書籍・雑誌

2024年5月26日 (日)

カシスの舞い

Photo_20240511162801

今回は、こちらの本を選択しています。帚木蓬生氏の「カシスの舞い」です。本のカバーには、以下のように紹介されています。

分裂病と覚醒剤中毒の治療・研究に成果を上げている、南仏マルセイユの大学病院解剖実習室で、首なし死体が発見された! だが、被害者とおぼしき元患者のカルテは消えている。疑惑を抱き、調査を始めた日本人精神科医・水野の周囲で次々に起こる、不可解な事件。暗号名〈カシスの舞い〉の意味するものは。そして、脳研究所で行なわれている実験とは――。戦慄の医学ミステリー。

今回も、読書中に付箋を貼付した箇所を抜粋してみましょう。

「相手が悟るまで黙って待つという解決法があるのですね」本文, p212。

子供が生まれ育つにつれて、自分(父親)はいつのまにか、もの言わぬ家具のように存在になっていた。本文、p241。

99の不幸を、1の幸せで帳消しにするような母の考え方に、私は圧倒される思いでした。本文、p310。

甘い蜜を与えつづけられると、更により甘い蜜を求めるもののようです。本文,p318。

社会の重圧なんて1ケ所に集中するものではなく、大なり小なり万人に等しくのしかかっているものでしょう。本文、p322。

患者に親切であり得るために猛勉強もしたし、次々と昇進試験も受けた。結局、これといって才能のない人間がやれることは、それだけだったのだよ。ある教授の言葉、本文、p351。

最初、こちらの本を読書しはじめたときには、どうなることかと心配しましたが。結果的に落ち着くことが出来たようです。

こちらの本も、帚木蓬生氏の本であったので古本屋さんで発見し購入している次第です。まあ、勉強させて頂きました。

2024年5月 5日 (日)

碇星

Ikai

今回は、こちらの本を選択しています。吉村昭氏の「碇星」です。

吉村昭氏の長編は、殆ど読書しているのですが、たまたま古本屋さんで短篇集であるこの本を発見したので購入しました。

孤独を分かち合う70歳過ぎの三人の男たち、定年と同時に妻に去られた男に心境等が記載されています。

既に他人事ではないことばかりが記載されており、少々、落ち込むのでした。

2024年4月21日 (日)

FACE

Face

今回は、こちらの本を選択しています。横山秀夫氏の「FACE」です。Amazonでは、以下のように紹介されています。

「わたしのゆめは、ふけいさんに、なることです」小学1年生の時の夢を叶え警察官になった平野瑞穂。特技を活かし、鑑識課機動鑑識班で似顔絵捜査官として任務にあたっていた。「だから女はつかえねぇ! 」鑑識課長の言葉に傷つき、男社会の論理に苦悩しながらも、忠実に職務に立ち向かう。描くのは犯罪者の心の闇。追い詰めるのは「顔なき犯人」。女性主人公の活躍を鮮やかに描く異色のD県警シリーズ!

こちらの本を読書中に付箋を貼付した箇所は、一箇所です。

「あたしはもうまっぴら。自分のために生きるって決めた」千恵子の言葉、p102。

こちらは、横山秀夫氏のいわゆる警察小説です。婦警さんも、色々、大変な環境にあることが十分に理解できました。楽しませて頂きました。

2024年3月24日 (日)

軍師二人

Photo_20240314183201

今回は、こちらの本を選択しています。司馬遼太郎氏の「軍師二人」です。本のカバーには以下のように紹介されています。

戦国の英雄たちの中で群を抜いて輝く二人の武将ーー天稟(てんぴん)の智将・真田幸村と、千軍万馬の勇将・後藤又兵衛。名将なるが故の葛藤と互いの深い洞察を語る〈軍師二人〉。徳川家康の女性観を描く〈嬖女(めかけ)守り〉。他、争乱の時代を生きた、戦にも、女にも強い、生き物の典型としての男たちを描く、興趣尽きない短編集。

こちらの本でも読書中に気になって付箋を貼付した箇所を抜粋してみましょう。

「働かば、極楽浄土に連れまいらすぞ」本願寺上人に言葉、p12。

「ひとの一生というものは欲をいうてはキリがない」薄田兼相の言葉、p275。

「わしの家来どもは、わしのみを頼りに、しかもわしのみを見つめて暮らしている」渡辺勘兵衛の言葉、p335。

「道楽がなければ、男が肥らぬ」渡辺勘兵衛の言葉、p339。

こちらは、司馬遼太郎氏の短編集となります。今回、古本屋で発見し、司馬遼太郎氏の本でしたので購入したのですが、何だか、過去に読書した記憶があるような、ないような。一応、書庫を見てみましたが発見はできませんでした。

2024年3月10日 (日)

これで世の中わかる!ニュースの基礎の基礎

Photo_20240304205201

今回は、こちらの本を選択しています。池上彰氏の「これで世の中わかる!ニュースの基礎の基礎」です。

カバーに本の紹介が記載されているのですが、今回は割愛します。

今回、こちらの本を読書して最も印象に残っている箇所(p63)を要約してみます。

黒海は外洋との水の入れ替えが殆どない→水は酸素不足状態→海中のバクテリアが死滅して海底に蓄積し硫化水素を発生→硫化水素は黒い。

紅海では、しばしば大量のプランクトンが発生し赤潮を引き起こす→海が紅くなる。

「なるほど」という感じですね。

 

2024年3月 3日 (日)

Photo_20240226165701

今回は、こちらの本を選択しています。吉村昭氏の「磔」です。アマゾンでは以下のように紹介しています。

慶長元年暮、凍えそうな寒風の中をボロをまとい、みじめに垢じみて、一様に片方の耳をそぎ落とされた二十数人が、裸足のまま山陽道を追い立てられていった、長崎で磔にされるために……。
抑制のきいた筆で、あくまで史実に沿いながら、秀吉によって苛酷に弾圧され、京都から長崎に向かう切支丹信者たちの群像を浮かび上がらせた作品。他に「三色旗」「コロリ」「動く牙」「洋用建造」、歴史に材を得て、人の生を深く見すえた短篇全五作を収録。解説・曾根博義

長崎に26聖人殉教の地という碑がありますが、その意味が判りませんでした。こちらの「磔」とうい短編を読んでその意味が判りました。

また、以前、吉村昭氏の小説を読んで安政の大地震に伴うプチャーチン座乗のディアナ号が破船したこと、日本初の洋船建造が戸田で行われたことも知っていました。この洋船建造の件を、誰か小説にしてくれないかと思っていたが、やはり同氏が小説にしていました。

吉村氏の長編小説は殆ど読書していますが、短編で記載されていたのは知りませんでした。これからは、同氏の短編も読書することにします。

2024年2月25日 (日)

秘密結社にご注意を

Himitu

今回は、こちらの本を選択しています。新藤卓広氏の「秘密結社にご注意を」です。本のカバーには以下のように紹介されています。

ストーカー容疑をかけられたことから会社をクビになり、引きこもりの生活を続けていた青野恵介は、ひょんなことから“秘密結社"に就職することになる。その頃、様々な事件が同時進行していた。息子を誘拐された会社員は、犯人からの指示でのこぎりを購入。ピッキングが趣味の男は挑戦状を受け取り……。まったく無関係に見えたそれぞれの事件が、やがてつながり始めて――。第11回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞受賞のユーモア・ミステリー。

さて、こちらの本も読書中に気になって付箋を貼付した箇所を抜粋してみましょう。

生きることがもちろん人生最高の目標である、須藤の言葉、p49。

生きるとういことは呼吸することではない。行動することだ、須藤の言葉, p50。

自分のできる範囲内で最大限努力すること、それが生きるということである。須藤の言葉, p50。

ウィン、ウィンの精神で付き合ってこそ、最大の利益が生まれる。本文、p129。

自分がやったことしか、自分に返って来ないからな、大東の言葉,p191。

やつら(医系技官)のような現場を知らないペーパードクターがー---。本文, p320

こちらの本でも多数の素敵な言葉が散りばめてありました。ただ、こちらの本では、時系列が前後することがあります。当方のような頭の悪い人間には理解し辛いのでした。また、少々、現実離れしている箇所もあり当方にはついて行けませんでした。

著者は、宮崎県庁に勤務されているようですが、ひょっとすると同業者なのかもしれません。「秘密結社」という言葉につられて購入しました。

2024年2月18日 (日)

ルーズヴェルトゲーム

Photo_20240201163101

今回は、こちらの本を選択しています。池井戸潤氏の「ルーズヴェルト・ゲーム」です。本のカバーには以下のように紹介されています。

大手ライバル企業に攻勢をかけられ、業績不振にあえぐ青島製作所。リストラが始まり、歴史ある野球部の存続を疑問視する声が上がる。かつての名門チームも、今やエース不在で崩壊寸前。廃部にすればコストは浮くが――社長が、選手が、監督が、技術者が、それぞれの人生とプライドをかけて挑む「奇跡の大逆転(ルーズヴェルト・ゲーム)」とは。

こちらの本でも、気になって付箋を貼付した箇所を抜粋してみましょう。

会社の数字には、ヒトの数字とモノの数字がある。青島会長の言葉、p52。

(リストラにあったては)本人も納得するだけの正当な評価がなされていることが前提になるはずだ。本文, p69。

「話していただいている間はマシ。話していただけないのは、切ることが前提だから」笹井の言葉、p101。

「誰だって、挫折することはある。挫折は終わりじゃない」大道監督の言葉、p125。

「人生に無駄な経験なんかない。そう信じて生きていけ」大道間監督の言葉、p207。

「社員に夢や幸せを与えてやるのもまた、経営者の仕事だと思うのだが」青島会長の言葉、p216。

「応援団が見放したら、誰が応援するのですか」長門の言葉、p274。

「絶望と歓喜は、紙一重さ」青島会長の言葉、p286。

「相手を尊重する気持ちのないことろに、真の友情は育たない」青島会長の言葉、p411。

こちらの本でも沢山の素敵な言葉が散らばっていました。池井戸潤氏の小説は、搭乗人物が多く、展開を把握することが難しいことがあります。当方は、メモを作成して読書しています。この本で、初めてルーズヴェルト・ゲームという言葉の意味を知りました。大統領が発した言葉なのだそうです。こちらの本も、古本屋さんを散策中にみつけ、池井戸潤氏の本であたので購入しています。最後は、泣ける小説です。

TVでも放映されたようですが、当方は見ていません。

2024年2月 4日 (日)

錨を上げよ---2座礁編

2_20240126113701

今回は、こちらの本を選択しています。百田尚樹氏の「錨を上げよ2座礁篇」です。本のカバーには以下のように紹介されています。

高校を卒業して中堅スーパーに就職した又三だが、失恋を機にたった3カ月で退職。
一念発起して大学受験に見事合格するも直情的な性格が災いし、
過激派が集うサークルの先輩・沢子や、世間知らずのお嬢様・純果との恋は迷走。
「お前の生き方は、すべて女で決まるのか」?友人の言葉を背に、
恋多きトラブルメーカー・又三の流転の人生が加速する。

こちらの本でも読書中に気になって付箋を貼付した箇所を抜粋してみましょう。

どちらか一方に、敬意さえあれば、友情というものは決して完全に終わってしまうようなことはない。本文、p26。

自信という奴は適度に持てば努力の源ともなるが、過ぎるとしばしば怠惰の虫を呼び起こすものとなる。本文、p53。

不思議なもので、時間の制約がある方がかえって勉強にも集中できるようだった。本文、p86。

生涯戦うことなしに敗れる不戦敗の人生が待っているのではないかという不安だ。本文、p229。

つまらない意地を張り、面子と体面のようなものに拘った自分が馬鹿に思えてならなかった。本文、p301。

こちらの本でも沢山の素敵な言葉がありました。さて、これから又三はどうなるのでしょうか?

まあ、親としては非常に手のかかる子供で、本当に困ったものだと考えていることでしょう。

 

2024年1月21日 (日)

キリンビール高知支店の軌跡

Photo_20240104170501

今回は、こちらの本を選択しています。田村潤氏の「キリンビール高知支店の軌跡」です。Amazonでは以下のように紹介されています。

アサヒスーパードライから、ビール王者の座を奪回せよ――地方のダメ支店発、キリンビールの「常識はずれの大改革」が始まった!筆者はキリンビール元営業本部長。「売る」ことを真摯に考え続けた男が実践した方法とは?驚異の逆転劇から学ぶ、営業の極意、現状を打破する突破口の見つけ方!大切なのは、「何のために働くのか」「自分の会社の存在意義は何なのか」という理念を自分で考え抜くことだ!

こちらの本でも読書中に気になって付箋を貼付した箇所を抜粋してみましょう。

自社の風土との闘いといえると思います。前書き、p4。

現場に本質がある。本文p21。

リーダー自身も現場をよく知っていることは重要です。本文, p54。

ブランドはメーカーのものではなく、お客様のものである。本文、p74。

結局、行動スタイルを変えることができるかどうかは、簡単に言えば視点や心の置き方を変えてみられるかどうかです。本文, p103。

数字が悪い組織は得てして会議が多いものです。本文、p126。

 

こちらの本でも、沢山の素敵な言葉がありました。こちらの本は、以前、ラジオで紹介しているのを聞き、古本屋さんで入手したものです。

本来、文庫本以外は購入しないのですが、久しぶりに新書版の本を購入しました。

より以前の記事一覧

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック