パソコン・インターネット

2019年7月30日 (火)

仕事場パソコン---稼働10周年

Img_2462

当方が仕事場で使用しているパソコンです。2009年7月にEpsondirectから購入して10年を経過しました。この10年間のトラブルとしては、突然のシャットダウンのため2度のメモリー交換、1回のマザーボード交換を行い、2台のHDDと1基のメモリー増設を実施しています。結果的にはマザーボードの初期不良があったようです。マッザーボード交換後にはトラブルなしです。付随したキイボードとマウスも10年間、使用しています。

Img_2464

こちらが本体となります。Epsondirect Endeavor MR6000が正式名称のようです。購入時のOSはWindows Xp(Windows 7からのdown grade)で、その後、Winows7、Windows10と変遷しています。未だ、現役で稼働しています。壊れるまで使用する予定です。

2019年5月12日 (日)

新規GPSロガー

Cimg8679

新規にGPSロッガーを購入しました。CANMORE社のG-PORTER GP-102+(写真右)です。写真左がこの3月まで使用して来たHolux社のm-241というGPSロガーです。このm-241が2019年4月7日以後、ロールオーバーが発生し日時表示が不可となりました。

 

GPSロールオーバーとは、1980年1月6日を起点として1024週後に日時がre-setされる現象のようです。1巡目は1999年8月22日だったようです。2巡目が2019年4月7日午前9時頃に発生したようです。この2巡目のロールオーバー問題が発生してm-241の日時表示が不可となりました。それに気づいたのが4/26の第7次旧東海道歩行時でした。他の機能は使用できます。例えば、歩行距離、緯度経度の表示等です。しかし、このm-241に連動するアプリも使用不可となり、移動足跡が表示不可なのです。

 

そこで携帯型GPSロガーとして、CANMORE社のG-PORTER GP102+を購入しました。2019年5月下旬からの第8次旧東海道徒歩の旅に間に合わせるためです。m-241は乾電池式でしたが、GP102+は充電式となります。他に液晶画面のない携帯型GPSロガーもあるのですが、やはり、歩行時に移動距離を知りたくて液晶表示のあるものを選択しました。このGPSロガーがあると、後からデジカメ写真に撮影位置情報を追加することが可能となります(ジオタグ)。このジオタグ機能も当方にとっては重要なのです。

 

今回、こちらのGP102+購入にあたってはアマゾンではなく、秋月電子通商から購入しています。こちらの販売店のHPでの商品説明、使用方法の記載があったからです。

 

近日中に新規GPSロガーの使用方法に慣れる必要があります。果たして、新規GPSロガーはGPSロールオーバーに対応し、当方の期待に応じてくれるでしょうか?。

2019年1月 3日 (木)

年末年始の準備2018-2019---その4

Imgp1877

自宅で使用しているパソコンEpson製Endeavor NY3200Sの調子が悪くなりました。起動後暫くするとスピーカーから音が出なくなってしまいました。ネットで調べると、Windows10では発生事例があるようです。自宅にパソコンは1台、仕事場にも1台の環境です。自宅パソコンは2011年11月に購入したもの、仕事場のPCはなんと2009年7月頃に購入したものです。かなりの年季が入っています。いつ故障してもおかしくない状況です。

ということで、back up目的として、また種々のフリーソフトを試すオモチャパソコンとして中古desktop PCを購入しました。PCポケットという広島の店舗からAmazonで見つけたものを購入しています。

梱包は、上記の写真のように中古といえども非常に厳重にクッションが使用してありました。箱も二重となっています。

Imgp1879
パソコンの中身も非常に綺麗な状態です。埃もありません。PCケース外面には少々の傷がありましたが、当方は気になりません。
Imgp1881
今回のPCを使用するにあたってのコンセプトは、お金を掛けないこと、廃物利用をすること等です。中古パソコンの本体(電源ケーブルのみ添付)は\9980(送料込み、1年保証あり)でした。過去に購入したモニターの余っていたアナログケーブルで当方の自室にある液晶テレビに接続し、keyboardは6年前に購入して未使用のものを使用し、mouseはノートパソコンのものを併用しています。PC本体をカメラの防湿庫の上に設置しています。
これから自宅で使用可能なようにソフトをボチボチinstallしています。
約20年前に手を出した中古ノートパソコン(Sony製)は2ケ月程度で、液晶モニターが映らなくなり失敗したので、今回は故障原因が比較的分かり易く、場合によっては対応可能なdesktopとしました。specは以下のようです。
NEC製フレーム型番PC-MK33LLZCD(2011年製)
Windows10 pro(64bits)
CPU第二世代Corei3 2120
メモリー 4GB
HDD 250GB
DVD-スーパーマルチあり
今回、NEC製を選択したのは、PCIスロットに空きがあったからです。こちらの機種はUSB2.0のみの搭載ですので、長持ちするようであればUSB3.0ボードを立てるかもしれません。富士通製のPCにはPCIスロットの空きがないのです。まあ、約30年前にはNECは殿様商売をしており、あまり良い印象は残っておらず、以後、EPSON製PCを愛用して来たのですが、今回は中古なので可とします。

2018年9月 9日 (日)

当ブログ、容量オーバー

Photo

2007年9月に開始した当ブログの@niftyのディスク容量が2GBを超過してしまいました。足掛け11年で約6500枚の写真と記事をuploadして来ました。
まあ、当ブログを閲覧してくれている方々の人数は決して多くはないと思います。また、最近では旅をするのが目的か、ブログを記載するために旅をするのか、本末転倒、目的が不明瞭となって来ました。

と言って、容量オーバーで当ブログを閉鎖したところで、当方も他にすべきこともないので、とりあえず継続することにしました。

ココログのプランをベーシックからプラスへ変更する手続きをしました。容量は2GBから5GBに増量されます。使用料金上乗せは、\450/月+税程度ですので、「まあ、いっか」ってな感じです。

さて、今朝は寝坊をして午前6時頃に起床し、昨日のブラタモリを見ながら朝食を頂いています。外は、纏まった雨が降り、雷鳴も轟いています。とてもjoggingへ出るような状況ではありません。昨日も雨で殆ど、読書をして過ごしています。そうそう、昨日は夕方から夜間は降水がなく午後7時頃から約3Kmのjoggingへ出掛けています。

本日の予定は、お風呂の給水栓の修理、状況確認に担当者が来宅することぐらいです。
今日も、本、PCと向き合って時間が経過しそうです。

2018年6月18日 (月)

復活NEXUS 7

Imgp1468

6/14から不調だったNEXUS 7(2013年1月購入)が復活しました。原因は、バッテリーの完全放電だったようです。何となく、充電の継続、中断を繰り返しているうちに充電可能となり復活しました。ネットで調べてみると、ASUSのHPに対処方法が記載されていました。一時は、新規タブレット、2-1ノートパソコンの購入を検討していましたが中止です。そういえば、次男のNEXUS 7もトラブルを発生したようです。まあ、余計な出費をする必要性がなくなり少々、安堵です。メールとネット検索程度のみで使用しているので新規高性能タブレットは不要だったのです。

2018年6月 8日 (金)

PQ1 Air

Pqi01
約6年間、放置していたPQ1 AirCardを開封してみました。こちらは入っていた箱です。
本体は、
Pqi02
写真上がSD card大のWiFi無線機なのでしょう。写真下が16Gのmicro SDHC cardです。本体も箱の1/10程度の大きさです。こんなに大きな箱を準備する必要があったかと思います。
こちらは約5年前に新規に光回線を引いた際にポイント交換したものです。今回、WiFi無線機を使用する予定はないのですが、記録cardのみが必要となって開封した次第です。
WiFi無線機の使用方法が分かりませんが、使用するのは更に先になることでしょう。といっているうちにソフトがversion upして使用不可になっていることが多々あるのです。

2018年2月24日 (土)

LibreOffice

Libre2
Windows10のupdateに伴い自宅PCのMicorsoft-Wordが壊れてしまい、ワープロが使用不可となっていました。仕事場では、Kingsoft WPS Officeを購入して使用していますが、自宅でもワープロを使用することがあり、困惑していました。
 以前から、OpenOfficeやStarSuitが存在することは知っていましたが、調べているうちにOpenOfficeからの派生型であるLibreOfficeが頻回にVersion upしていとのことで、自宅ではLibreOfficeを試用してみることにしました。未だ、ワープロのみの使用です。少々、癖のあるアプリでページ設定に関して困惑しましたが、極一般的な使用に関しては全く支障がないようです。暫くの間、使用してみることにします。

2018年1月 9日 (火)

CPUスタンド

Img_2163 CPUスタンドを新規に購入しました。実は、先日の新規HDD追加の際に使用していたCPUスタンドのキャスター部分が壊れてしまったのです。壊れたCPUスタンドの耐荷重は10Kgでした。ところが、当方が仕事場で使用しているPCは初期状態で10.6Kgなのでした。HDDと2基追加しているので、それ以上の質量になっているはずです。今回、購入したのはサンワサプライPCキャスターCPUスタンドCP-031というのが正式名称のようです。選択基準は、アマゾンでベストセラーだったからです。耐荷重は20Kgとのことです。Img_2166 こちらの商品を組み立てたものが、この写真です。交差点にもキャスターが付き5個のキャスター付きです。Img_2170 PCを乗せた状態です。こうすることでPCの移動が楽になるのです。こちらのPCも2009年7月に購入したものですので、9年目に突入しています。

2017年12月23日 (土)

WPS Office Standard Edition

Img_2142 WPS Office Standard Edition(以前のKingSoft Office)を購入しました。現物が手元にないと不安なのでCD-ROM版を購入しています。実は、12月のWindows10のupdate後に当方が使用していた古いMicrosoft Office 2000の内、MS-Wordのみが壊れてしまい、日本語入力不可となってしまいました。Powerpoint、Excelは使用可能でした。ということで、text editorである「メモ帳」でも良かったのですが、以前から気になっていたOffice互換ソフトであるこちらのソフトを購入した次第です。アマゾンギフト券の残を使用して購入しています。まあ、実質、ワープロのみの使用で支障はないと考えています。IMEのユーザー辞書も使用可能の印象です。

さて、昨夜は夜勤でした。先ほど、朝食を頂きながら当方のお気に入りの「ピタゴラスイッチ」を見ていました。あの番組は決して幼児向けの番組ではなく、大人向けの番組だと思います。当方が気に入っているのは、ビー玉三兄弟の冒険、アルゴリズム体操、巻き尺のジャック等です。その番組を見ながら当方は「動くものが好き」なのだと感じています。元旦の「大人のピタゴラスイッチ」を楽しみにしています。そろそろ、夜勤明けで帰宅します。雑用をすることになるでしょう。

2017年7月 4日 (火)

Epsondirect Endeavor NY3200S---インスタントキー不調

02
2011年11月に購入したEpsondirect製Endeavor NY3200SをWindows10へupgradeした後から特にインスタントキー不調が発生するようになりました。
インスタントキーとはWiFiやタッチパッドを制御するkeyで、Fnボタンを押しながらfunction keyでコントロールすることになります。
特に困っていたのが、タッチパッドの機能をoffにすることが出来なかったことです。タイピングしている際に、どうしてもタッチパッドに指が触れてしまいカソールが勝手に移動してしまうのです。さらに、場合によっては内臓無線LANが勝手にoffになってしまいます。この時、パソコンにあるindicatorでは内臓無線LANはonままの表示となり状態把握が困難となるのです。
2016年5月と2017年6月に同様の不具合が発生しました。内臓無線LANが未接続となってしまうことに関しては、予備としてUSB接続の無線LAN子機があるので直ぐに対応可能なのですが、タッチパッド機能をoffにできないことにストレスを感じていました。
 
 ネットで調べてみると、「責難は成事にあらず---2015年8月2日」の記事を発見しました。音が出ない不具合も当方は経験していますが、インスタントキーに関して、この記載通りにデバイスマネージャーでlenovo--を削除後、Windows8用のインスタントキーutilityをダウンロードすることでほぼ解決できました。「ほぼ」というのはタッチパッドのon-offはdisplayに表示不可なのですが実施可能となったのです。
ネットで検索すると種々のことを発見することが出来ます。こちらの記事は本当にusefulでした。困っていただけに筆者に感謝します。困っている人の役に立つということが社会人の基本であることを再確認しました。

より以前の記事一覧

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック