっと、運転して面白いクルマと思っています。
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック