旅行・地域

2018年9月19日 (水)

旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅---その46

Dscf1108

2018年4月、京都へ会議で出張した際に挙行した第5次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。4/14午前10時過ぎには瀬田唐橋付近に居ました。今回の旧東海道徒歩の旅で最も見てみたいと思っていたのが瀬田唐橋です。漸く、唐橋東詰交差点の横断歩道を渡りました。例の旧街道案内板がありました。

Dscf1111
現在地はまさにWCの下となっています。
Dscf1112
下の案内には、橋守神社は、正しくは龍王宮秀郷神社といい、藤原秀郷(俵藤太)が百足を退治して龍王乙姫と結ばれたことに由来しているようです。なんか、昔、俵藤太の名前は聞いたような記憶があるけど---。
Dscf1113
こちらが、橋欄干にある瀬田唐橋の名称です。非常に立派なものでした。
Dscf1114
でも、直ぐに唐橋を渡るのは勿体ないので、下流側琵琶湖側へ河岸へ行ってみました。唐橋の全体像が、こちらの写真となります。瀬田川の川幅もかなり広いことが判ります。
Dscf1115
対岸側には、高層マンション、ホテル、旅館等が川辺付近にあるのでした。写真右が琵琶湖側となります。
Dscf1117
瀬田川では、大学生でしょうか、ボートの練習をしているのでした。

2018年9月17日 (月)

旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅---その44

Dscf1089

2018年4月、京都へ会議で出張した際に挙行した第5次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。4/14午前10時前には大津市神領3丁目付近の旧東海道に居ました。旧街道から、こちらの店舗が見えました。「瀬田名物 たにし飴製造元 辻元製菓舗」とあります。「えっ、たにしを飴にするの?」と知らない人は思うでしょう。型が似ていることで命名されているようです。普通にニッキ味のようです。

Dscf1090
さて、近江鉄道神領建部大社前バス停まで歩いてきました。
Dscf1091
建部大社は進行方向とは逆に位置します。写真左に大社の杜が、右には官幣大社建部神社と石碑があります。高齢の団体観光客がガイドさんに引率されて建部大社方向へ歩いて行きました。
Dscf1094
例の旧東海道案内板がありました。地名は神領3町目とあります。瀬田唐橋まで300mとの記載もあります。」
Dscf1096
現在地は、瀬田唐橋の東300mに居るようです。この案内板から、中洲が存在することが判りますね。
Dscf1097
建部大社に関する記載もありました。755年に現在地に移設されたこと、祭神は日本武尊であることが記載されています。勿論、神社、お寺さんには興味がないのでpassします。
Dscf1098
信号にも、「神領」の地名が記載されていました。

2018年9月14日 (金)

旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅---その43

Dscf1077

2018年4月、京都へ会議で出張した際に挙行した第5次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。さて、近江国庁跡を散策した後には、旧東海道へ戻っています。4/14午前9時半過ぎには大津市大江3丁目付近の旧東海道に居ました。なんだか大きな樹木が見えてきました。接近してみましょう。

Dscf1078
案内板には、「大場の桜」との記載があります。樹齢約200年で、旧東海道と芦浦街道との分岐合流点に位置しているとの説明です。とまあ、説明文は良いのですが、名所附近がゴミ集積場となっているのは、少々、興ざめですね。
Dscf1080
こちらが、大江3丁目の案内となります。瀬田の唐橋まで700mと案内されています。
Dscf1082
現在地を確認しましょう。現在地から右斜め上方向へ進むことになります。赤くWCとあるのが、瀬田の唐橋です。
Dscf1084
旧東海道を進みます。内田組の前に東海道の矢印がありました。
Dscf1085
その方向へ進むと、建部大社春祭りの交通規制の案内がありました。明日4/15午後1時から交通規制があるようです。1日早かったのが、良かったのか、悪かったのか、どうでしょう。
Dscf1087
近江鉄道瀬田南小学校前バス停まで歩いてきました。この付近の旧東海道は交通量が多く、バスも需要があるのでしょう、バス停も劣化はしていません。

2018年9月10日 (月)

旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅---その41

Dscf1055

2018年4月、京都へ会議で出張した際に挙行した第5次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。4/14午前9時半前には大津市大江6丁目付近の旧東海道に居ました。例の案内板がありました。瀬田の唐橋まで約1.4Kmとの記載があります。期待が膨らみます。

Dscf1056
現在地は、写真中央の赤い▲の地点となります。全体像が把握可能な地図となっています。
Dscf1058
案内板下部には近江国庁跡に関する記載があります。奈良時代中頃建設され、平安時代中頃まで存在してとの記載があります。
Dscf1059
電信柱上部には、近江国庁跡まで100mとの記載があります。「まあ、100mなら行ってみるか」と感じ、旧東海道を離れることになります。
Dscf1060
旧東海道は、こちらの道となるのですが、少々、国庁跡を散策してみることにします。
Dscf1061
道を進むと、この写真のような広場となりました。かなり広い広場です。どうやら、こちらが国庁跡のようです。

2018年9月 7日 (金)

旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅---その40

Dscf1048
2018年4月、京都へ会議で出張した際に挙行した第5次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。4/14午前9時過ぎには大津市大江3丁目付近の旧東海道に居ました。こちらは、例の案内板となります。現在地は、瀬田小学校前にようです。瀬田の唐橋まで約1.8Kmとの記載があります。この日の主目的が瀬田の唐橋を見ることでしたので、近づくにつれ元気が出ます。
Dscf1049
案内下には、地図の記載もありました。赤い線が旧東海道となります。旧東海道が、ここでは南北方向に走行していることがよく判りますね。近くには東レ瀬田工場もあることが判ります。
Dscf1050
拡大して撮影してみます。現在地は、この写真のようになっています。
Dscf1051
さらに下には、この付近に一時期、西行法師が居住していたことも記載されていました。
Dscf1052
この付近にも瀬田中学校の標語がありました。「くじけるな 明日があるから 頑張って」とあります。
Dscf1053
この付近の旧東海道は、このように交通量も少なく、標語に励まされて「頑張って」歩くのでした。
Dscf1054
初田仏壇店付近まで歩いてきました。写真では見難いのですが、電信柱に旧東海道は道路を右折するような案内がありました。このような案内は非常に有益です。迷子にならずに旅することができるのです。

2018年9月 6日 (木)

旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅---その39

Dscf1040 2018年4月、京都へ会議で出張した際に挙行した第5次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。4/14午前9時過ぎには大津市大江付近の旧東海道に居ました。瀬田中学校が近くにあるようです。「あいさつは、人より先に、元気よく」と標語が記載された看板がありました。全く同感です。
Dscf1041
大江東北自治会館前には、先の大江の史跡文化財マップがあるのです。
Dscf1042
旧東海道は茶色で示されています。芦浦街道というものがあるようです。紫色で示されています。今回、芦浦街道を調べてみると東海道の枝道の1つのようです。
Dscf1044
この付近には、近江鉄道の東北自治会館前のバス停があります。バス停はかなり経年劣化しています。近づくと、
Dscf1045
「高橋川循環線の廃止について」という張り紙がありました。どうもバス路線が廃止されたようです。当方も居住地では、殆どバスを利用することはありませんが、はやり公共交通機関が廃止されることには寂しい気持ちがありますね。
Dscf1046 さて、旧東海道を京方面へ向け進みます。この交差点で、旧東海道は南北方向へ直角に曲がることになります。
Dscf1047 交差点は、このようになっています。特に信号の設置もなく、今となっては交通量も決して多くないような印象でした。

2018年9月 5日 (水)

旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅---その38

Dscf1032 2018年4月、京都へ会議で出張した際に挙行した第5次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。4/14午前9時過ぎには大津市大江4丁目付近の旧東海道に居ました。この写真は、その付近の道路となります。なんの変哲もない道路で旧東海道であることを実感している人は少ないことでしょう。
Dscf1033 交差点を渡ると、このような告知がありました。5/5から若松神社祭礼、神輿巡行があるようです。道路混雑予想とのこと、大きなお祭りがあるのでしょうか。
Dscf1034 この付近は、今では住宅地になっているような佇まいです。
Dscf1035 このような看板がありました。
「大江の千里(ちりんさん)」とあります。この付近の地名の由来は、この付近を荘園として所有していた大江氏に由来するようです。大江の千里は、三十六歌仙の一人で、百人一首の歌人として有名との記載もあります。その奥方が、この地に住んでいたとの記載もありました。まあ、当方にとっての大江千里は歌手ですが。
Dscf1037 ちかくに、こちらのmapがありました。
Dscf1039 大江の史跡文化財マップをあります。
Dscf1038 現在地は、こちらのようになります。写真右から左に向かって進行しています。これから旧東海道は進行方向左折するようです。

2018年9月 4日 (火)

旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅---その37

Dscf1025 2018年4月、京都へ会議で出張した際に挙行した第5次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。4/14午前9時前には大津市一里山付近の旧東海道に居ました。トイレ休憩の後、一里塚趾付近に戻っています。一里塚趾の道路対側に、こちらの道標がありました。
Dscf1024
上方向には、「三条大橋まで五里余り」とあります。平成22年8月に建立されたもののようです。五里といえば約20Km程度となります。まあ、今回は手原駅から出発しており、浜松手原間は、この時点では未歩行なので、まだまだゴールは遠いのです。
Dscf1026
こちらの交差点の信号には、一里塚二丁目北との記載がありました。
Dscf1027
旧東海道はやや下り坂となって瀬田川方面へ向かいます。
Dscf1028
大江四丁目付近に旧東海道の案内板がありました。
Dscf1029
現在地を確認しましょう。やはり、旧東海道はなかりの蛇行を呈しているのでした。近くにはJR瀬田駅があることが判ります。現在地を拡大して撮影してみます。
Dscf1030
旧東海道は、これから灰色で示した現在の国道1号線方向へ向かうようです。

2018年9月 3日 (月)

旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅---その36

Dscf1013 2018年4月、京都へ会議で出張した際に挙行した第5次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。4/14午前8時半過ぎには大津市一里山3丁目付近の旧東海道に居ました。こちらの写真は、この付近の旧東海道を撮影したもので、何の変哲もないただの道なのでした。
Dscf1014 その名ままの一里山橋を渡ります。
Dscf1017 電柱の掲示から一里山1丁目に到達したことが判ります。
Dscf1018 面白いものを見つけました。何かの工場のようですが、郵便箱のようなものが、レールに乗って2階まで移動するようです。勿論、面白かったので撮影しました。
Dscf1019 道路脇に一里塚趾がありました。比較的大きな石で成人男性の身長程、ありそうです。Dscf1021 傍示石の横には一里塚趾の説明がありました。案内には、大津と草津の間に位置する一里塚で、明治末期に取り除かれたことが記載されています。
Dscf1022 一里塚趾から瀬田駅方面へ歩き、こちらの店舗でトイレ休憩を取っています。

2018年8月31日 (金)

旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅---その35

Dscf1002 2018年4月、京都へ会議で出張した際に挙行した第5次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。4/14午前8時半過ぎには大津市月輪付近の旧東海道に居ました。この付近の旧東海道も、こちらの写真のように緩やかなカーブを呈しているのでした。信号付近には、
Dscf1004
東海道立場跡と傍示石がありました。傍示石の側面には、月輪の地名由来が記載されていました。荘園主の名前あるいは池に映る月の影由来と、前回のブログと同様の説明がありました。
Dscf1006 傍示石横には、このような平地がありました。「これが月輪池かな」なんて思っていました。さらに京方面へ歩くと案内板があり、江戸側東側の池が下月輪池で京都側西側の池が山ノ神池というようです。これら池の先に一里山公園もあるようです。
Dscf1007 さらに旧東海道を京方面へ進みます。現在となっては、旧東海道はこちら写真のように、クランク状になっています。
Dscf1008 クランク状になっていることから、この付近では、旧東海道が掲示されているのでした。写真は逆光となって、判り難いですね。
Dscf1009 旧東海道を示す案内がありました。赤で示す現在地のように旧街道は、ガタガタとカーブしているのです。Dscf1011 案内板には、この付近が一里山3丁目であることが記載されていました。案内の中間部には、この付近の瀬田丘陵から琵琶湖にかけて山ノ神遺跡があり、窯跡、工房跡が存在したようです。その出土品から7世紀中頃から末頃に操業されていたとの記載もありました。

より以前の記事一覧

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック