旅行・地域

2019年10月22日 (火)

旅の思い出---第7次旧東海道徒歩の旅その2

Dscf3960

2019年4月26日金曜日から第7次旧東海道徒歩の旅へ出発しています。第7次は旧東海道といっても名古屋市宮の渡し公園から桑名宿まで国道1号線を歩いています。宮の渡し公園を出発して直ぐに、熱田魚問屋モニュメントがありました。案内には、この付近にはかつて熱田魚市場が存在したことが記載されています。

Dscf3962

案内板中央にあった地図となります。現在地は、宮の渡し公園から左やや上方の大瀬子公園となります。青い点線で旧東海道が示してあります。

Dscf3964

こちらが、熱田魚問屋モニュメントとなります。

Dscf3965

魚問屋モニュメントを過ぎ、白鳥橋東交差点で国道1号線と合流することになります。

Dscf3966

道路案内標識には、四日市、弥富の文字が見えます。4/26は、弥富まで歩いたことになります。国道1号線を西進します。

Dscf3972

白鳥東交差点から約40分の歩行で昭和橋バス停まで到着しています。バス停以外にあまり撮影するようなものがありません。

Dscf3977

さらに40分程度、歩行すると松陰公園前バス停まで到着しました。こちらは、「しょういん」とは読まず「まつかげ」と読むようです。吉田松陰とは全く関係がないのでしょう。

2019年10月21日 (月)

旅の思い出---第7次旧東海道徒歩の旅その1

Dscf3928

2018年5月下旬に第6次旧東海道徒歩の旅は現在の名古屋市宮の渡し公園まで到着していました。旧東海道はこの宮宿(熱田宿)から桑名宿までは「7里の渡し」といい旧東海道で唯一の海路となります。どのように対応しようかと考えていましたが、丁度、2019年4月に名古屋で会議があるので、これに便乗して宮宿から桑名宿まで現在の国道1号線を歩くことにしました。江戸日本橋から折角、名古屋まで徒歩で来たので、ここはついでに歩くことにしたのでした。距離的には、7里の渡しとのことで約28Kmを想定していました。「28Kmなら2日の行程で歩行可能」と思いました。ということで、2019年4月26日金曜日、宮﨑空港8:50分発中部国際空港行きのANA342便へ搭乗するのでした。

Dscf3934

中部国際空港に到着後、荷物をホテルへ預けるべく名古屋市栄地区へ到着しています。写真に撮影日時を挿入するのを失念していますが、午前11:20分頃に撮影しています。やはり名古屋は都会です。もともと当方は、no sense of directionなのですが、予約しているホテルを発見するまで少々、彷徨するのでした。

Dscf3942

無事、荷物をホテルに預けた後、地下鉄名城線栄駅から宮の渡し公園近くの伝馬町駅まで移動しています。こちらは、地上の出入り口です。空に雲はありますが、晴天です。街はランチを終了したサラリーマンが居るのでした。

Dscf3945

この付近の看板で、現在地を撮影しています。現在地の近くには、「歩道橋をジグザグに上り堀川側の公園に降りる」と記載されています。その通りに歩きます。

Dscf3950

1年ぶりに宮の渡し公園へ到着しました。大きな燈籠が当方を出迎えてくれました。

Dscf3955

こちらは、堀川から伊勢湾方向を撮影したものです。本来であれば、旧東海道はこちらから海路となり、当方も船上の人になるはずでした。

2019年10月16日 (水)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その164(第6次の最終回)

Dscf3894

2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/29午後4時半前には旧東海道宮宿を通過し名鉄神宮前駅付近に居ました。こちらから神宮前駅の名鉄線のりばへ向かいのでした。

Dscf3895

恐らく、16:40分神宮前駅発の特急に乗車したような記憶があります。

Dscf3899

こちらが、神宮前駅に入線して来た特急電車のはずです。

02_20190627155401

5/29の行程は、GPSロガーによると知立駅から宮の渡し公園までの約24Kmとなりました。写真の茶色で提示されています。

Dscf3905

翌5/30は豊橋から宮崎への移動のみです。6:30分からホテルで朝食を取り、6:50分過ぎには豊橋駅に向かって歩いていました。

こちらは、豊橋駅前階上から撮影しています。

Dscf3906

名鉄線に乗車し、8:40分頃には中部国際空港に到着していたようです。写真右が国内線出発ゲートとなります。

Dscf3907

10:45分中部国際空港発のANA345便へ搭乗し、宮﨑へ戻っています。第6次の旧東海道徒歩の旅も天候に恵まれ予定行程を歩くことができました。良かった良かった。

 

2019年10月15日 (火)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その163

Dscf3871

2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/29午後4時前には旧東海道宮宿に到達していました。宮の渡し公園内にあった地図となります。現在地は、赤い△で記載されている場所です。

Dscf3879

こちらの写真が順光で、比較的よくこちらの公園を表現したものになりそうです。写真右には、七里の渡しとの道標があります。写真左が港となります。

Dscf3881

案内には、1826年にシーボルトが通過した記載があり、

Dscf3882

松尾芭蕉が滞在した記載もありました。この後、ベースキャンプへ戻るべく名鉄名古屋本線神宮前駅まで徒歩で移動することになります。

Dscf3885

熱田神宮手前に、「ほうろく地蔵」なるものがありました。説明文を読んでも、当方にはよく理解できないのでした。要は、石仏があるようです。

Dscf3886

こちらが、その「ほうろく地蔵」なのです。

Dscf3890

ほうろく地蔵から、約10分程度の歩行で、熱田神宮参道?付近に到着しました。神宮前駅を相対しています。

2019年10月14日 (月)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その162

Dscf3851

2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/29午後3時半過ぎには旧東海道宮宿手前まで到達していました。現在の名古屋市熱田区伝馬1丁目付近に居たことになります。歩道橋上から、これから進むべき方向を撮影しています。写真中央の道が旧東海道です。

Dscf3853

歩道橋を降りるとすぐに、宝勝院がありました。なんだか、色々と説明が記載されていますが、お寺さんには興味がないのでpassします。

Dscf3854

といいながら、法勝院正面を撮影するのでした。

Dscf3858

そして漸く、今回も目的地である宮の渡し公園へ到着しました。旧東海道宮宿となります。

Dscf3864 

熱田常夜燈の説明がありました。解説では、1625年に建立されたとのきおとです。こちらの常夜燈は昭和30年に復元されたもののようです。

こちらの常夜燈を管理していたのが、先の宝勝院とのことです。

Dscf3865

こちらが、その常夜燈です。少々、逆光となってしまいました。

Dscf3869

この辺りには、歌川広重による「宮の宿舟着場風景」がありました。

030001_017

高校同級生に頂いた宮/熱田・熱田神宮の浮世絵は、こちらとなります。舟着場風景とは異なります。色々のバージョンがあるのでしょう。

2019年10月12日 (土)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その161

Dscf3840

2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/29午後3時半頃には旧東海道宮宿手前まで到達していました。現在の名古屋市熱田区付近に居たことになります。裁断橋を過ぎて名古屋市内では旧東海道は、こちらの写真のようになります。

Dscf3841

旧街道沿いに、総本家亀屋芳広がありました。どうやら和菓子屋さんのようです。こちらも、「亀」に過剰反応してしまいます。

Dscf3843

こちらの案内板から当方が熱田区に入ったことが判ります。

Dscf3845

休日急病診療所近くには、道標がありました。案内には1790年に設置されたようです。西面には「東 江戸街道、北 名古屋木曽道」と、北面には「南 京伊勢七里の渡し これより北あつた御本社弐丁」との記載があったようです。

Dscf3846

こちらが、その道標となります。

Dscf3848

前方に歩道橋が見えてきました。歩道橋には熱田区伝馬1丁目との記載があります。

Dscf3849

歩道橋上から熱田神宮方面を撮影しています。遠く緑の杜が熱田神宮となります。

2019年10月11日 (金)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その160

Dscf3823

2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/29午後3時半前には旧東海道宮宿手前まで到達していました。現在の名古屋市瑞穂区付近に居たことになります。前方に「水と緑と歴史のまち 宮地区」の案内板があります。勿論、近づいて見てみましょう。

Dscf3824

案内板の劣化が激しいのですが、旧東海道は赤線で示してあります。現在地の記載もあります。写真右から左へ向かって進むことになります。これから先、左折するようです。

Dscf3825

歴史の項では、「熱田社の門前町である宮地区は、佐屋、美濃、木曽の諸街道への重要な分岐点となっていたことから、経済情報、文化の中心都市的役割を担い、東海道五十三次の41番目の宿場町宮宿として古くから栄えたところでした」との記載があります。「また、東海道五十三次のうち唯一の海上路で桑名までの距離が7里だったため七里の渡しと呼ばれ熱田社の門前町であることから、宮の渡しとも呼ばれていました」のも記載されています。

Dscf3826

こちらが、七里の渡しを記載したものですが、劣化しており判然としません。

Dscf3829

こちらの案内板のあった場所の全体像です。なんだか一里塚を彷彿とさせるような景観です。

Dscf3830

直ぐ近くには、裁断橋址なる傍示石がありました。

Dscf3831

案内には、こちらの橋が宮宿の東外れを流れる精進川の東海道筋に掛かっていたこと、1590年の小田原の陣でわが子を亡くした母親が橋の架け替えを行ったこと等の記載があります。

Dscf3834

こちらが、旧裁断橋桁石とのことです。かなり古そうな石ですね。

2019年10月10日 (木)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その159

Dscf3805

2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/29午後3時過ぎには旧東海道宮宿手前まで到着していました。現在の名古屋市瑞浪区付近に居たことになります。名古屋を実感させる建物が前方に見えてきました。パロマです。その後ろにも名古屋らしい会社の看板が見えます。

Dscf3806

少々、旧街道を進むとその看板が見えてきました。トヨトミです。当家でもトヨトミのファンヒーターを使用しています。

Dscf3809

さらに旧東海道を進むと踏切となりました。こちらで鉄道を横切ることになりました。

Dscf3812

踏切を渡ると「東海道踏切」との記載があります。どうやらJRの東海道本線のようです。

Dscf3818

熱田橋を渡りました。こちらの名称から熱田神宮のある宮宿付近まで到達していることを実感できます。

Dscf3820

さらに進むと、今後は鉄道橋の下を潜ることになります。こちらは何の線路でしょうか?

Dscf3822

鉄橋の下には、東海道を示すコンクリート製の杭があるのでした。自分の位置する場所が確認できて助かります。

2019年10月 9日 (水)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その158

Dscf3783

2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/29午後2時半過ぎには旧東海道宮宿の手前まで到着していました。現在の名古屋市天白区から瑞穂区付近に居たことになります。こちらは熊野三社となります。何故、撮影したのかというとガイドブックにあったからです。写真右には宿駅制度制定400年記念碑があります。

Dscf3784

2-3分、進むと東海道の傍示石の側面に山崎の長坂とあります。文字通りの坂があるようです。

Dscf3785

こちらが、その長い坂となります。写真では判り難いと思いますが、緩やかな登り坂となっています。

Dscf3792

旧東海道は、山崎橋と渡ると川沿いに進むことになります。写真左に川があります。

Dscf3794

すると、名古屋の基幹産業の1つであるブラザー瑞穂工場が見えてきました。

Dscf3797

穂波歩道橋を渡ります。歩道橋には瑞穂区の記載があります。知らないうちに天白区から瑞穂区へ移動していたようです。

Dscf3802

穂波歩道橋から交差点を撮影しています。こちらの歩道橋は片道3車線を跨ぐ大掛かりな歩道橋なのです。

2019年10月 8日 (火)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その157

Dscf3766

2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/29午後2時半前には旧東海道鳴海宿を通過し宮宿へ向かって歩いていました。現在の名古屋市天白区内に居たことになります。例の東海道の傍示石がありました。調べてみると塩付街道とは、江戸時代笠寺星崎一帯で生産された塩を、長野方面に運搬するルートの一部として用いられていた」とあります。 

Dscf3767

さらに少々、進むと「名古屋十名所」なる傍示石がありました。

Dscf3768

名古屋十名所の1つが、こちらの施設のようです。

Dscf3769

鳥居の右には、宿駅制度制定400年記念碑がありました。

Dscf3770

こちらの施設は、長楽寺のようです。子犬、子猫の里親会が開催されているようです。でも、何故、お寺さんに鳥居なのでしょうか?

Dscf3775

長楽寺を過ぎ、呼続小学校前歩道橋を渡ると、街燈には東海道呼続発展会による東海道の表示がありました。こちらは通学路になっているようです。

Dscf3779

誓願寺さん前にも東海道の傍示石がありました。

 

より以前の記事一覧

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック